作成者別アーカイブ: miyake

メナヘム・プレスラー『月の光~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』

先日、ピアノ、ドビュッシーの話題を書きましたが、

最近買ってよく聴いているのが、

メナヘム・プレスラーというピアニストのドビュッシーを中心としたアルバムです。

何とこのメナヘム・プレスラーさん、現在94歳だそうです。

数年前、この人のモーツァルトのアルバムを買って、好きだったので、

この新作も近所のショップで試聴したら、1曲目、アラベスク1番から

もう何とも言えない味わい深い演奏、すぐに買いました。

この高齢で昨年2017年秋には来日公演を行ったそうですね。

確かNHKでも放送されたということなので、テレビで見たかも多いんではないでしょうか。

有名な曲ばかりですので、是非お試しを。

タワレコードの紹介ページ
http://tower.jp/article/feature_item/2018/02/01/1102

HMVの紹介ページ
http://www.hmv.co.jp/fl/12/1969/1/

ピアノ

 

事務所の一角に、真実子の電子ピアノが置いてあります。

普段は誰も弾かないんですが、

昨日の夜、突然Yさんが置いてある楽譜を見て

ドビュッシーの「月の光」や「アラベスク」を弾いていました。

何年も弾いてないそうですが、とても素敵な演奏でした。

他の残業中のスタッフもうっとりして耳を傾けていました。

 

ピアノが弾ける人って良いですよね。

 

※台湾は今日から日曜日まで5連休です。
私は夕方から出社して仕事を片付けています。

IE800買いました

ゼンハイザーのイヤホン、IE800を買いました。

何と、2万2000元(約8万円)もします。日本より若干高めですが、

故障時のことを考えるとやはり台湾で買ったほうが安心です。

こんな高価なイヤホンなんて、私ごときが身分不相応かなと悩んだのですが、

あれこれ試聴してて、やっぱりこれが良いんですよね。はあ〜。

もともと IE80か、IE80s (IE800の半額くらい) を買おうと思って、ショップに行ったのですが、

両方とも思ったよりも、低音がブンブン効いてるけど少し不自然な感じがして買うのやめました。

調子に乗って試しにIE800を聴いてみると、これが低音も音の広がりも私の好みで、素晴らしい、

自然で良いなあと、いうことで、どうせいつ死ぬかわからないんだし、

もうこんな歳だしとか色々考えて買ってしましました。(たかが8万円でおおげさな…)

 

これまで使っていたゼンハイザーIE60(日本のAmazonで現在¥ 17,405)も

それほど不満はなかったのですが、

やはり、違う。これだけ価格差が有るのだから、違わんと怒る!

最近ずっと、小型ヘッドホンもイヤホンも「ゼンハイザー」です。

一時期はAKGが好きだったのですが、

AKG の中価格帯のものは、つくりが華奢で壊れやすいんですよね。

ノイズキャンセルホンも2種類壊したしな〜。

(私の使い方が荒っぽすぎるんでしょうが)。

というわけで、私は今のところゼンハイザーラブなのです。

ジャズもええし、弦楽四重奏とかも、イヤホンでこれだけええ音すれば、

満足じゃわ〜。

ええのお〜。

 

営業アシスタント募集中です

このところ、仕事がじわじわ増えてきたので、

スタッフの負担が増えないように、日本人営業アシスタントを

1名増員することにしました。

デザイン事務所とはいっても、一つひとつの仕事は地味で

細かったり、面倒だったりすることもあります。

でも、楽しかったり、達成感を得られたりもすると思いますよ。

ここで働いてみたいという方。

応募をお持ちします。

詳しくは

日本人営業アシスタント募集のお知らせ(2018/03)>>

CSN&YのC

先日CSN&YのS、スティーブン・スティルスのアルバムを紹介しましたが、

聴いてるうちに、CSN&YのC、デビッド・クロスビーも聴きたくなって、

近所の誠品書店で割と最近のアルバムを買ってきました。(多分2016年発行)

「ライトハウス」ってタイトルです。灯台ですよね。

ジャケットが良いです。裏面は同じ場所の穏やかな海の写真でした。

デビッド・クロスビーももう76歳とのことですが、

太っちょのいかつい髭面に似合わない美しい歌声は顕在です。

全く衰えを感じさせません。凄いですね。

CSN&Yのなかで一番性格が悪いのは、ニール・ヤングだと思ってましたが、

どうやらそうでもないようです。

数年前、デビッド・クロスビーの長年の相棒でもある温厚なグレアム・ナッシュがインタビューで

デビッド・クロスビーのクソ野郎とはもうこれまでだ!

いままで散々面倒を見てやったのに自分のことをクソみたいに扱うんだ、あの野郎は。

もうCSN&Yは絶対再結成しないぞ—-みたいなことを言ってカンカンに怒ってました。

(うろ覚えなんで正確じゃないです、こんな汚い言葉使ってたかな?)

そんなにデビッド・クロスビーって性格悪いんでしょうかねえ。面白いですね。

まあ、いずれにしても、4人共かなりの歳なんだし、先は短いんだし仲良くして欲しいですよね。

80歳代になっても共演して欲しいと思います。

アルバムですが、デビッド・クロスビーらしい

ちょっとミステリアスな感じのする繊細な歌が多く、グッときます。

全曲ドラムなしでアコースティックギターの伴奏が中心です。

良い声してますね。

ワタシ、バカだから歌詞の意味がわからないのが悲しいです。

スティルス&コリンズ、「エブリバディ・ノウズ」

最近買ったCDのお気に入り。

スティーヴン・スティルスとジュディ・コリンズの「エブリバディ・ノウズ」です。

えーと、ふたりとも70代です、びっくりですが、瑞々しい歌声でとてもそんな歳とは思えません。

ワタシがスティーヴン・スティルスやCSNYとか聴いてたのは、もう40年も前のことですが、

いまだ、活躍してるなんて凄いですよね。

このアルバムはフォーク・ロック調の歌が多いです。二人の自作曲を中心としていますが

カヴァー曲もまた面白い選曲で良いんです。

ジョージ・ハリソン(トラベリングウイルベリーズ)の「ハンドル・ウイズ・ケア」、

ボブ・ディランの「北国の少女」、サンディ・デニー…

なかでも特に良いのが、アルバムタイトルにもなったレナード・コーエン

「エブリバディ・ノウズ」です。

オリジナルとはかなり違ったアレンジですが、グッときます。

アメリカン・ロック、フォークの好きな方是非聴いてみてください。

 

※アメリカのアマゾンで試聴出来ます。

https://www.amazon.com/Everybody-Knows-Stephen-Stills/dp/B075YC9ZV2