作成者別アーカイブ: miyake

マチネの終わりに

4連休です。連休二日目も台北は良いお天気です。

午前中は、上島珈琲明曜店でモーニングを食べ、ユニクロ明曜店をウロウロしてから、

部屋に戻り、「マチネの終わりに」(平野啓一郎著)を読んでます。

もうすぐ上映の映画も見たいので、先に小説を読みます。(映画、台湾で上映されるのかな)

恋愛小説なんて、普段絶対読むことがないのだけど、

これはクラシックギタリストの話ということなので、特別です。

最初のページから、アランフェスとか、パリコンクールとか、

クラシックギターファンには嬉しい単語の連続です。

サウンドトラックCDではなんと福山雅治さんもテーマをギターで演奏しているそうです。

サウンドトラックとは別に福田進一さん演奏のこの小説のためのCDも2枚出ているそうですよ。

欲しいな。小説の感想は、また今度、読み終えてから。

「アビー・ロード50周年記念エディション」買いました。

ビートルズの「アビー・ロード50周年記念エディション」買いました。
HMV から今日届きました。今聴いてます。


私が買ったのは2CDエディションです。

 

以前も書きましたが、ビートルズの「アビー・ロード」は初めて自分のお金で買ったレコードです。小学校6年生のときでした。毎日のように聴いていたので、母親がうるさがっていたのを覚えています。当然ビートルズで一番好きなアルバムです。ちなみに二番目に好きなのは「ラバーソウル」です。

1曲めのカム・トゥゲザーから、昨年のポール・マッカトニーのコンサートでも演奏されたB面のメドレーまで、いつ聴いても興奮します。

今回のリミックスは大変嬉しいです。従来のCDと聴き比べないと、はっきりとはわかりませんが、当然音質は良くなっています。各楽器や歌はクリアになってる印象です。

カム・トゥゲザーは、ベースが強くなって、超気持ち良いです。サムシングはヴォーカルが強調されたようです。ストリングスもクリアに拡がった印象です。

その他、いろいろありますが、昔、夢中になって聞いた方、是非入手してください。従来のアルバムを持っていても、買う価値があると思いますよ。

合わせて買った雑誌「レコードコレクターズ」も今回の「アビー・ロード50周年記念エディション」特集で、詳しく1曲ずつ、どこが変わったか記されています。他にもアビーロードに関する記事が盛りだくさんで、こちらも一緒に買って読みながら聴くとテンションが上がりますよ。

 

福田進一、エドアルド・フェルナンデス in 台北

日曜日に、福田進一さんとエドアルド・フェルナンデスのギターコンサートに行ってきました。

場所は国家演奏廳(国家音楽廳の地下の小ホール)です。2019年の台北ギターフェスティバルのプログラムの一つです。

キューバの作曲家兼指揮者(以前はギタリストでもあった)レオ・ブローウェルを招き、インタビューをしながら、福田さん達の演奏によるブローウェルの曲を聴くという、ちょっとマニアックな内容でした。

ブローウェルの作品は、曲によってはなかなか叙情的で聴きやすいのですが、やはり現代曲ですからね、いわゆる現代曲的な難しい曲もあります。

私は、特に「黒いデカメロン」(これは聞きやすい曲です)という曲が好きで、CDでも親しんでるフェルナンデスの演奏で聴けて良かったです。

えーと、後は特に印象に残ったのは福田さんの演奏による「悲歌 – 武満徹の思い出に」。
ちょっと難しく感じるところもありますが、大変叙情的な美しい曲です。

福田さん、ちょっと太りましたね。

というわけで、現代曲ばかりにもかかわらず、熱心なギターファンが、大勢(?)聴きに来てて、なかなか良いコンサートでした。

台北の美容院で


おわり。

 

実際には、もっといろいろ漫画っていうかアニメの話をしてたけど、
中国語だから題名が私にはよくわからなかったのもありました。

ちなみに中国語では、こんなふうに読みますよ。

『蝋筆小新』(クレヨンしんちゃん)(ラービーシャオシン)
『我們這一家』(あたしンち)(ウォーメンチェイイ―ジア)
『櫻桃小丸子』(ちびまる子ちゃん)(インタオシャオワンズ)

このへんは有名なので、わかりますが、
アニメに疎いんで、マイナーなのはよくわからないです。

ipadのディスプレイ用フィルム

またまたipadの話です。ipad+clipstudioでイラストを描くのは快適というか、便利なことは確かなのですが、やはり描き味が紙にペンで描くのとは違います。当たり前だけど。一番何が違うかというと、滑りやすさです。アップルペンシルって滑るんですよね。というわけで、ネットで色々調べて、紙に描くような質感のフィルムっていうのを買いました。

これは良いですね。色んなメーカーから出ているのですが、とあるネットでイラストレータの方が、何社か比較して、一番に選んでいたメーカーのものを取り寄せました。

まだ、少ししか使ってませんが、格段に描きやすくなりました。実際の紙に描いているような感じです。フィルムを貼るだけでこんなに変わるとは。

人によっては、光の映り込みが気になるかもしれませんが、大したことはありません。私の場合ipadの上に覆いかぶさるようにして描画するので、全く気になりません。

【ペン先の消耗を抑える ペーパーライク/ケント紙】 2018 iPad Pro 12.9 ペーパーライク フィルム 【失敗時 追加フィルム無料発送】 アンチグレア 反射低減 非光沢 日本製 保護フィルム 【BELLEMOND】IPD129PLK

他の製品と比べたわけでは無いので、詳しくわかりませんが、今の所この製品で大丈夫そうです。アマゾンで1400円位です。

台北のアップルストア

日曜日に台北で2店舗目となるアップルストア、「Apple 信義店」に行ってきました。
今年の6月にオープンしたばかりです。
とってもきれいで、日本の表参道のアップルストアに負けない立派さです。

店員さんの教育もなかなか行き届いている感じです。
もう夜の8時位だったけど、お客さんももいっぱいでした。


裏側もガラス張り。格好良いデザインです。

というわけで、昨日紹介したようにIpadを買ったのです。
やはりこういうおしゃれなアップル直営店で買うのがテンションも上がって楽しいです。

だけど、イラストを描くのに、ちゃんと使いこなせるようになるか少しプレッシャーを感じています。