月別アーカイブ: 2014年4月

マカオへ行ったよ(ステイシー・ケントコンサート)—-その2

話は前後するけど、マカオに行くのを決めたのが朝の10時過ぎ。私の住む台北からマカオまでは1時間50分。だけど市内の松山空港でなく桃園空港からなので、少し早めに出発しなくてはいけないのだ。

12時過ぎにうちを出て、マカオのコンサート会場のあるホテルについたのが夕刻。ホテルの入り口からホールに着くまで15分以上かかった、ホテルが大きすぎて複雑だから何度か迷ってしまったのだ。
k-IMG_1513
トイレも豪華!

ネット予約のチケットを発行してもらって、残り時間2時間。もうホテルの外の出る気もしないので、近くのカジノやおみやげショップを少し覗いてみる。疲れていたのもあるけど、実は地理学科出身なのに超方向音痴で、時間内にちゃんと今居るホール近くまで戻れる自信がなかったのだ。ホールの近くでなにか食べよう。うん。

凄く安そうなフードコートもあったけど、器は超立派なベネチア、中身はアジアの夜市的雰囲気。こんなの嫌だ。
k-IMG_1544ss

ほとんど人の入っていない超高級レストランもあったけど、やっぱり嫌だ。
近くのセンス良さ気で、オールドアメリカンパブ的な雰囲気のハンバーガショップに入る。西洋人が多く、インテリアも落ち着いててなかなか良い。
ハンバーガー+アルファ+コーラで2000円位か?

k-IMG_1526

k-IMG_1520

というわけで、いよいよコンサート。

k-IMG_1551s
コンサートホールへの入り口だよ。ハイテックっていうか、おしゃれなんだ。
会場前は、ホールの前あたりで、ワインやアルコール類もサービスされるんだ。
飲まなかったけどね。

ホールはホテルのメインフロアと違って、成金趣味ではなく西洋的なおしゃれなホールだ。おそらくクラシック向きではないのだと思う。天井はかなり高い。傾斜もきつく、どこに座っても前に人がじゃまになることはなく、椅子もやわらかく快適。ジャズを聴くにはこういうホールも良いんじゃないかな。

k-IMG_1554

コンサートは、そりゃもう感激。時間とお金をかけて来たかいがありました。ステイシー・ケントって、CDではどちらかと言うと、ささやくようなチャーミングな声っていう印象だけど、実はそうでもないんだ。抑えた声も充分力強いんだ。そして少しだけ枯れたキュートな声が良いんだよね。「ワン・ノート・サンバ」や「ソー・ナイス」みたいなボサノヴァからフランス語のナンバーまで、何を歌ってもステイシーのスタイルに昇華されて、もう夢心地の2時間でした。

日本や台湾と違って休憩なしのコンサートなのね。場所柄か開始時間が遅いからだと思うけど。
サイン会も有ったので、勇気を振り絞って、文法無視の単語だけの英語で話しかけたよ。

私「日本でも台北でもコンサート行けなかったから、来たんだよ。」
ステイシー「えっ? 日本でも一週間前にブルー・ノートに出たんだよ」

私「もちろん知ってるけど、行けなかったんだよ。台北でも行けずに(理由は略)、だから、今日の飛行機で今夜のコンサートためマカオに来たんだよ、夕方着いたばかりだよ」
「えっ、そうなの!ほんとに〜! ありがとう、うれしいわ〜」

と言うと、立ち上がって私の両手を握って、
名前教えて、と言ってCD以外にも当日のコンサートポスターに名前まで書いてくれたよ。

私「ステイシーの歌が聴けて幸せ。来てよかった、ほんとに感激したよ、どうもありがとう〜」

ステイシー「ケンジ! また必ず東京に行くからね、シーユーネクストアゲイン! サンキューバイバイ〜」

と次の人達が待ってる中、立ち上がって手を振ってくれたのであります。なんてフレンドリーなスターなんでありましょうか!! (警備の人に早くしろと睨まれたけど…)
っていうか、私って50代のオヤジなんでありますが、こんなんで大丈夫でしょうか? ちょっと熱に浮かされすぎでしょうか。

サインの文字に注目してね!!
k-IMG_1601ss

 

英語がちゃんと話せたら良いんだけどな…やっぱ勉強しよっと…ちなみに泊まったのはもちろん、別のホテルだよ。

いい歳して、まったくもう、この忙しい時に何やってるんだか、と一瞬思ったんだけど、
ステイシーの歌声が台北戻るまで、頭のなかに回り続けて、もう仕事なんてどうでもよいや〜。

じゃなくて、翌日午後台北に戻り、日曜日なのに30分後から夜まで会議。その後、連日深夜作業中です。

※アンコールの最後の曲は「What A Wonderful World」。超有名な曲です。知ってる人も多いですよね。曲名を知らなくても、きっとどこかで聞いたことがあるんじゃないかな。「What A Wonderful World」といえば、ルイ・アームストロングだけどね。一度でいいからステイシー・ケントのヴァージョンも聴いてみてね。きっと気にいると思うよ。

こんなだれでも知ってて、しかもシンプルな歌で聴く人をこんなにも感動させられるのって、実は凄いことなので無いかと思うのです。

これは有名なフレンチ・ポップスだよね。フレンチアルバムも良いよ!

マカオに行ってきました。

超行きたいコンサートをチケットも買っておいて、当日忘れてしまって見れなかった人っていますか?

私のことです。なんかバカですよね。

忙しくて、処理する問題が山積みだったのもあるけど、2時間位なら抜けだせたはず。
しかも、今一番観たいジャズ・ボーカル、ステイシー・ケントですよ。

くやしくて、夜中に胃が痛くなりましたよ。
翌日の朝、まだ悔しくて、追加公演とか無いかなとか、ネットをチェックしてたら、その日は(26日土曜日)マカオでコンサート!!!!

