マカオへ行ったよ(ステイシー・ケントコンサート)—-その2

話は前後するけど、マカオに行くのを決めたのが朝の10時過ぎ。私の住む台北からマカオまでは1時間50分。だけど市内の松山空港でなく桃園空港からなので、少し早めに出発しなくてはいけないのだ。

12時過ぎにうちを出て、マカオのコンサート会場のあるホテルについたのが夕刻。ホテルの入り口からホールに着くまで15分以上かかった、ホテルが大きすぎて複雑だから何度か迷ってしまったのだ。
k-IMG_1513
トイレも豪華!

ネット予約のチケットを発行してもらって、残り時間2時間。もうホテルの外の出る気もしないので、近くのカジノやおみやげショップを少し覗いてみる。疲れていたのもあるけど、実は地理学科出身なのに超方向音痴で、時間内にちゃんと今居るホール近くまで戻れる自信がなかったのだ。ホールの近くでなにか食べよう。うん。

凄く安そうなフードコートもあったけど、器は超立派なベネチア、中身はアジアの夜市的雰囲気。こんなの嫌だ。
k-IMG_1544ss

ほとんど人の入っていない超高級レストランもあったけど、やっぱり嫌だ。
近くのセンス良さ気で、オールドアメリカンパブ的な雰囲気のハンバーガショップに入る。西洋人が多く、インテリアも落ち着いててなかなか良い。
ハンバーガー+アルファ+コーラで2000円位か?

k-IMG_1526

k-IMG_1520

というわけで、いよいよコンサート。

k-IMG_1551s
コンサートホールへの入り口だよ。ハイテックっていうか、おしゃれなんだ。
会場前は、ホールの前あたりで、ワインやアルコール類もサービスされるんだ。
飲まなかったけどね。

ホールはホテルのメインフロアと違って、成金趣味ではなく西洋的なおしゃれなホールだ。おそらくクラシック向きではないのだと思う。天井はかなり高い。傾斜もきつく、どこに座っても前に人がじゃまになることはなく、椅子もやわらかく快適。ジャズを聴くにはこういうホールも良いんじゃないかな。

k-IMG_1554

コンサートは、そりゃもう感激。時間とお金をかけて来たかいがありました。ステイシー・ケントって、CDではどちらかと言うと、ささやくようなチャーミングな声っていう印象だけど、実はそうでもないんだ。抑えた声も充分力強いんだ。そして少しだけ枯れたキュートな声が良いんだよね。「ワン・ノート・サンバ」や「ソー・ナイス」みたいなボサノヴァからフランス語のナンバーまで、何を歌ってもステイシーのスタイルに昇華されて、もう夢心地の2時間でした。

日本や台湾と違って休憩なしのコンサートなのね。場所柄か開始時間が遅いからだと思うけど。
サイン会も有ったので、勇気を振り絞って、文法無視の単語だけの英語で話しかけたよ。

私「日本でも台北でもコンサート行けなかったから、来たんだよ。」
ステイシー「えっ? 日本でも一週間前にブルー・ノートに出たんだよ」

私「もちろん知ってるけど、行けなかったんだよ。台北でも行けずに(理由は略)、だから、今日の飛行機で今夜のコンサートためマカオに来たんだよ、夕方着いたばかりだよ」
「えっ、そうなの!ほんとに〜! ありがとう、うれしいわ〜」

と言うと、立ち上がって私の両手を握って、
名前教えて、と言ってCD以外にも当日のコンサートポスターに名前まで書いてくれたよ。

私「ステイシーの歌が聴けて幸せ。来てよかった、ほんとに感激したよ、どうもありがとう〜」

ステイシー「ケンジ! また必ず東京に行くからね、シーユーネクストアゲイン! サンキューバイバイ〜」

と次の人達が待ってる中、立ち上がって手を振ってくれたのであります。なんてフレンドリーなスターなんでありましょうか!! (警備の人に早くしろと睨まれたけど…)
っていうか、私って50代のオヤジなんでありますが、こんなんで大丈夫でしょうか? ちょっと熱に浮かされすぎでしょうか。

サインの文字に注目してね!!
k-IMG_1601ss

 

英語がちゃんと話せたら良いんだけどな…やっぱ勉強しよっと…ちなみに泊まったのはもちろん、別のホテルだよ。

いい歳して、まったくもう、この忙しい時に何やってるんだか、と一瞬思ったんだけど、
ステイシーの歌声が台北戻るまで、頭のなかに回り続けて、もう仕事なんてどうでもよいや〜。

じゃなくて、翌日午後台北に戻り、日曜日なのに30分後から夜まで会議。その後、連日深夜作業中です。

※アンコールの最後の曲は「What A Wonderful World」。超有名な曲です。知ってる人も多いですよね。曲名を知らなくても、きっとどこかで聞いたことがあるんじゃないかな。「What A Wonderful World」といえば、ルイ・アームストロングだけどね。一度でいいからステイシー・ケントのヴァージョンも聴いてみてね。きっと気にいると思うよ。

こんなだれでも知ってて、しかもシンプルな歌で聴く人をこんなにも感動させられるのって、実は凄いことなので無いかと思うのです。

これは有名なフレンチ・ポップスだよね。フレンチアルバムも良いよ!

マカオへ行ったよ(ステイシー・ケントコンサート)—-その2」への5件のフィードバック

  1. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    この歌い方、歌詞の意味が際立ちますね。
    コンサートの最後に歌われたら、余韻をひきずってしまいそうです。

  2. miyake

    こんばんは、
    良いでしょ、中毒性高いですよね。
    最近毎晩、寝る前はステイシー・ケントばかりです。
    そういえば、ライブ盤が誠品書店敦南店にかなり安く売られてましたよ。

    最近はいくつかの曲をカズオ・イシグロが作詞を担当しています。
    (作曲はステイシーの旦那さんでサックス奏者のジムトンプソン)
    訳詞を見ながら聞いてるわけでないので、よく意味分かんないですが。
    The Ice Hotel なんて、良いですよ。

    https://www.youtube.com/watch?v=ysA5GogtBl8#t=224

  3. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    聞いてみました!
    ソファ、とか、ロビー、シャンデリアなど、涼やかか語感の言葉が、
    温かく、かわいらしい歌い方でみごとに中和されているような・・・。

    カズオ・イシグロって、なんかすごそうですね。
    さっそく読んでみないと・・・。φ(..)メモメモ

  4. ミヤケ

    ここで歌われている「Icehotel」のことかどうかわかりませんが、同名のホテルが確かスウェーデンにあるはずです。ソファーやベッドも氷で出来ていて、冬だけ営業って聞いたこと有ります。えーと、ほんとかなあ。怖いよなあ、ちょっと。

  5. かい

    健ちゃん、ダメじゃん。
    自分の事は自分でしなきゃ。
    ATMも使えるように訓練しなきゃ!
    そんな貴方が❤❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。