台北のスターバックス

台北市内信義路と復興南路交差点のスターバックス。
2Fと3Fが客席で広くてカウンター席もあって広くて寛げるので時々行きます。
(もちろん上島珈琲店もよく行きますけど…汗)

スターバックスでは、飲み物を注文すると、名前を聞いてカップに書いてくれますよね。三宅(サンジャイ)といっても、山◯とか適当に書かれることが多いです。昨日行った別のスターバックスでは、何と一回で三宅と書いてくれました。珍しいです。

k20140405b

今日は、待ってるお客さんが少ないせいか、なんか英語で書いてあります。うーん、これなんだろう?  顔マークはわかります。外国人の場合、ニコニコマークをかくこともよくあるようですね、でもそのみぎに r のような文字も見えますが、なにか規則性があるのでしょうか?

この店ですが、2Fの壁に大きく(幅3mくらいあるかも)緯度と経度が光る文字で装飾されています。世界中にあるスターバックス(鳥取県にはないようですが)ならではのアイデアが活かされたデザインで、なかなか良いですね。日本でもこういう表示のある店はあるのでしょうか?

k20140405a

これは、帰りに裏通りで観た花、なんの花でしょう?
k20140405c

台北のスターバックス」への2件のフィードバック

  1. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    手元にある台湾俳句歳時記によると、
    原種をいかだかづら、改良種をブーゲンビリアと呼ぶ花で、
    中国名は九重葛だそうです。
    茎にするどい棘があるので防盗樹として利用される、とあります。
    確かに、門の上によくあるのを見かけますね。

    ところで、このあいだ、近くに馴染みのお店で、
    台湾ビールのコップで飲みつつ、お店の奥さんに、
    「このコップ、かわいいですね。どこで買えるんですか?」と聞いたら、
    「好きなの?じゃあ、あげるよ!」と、半ダース入った箱ごと、もらえました。
    一緒にいた知り合いにも、半ダース入りのを一箱。
    三宅社長さんも、ぜひ試してみてください。
    お客さんが少なくて、忙しそうじゃないときが、
    ねらい目かも、です。(^_-)-☆

  2. miyake

    もみじ饅頭 さん
    フェイスブックでも他の方に教えてもらいました。ブーゲンビリアなんですね。
    でも、沖縄などで観るブーゲンビリアと少しイメージ違いますよね。
    こんなに花が密集してなかったような。やっぱり、少し種類が違うんですかね。

    ※台湾ビールのグラス貰ったんですね。いいな。私も今度、行きつけの食堂「上海」で聞いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。