月別アーカイブ: 2007年12月

番外編

ミミゴンVSマキゴン 番外編

仁愛路ロータリーに現れた、巨大ミミパパ。
ヘンなおじさんにしか見えないが、
実は、ジョジョ立ちの練習をしているらしい。

マキゴン「あっ、ミミ姉ちゃんのパパだ、エイッ、パンチ!」

k071230aa.jpg

ミミゴン「マキちゃん、パパさんいじめちゃダメだよ、傷つきやすいんだから」
マキゴン「???」

もう絶対、誰も見てないな、このブログ!

★三宅健司(48歳)★

※参考ホームぺージ—ジョジョ立ち教室

ミミとマキの奇妙な冒険


感動の最終回


マキゴン「おネムになっちゃった、少し寝て良い?ミミ姉ちゃん?」
ミミゴン「良いよ。ミミはうんちしたくなっちゃった。」
k071229a.jpg

ミミゴン「ン〜!!」

k071229b.jpg

マキゴン「ミミ姉ちゃん、ちゃんと砂かけなくちゃダメだよ」
ミミゴン「わかってるよ。でも、ここ砂がニャいの。」

あまりの匂いに失神する市民。

ミミとマキの奇妙な冒険
PART1 終わり


ミミとマキの奇妙な冒険
PART2「サイグーの秘密」(仮題)
乞うご期待!!

皆さん泣いていただきましたでしょうか?
PART2をご期待下さい。
って誰も待ってないな!
★三宅健司★

マキゴンVSミミゴン–死闘編

ミミゴンVSマキゴン
勝者は一体どちらなのか?
そして、台北の平和は守られるのか?

k071228s.jpg

ミミゴン「マキちゃん、おウチ帰ろう、ママ達が心配してるよ」

マキゴン「うん、帰ろう、ミミ姉ちゃん」


どうなるのか、マキゴンVSミミゴン
意外な結末を予感させる、あらたな展開が待っている(かも)
シリーズの続きはまた明日。
今日は3時まで仕事したので、ひとこまで終わり。

※おまけ写真。
残業中にジョジョ立ち練習。
もっと上手くなったら、外で挑戦!
k071227c.jpg
誰も見たくなかったか?
すまん!
★三宅健司★

ミミゴンVSマキゴン

昨日の続き

想像を絶するマキゴンの破壊力!!
グア〜〜〜〜!

k071227a.jpg

逃げ惑う市民たち、

そこに、ミミゴン登場、いよいよバトルが…

k071227b.jpg

ミミゴン「マキちゃん、ダメだよ!、ポカリ」
マキゴン「あっ、ミミ姉ちゃん、は〜い、わかりました」

まだ続くぞ

★三宅健司★

マキゴン登場!

昨日の続き

オオッ、今度は『破壊王』マキゴン出現!
攻撃力はミミゴン以上!!

k071226a.jpg

ビルの上に現れた正義の味方、ミミゴン!
マキゴンから、台北の街を救うことは出来るのか?

k071226b.jpg
いよいよ勝負の時は来たのか?

次回へ続く
(続いても良いですか?)

★三宅健司★

巨大ミミゴン

巨大ミミゴン現わる!!

k071225a.jpg

k071225b.jpg

次回に続く(かも)?

※おまけ記事
今日アマゾンから、CDが届いた。
お〜、やっと来たか!!さすがアマゾン、希少盤を良く探してくれた。
喜んで開けたら、あれ〜、これ持って無かったけ〜。
苦労して探してくれたアマゾンの方すみません。
ぼけ老人★三宅健司★

最近の無駄遣い

k071223a.jpg
矢野沙織ベストアルバム、萌え〜。
DVD附いてるし。
台湾でも以前のCDもほとんど手に入るし、
おそらく人気あるのだろう。
ASIENCEのコマーシャル曲も入ってるぞ。
ヘンデルのオルガン協奏曲全集は
ピノック指揮、サイモン・プレストン(オルガン)のもの。
古い録音(80年代)のようだが、
これしか見当たらなかったし、安かったし、
ピノック好きだし…。
最近の録音でお薦めがあったら
教えて下さい。
スタン・ゲッツは、1ヶ月程前パリのライブCDを
買って感激して、お〜スタン・ゲッツってやっぱり良いんだ!
(あたりまえ)。
ってことで他にも欲しくなって
ジャケットかっこいいし買ったんだが、う〜1回しか聴いて無い。
多分これからも聴かないと思う。
ぬるぬる、ゆるゆるで全然かっこ良くない。
今日のメインは、ツインマーマン(ヴァイオリン)と
エンリコ・パーチェ(ピアノ)の
バッハ:ヴァイオリンとピアノの為のソナタ。
レコ芸12月号に紹介してあり、記事を読んでたら、
猛烈に聴きたくなって、
さっき近所のCDショップまで走って買って来た。
(本当は歩いて)
感想は、
良い〜。ピアノ伴奏って新鮮。
近年はチェンバロで伴奏されるのが普通みたいだ。
でもたかい〜。860元(約3000円)もした。
日本じゃ普通か、ちょっと安いくらいなのか。
普段は再発ものなどしか買わないので
ウゲ〜どうしようかと一瞬迷った。
が、貧乏は良いけど貧乏性は良くない。
一番の最初から、おお〜って感じで
2枚組、90分、一気に聴いてしまった。
四番の第一楽章だけは少しだけ不満。
ここで盛り上げて泣かしてくれなきゃ〜、
というところなのに、つき放された感じがする。
まあ、ワタシにはわからない意図が何かあるのだろう。
他のピアノ伴奏版も聴きくらべてみたくなった。
中途半端なうんちくジジイ★三宅健司★