ひょっとしてマカオって台北から近い??? 今から行ってコンサートに間に合う???

というわけで、飛行機の手配系は弱いので、真実子に頼んで、15分で旅支度をしてマカオに飛んだのであります。

IMG_1490_k

コンサートの場所はマカオの有名なリゾートホテル(らしい)「ベネチアン マカオ リゾート ホテル」の中のホール。

飛行場からシャトルバスで直行、ホテルに入ると、そこは、オーマイガッドな、見事なイミテーションベネチアン(本物知らないけどね!)でした。

何もかもが豪華すぎ!

k-IMG_1577
入り口

k-IMG_1492-1
通路…ここは宮殿かよ?

k-IMG_1490
そこら辺の天井、全て大げさすぎ

k-IMG_1499
うわっ、カジノだ! 
カジノ目当ての人も多いんだ。
一体どれだけ広いんだ。東京ドームいくつ分あるんだ? って、そこまではないかもしれないけど、見渡す限りカジノ…

k-IMG_1501
カジノの入口辺りの天井。
宗教とか歴史とか文化と芸術とかって関係ねーよ、って雰囲気が充満したイミテーションベネチアンワールド。

k-IMG_1502
カジノの入り口、ほんと凄い人数。

k-IMG_1532
中に入って、ちょっとだけ観たけど、なんかテレビや映画で観たカジノと違う。
ルーレットは自動で回ってるし。
皆手元の画面を見てボタンを押してる。
これって、ルーレットなの? 最近はこういうものなの?
賭け事には興味ないので、すぐ出ちゃうです。

k-IMG_1506
これホテルの中だよ。空も偽物だよ。

k-IMG_1507
夕方になるとちゃんと街灯もつくよ。

明日に続く…

フチ子さん危うし

先日、日本人のデザイナーとフチ子さんって面白いよね。
と会話してたのね。
(っていうか、あれ作ったデザイナー凄いよね。って話ししてたんだけどね。)

それを真実子が聞いていて、私がフチ子さんファンだと思って、
日本に帰国した時に買ってきてくれたんだ。

k-DSC_3177ab

k-DSC_3174ab

k-DSC_3176ab

でも制服のOLフチ子さんじゃなくて、まどかなんとかヴァージョンだったんだ。
私はそっち方面はまったくうといし、おたくじゃないからよく知らないし、うれしくない。
まどかなんとかって、ちょっと可愛すぎっていうかアニメキャラ過ぎて、私のキャパシティには無理。
実はアニメダメなんだよね。

でも選べなかったから仕方がないんだって。そうか〜

しかもこのポーズ、ガラスのコップ用かな?

ミミが狙ってるぞ、そのうち喰われても知らんぞ!

香菜だめなんです。

k20140419
(右がしじみスープ、左が卵スープ)

昨夜、深夜残業の後、7イレブンのおむすびと、カップスープを飲んだんだ。
そのカップスープって、日本のいわゆる卵スープなんだけど、一口飲んで、違和感が!

にゃんと香菜(コリアンダー)が…自慢じゃないが、香菜だめ、1m入ってるだけで、悪いけど気持ち悪くなっちゃう。

全部すてちゃった。
だって卵と、紫蘇とノリの滅茶苦茶日本風のスープに香菜なんて入ってると思わないじゃん。もう〜。
前日飲んだ、しじみスープは普通に日本の味でよかったんだけど。

私にとって、「不要香菜」はかなり重要な中国語フレーズの一つなんです。入ってそうな料理って決まってるから、中華料理を食べる時は、あらかじめお願いするようにしてるんですが、まさか7イレブンの卵スープに入ってるとは…

っていうか15年以上住んでるんだから慣れろよ、という人もいますが、無理です!

台北、裏通りの風景

4〜5年前、よく通った出力センターの近くの風景。
通りの名前は忘れた。
k20140408a

奥の左に廟があるんだけど、それは複雑すぎてとても描けない。

紙風船が路をまたいで一年中かかっている。
このあたりは、下町っぽくてお年寄りの住人が多い。

このペン画、4年間ほったらかしにしてたんだけど、
この間みつけて、完成させてみようかなと思い、ペンで少しずつ書き足している。

なんだか描き方忘れちゃったみたい。
最後まで描けると良いんだけど…

台北のスターバックス

台北市内信義路と復興南路交差点のスターバックス。
2Fと3Fが客席で広くてカウンター席もあって広くて寛げるので時々行きます。
(もちろん上島珈琲店もよく行きますけど…汗)

スターバックスでは、飲み物を注文すると、名前を聞いてカップに書いてくれますよね。三宅(サンジャイ)といっても、山◯とか適当に書かれることが多いです。昨日行った別のスターバックスでは、何と一回で三宅と書いてくれました。珍しいです。

k20140405b

今日は、待ってるお客さんが少ないせいか、なんか英語で書いてあります。うーん、これなんだろう?  顔マークはわかります。外国人の場合、ニコニコマークをかくこともよくあるようですね、でもそのみぎに r のような文字も見えますが、なにか規則性があるのでしょうか?

この店ですが、2Fの壁に大きく(幅3mくらいあるかも)緯度と経度が光る文字で装飾されています。世界中にあるスターバックス(鳥取県にはないようですが)ならではのアイデアが活かされたデザインで、なかなか良いですね。日本でもこういう表示のある店はあるのでしょうか?

k20140405a

これは、帰りに裏通りで観た花、なんの花でしょう?
k20140405c