カテゴリー別アーカイブ: 音楽、CD

2016年によく聴いたCD—-3

●ロック、フォークです。古いの以外あまり買ってません…でもないか。

●本当に一番良く聴いたのは、恥ずかしながら前にも紹介したカントリーのKacey Musgravesの「Pageant Material」だけど、これは2015年発売だったようです。バディ・ガイ の「ボーン・トゥ・プレイ・ギター」もよく聴いたけど…これも2015年でした。やる気満々のブルーズでかっこ良いです。

ということで2016年発売のCDから紹介します。

●エリック・クラプトンの「I STILL DO」と「LIVE IN SAN DIEGO」。ライブの方はゲストにJJ・ケイルを迎えています。

「I STILL DO」の 肖像画のジャケット良いですね。レコードサイズで部屋に飾りたいです。このアルバムに入っている「 I Will Be There」。ポール・ブラディとメアリー・ブラックのデュエットで大ヒット(ワタシの中で)した曲です。クラプトンのカヴァーも感じが違って良いですよ。聴き比べて下さい。

ルシンダ・ウイリアムズ「The Ghosts of Highway 20 」も寝るときによく聴きました。<

チャールズ・ロイドの「アイ・ロング・トゥ・シー・ユー」にも参加していた、ビル・フリゼールとGreg Liszによるツインギターが不思議な音響空間を作り出しています。それにいつもの超気怠い歌声が乗っかってもう夢心地です。頭がバカなので英語の歌詞の意味が全くわからないのが残念。日本盤出ないのかな???

●デヴィッド・ブロムバーグ「THE BLUES, THE WHOLE BLUES AND NOTHING BUT THE BLUES」
少しカントリーっぽさの有る、泥臭く骨太のブルーズアルバムです。歌はうまいとは思いませんが、味わいがあって何度も聴いてます。

●ジム・クェスキンとジェフ・マルダー「Penny’s Farm」アメリカンルーツ・ミュージックファンにはたまらない、ベテラン二人の共演です。ジャケットそのままの雰囲気、ギターやバンジョー片手に、二人のおっちゃんが暖かい歌声を聴かせてくれます。

https://www.amazon.com/Pennys-Farm-Kweskin-Geoff-Muldaur/dp/B01KIJ16C8

 

 

●Madeleine Peyroux(マデリン・ペルー)の「Secular Hymns」
歌い方が独特で、よくビリー・ホリデーと比べられたりします。えー、少し太ったな。以前のビデオを見ると細めで可愛らいい感じだったのに。(まあ良いけど)

●アメリカンルーツ・ミュージックのニッティーグリッティーダートバンド、「Circlin’ Back – Celebrating 50 Years」。何と結成50週年アルバムです。ジャクソン・ブラウン、ビンス・ギル、アリソン・クラウス、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、マンドリンのサム・ブッシュ、ドブロのジェリー・ダグラスなど多彩なゲストを招いたライブです。ニッティーグリッティーダートバンドのVocal、ジェフ・ハンナってワタシより若くみえるけど一体何歳なんだ。結成50年ってことは、もう70歳近いってこと???

楽しい曲ばかりですが、個人的に一番嬉しいのは、アリソン・クラウスの「キープオンサニーサイド」。確かカーター・ファミリーのヒット曲だと思いますが、アリソン・クラウスの歌で聴くとまた格別です。前向きな気持ちになれますね。

2016年によく聴いたCD—2

●次はクラシック。
●古楽ファンは絶対嬉しい『オリジナーレ』シリーズ、
古楽器による演奏ばかりです。日本語の詳細な解説と歌モノは対訳付きの貴重な再発シリーズ。しかも1枚1400円!数年前から色々出ています。
欲しいのがたくさんあって困ったんですが、この辺を買いました。(今年発売以外のも混ざってます)買って満足して まだほとんど聴いてないものもたくさんあります。猫に小判状態です。
このシリーズの中で一番よく聴いたのは、割と最近の録音のモーツァルトのヴァイオリン・ソナタかも。現代楽器の演奏も何種かCDを持っているのですが、古楽器で演奏されるヴァイオリンとフォルテピアノのバランスは相性が抜群ですね。もちろん演奏のレベルが高いからなのでしょうが。ヴァイオリンが伴奏に回ったりする瞬間も二つの楽器の音がすごく自然に溶け合うように感じます。

●その他にはバロック・ヴァイオリンのエリザベス・ウォルフィッシュのテレマン、ヴァイオリン協奏曲全集、1〜6巻テレマンの器楽、アンサンブルものが好きで結構な数のCDを持っているのですが、これは楽しいですよ。飽きませんね。6巻で終わりなのでしょうか?

イギリスの声楽アンサンブル「シックスティーン」。ルネッサンス期の作曲家パレストリーナのシリーズ。無伴奏の声楽です。1枚買って凄く好きだったので6巻全部買いました。気持ち良いけど、どの巻も同じに聴こえてしまう私には、これも猫に小判的かもです。
 
 

 

2016年によく聴いたCD

2016年によく聴いたCD。

ということで、本当は昨年末に書こうとしたんだけど、ずるずると遅れてしまいました。まずは、ジャズから。

●サックスのチャールズ・ロイド&マーヴェルスの『アイ・ロング・トゥ・シー・ユー』。私は数年前レコードショップでたまたま耳にしたECMレーベルの「ミラー」を聴いてチャールズ・ロイドのファンになりました。今回はピアノなし、ギター、スティールギター、ドラム、エレキベースにサックス(何曲かではフルート)という変わった編成ですが、これが夢の中で聴いてるような浮遊感があって、癖になるんですよ。「ミラー」にも入っていたトラディショナルの『La Llorona』。ノラ・ジョーンズがゲストで歌う『You are so beautifl』。どれも良いですねえ。チャールズ・ロイド、今年で79歳だそうです。凄いな。昨年、台北でコンサートがあり行ってきました。残念ながら編成はマーヴェルスではなく、ピアノトリオがバックの演奏でした。(それも良かったんですけど)


話題になった、ビル・エバンスの未発表発掘音源CDも買いました。
(実はあまり聴いてない…)

 

●これはジャズかどうかわかりませんが、ノラ・ジョーンズのニューアルバム『デイ・ブレイクス』。事務所でiTune の『MUSIC』で毎日聴いてたんですが、手元に欲しいので買いました。珍しくシャウトしてる曲もありますね。

この曲良いですね。

●あとは、澤野工房。『ロベルト・オルサー・トリオ』(最近人気あるみたいですね)の「DREAMSVILLE」。一つ前のアルバム『THE MOON AND THE BONFIRES』もついでに買いました。音が良い。ピアノがきれい。えーと、これってジャズなの?柔(ヤワ)すぎない? って意見もありそうですが、まあそれはそれとして、仕事で疲れた夜のBGMに最適です。ジャズファン以外の方にもお薦めです。試聴して下さい。

http://www.jazz-sawano.com/products_454-2-1.html

http://www.jazz-sawano.com/products_436-0-1.html

●あとはブルーノートとかの古いのもたくさん買ったのだけど割愛。

 

続きは明日か、そのうち。

最近買ったCD(60〜70年代のロック)

バロック音楽やルネッサンス音楽、ジャズも聴くのですが、古いロックも相変わらず聴いています。だって、ジジイだから。
一時帰国した時ディスクユニオンで中古で買ったり、HMVなどから取り寄せたCDです。

m0730mm

イーグルスは今更ですが、やっぱり Take it easy とか聴いてると一緒に歌いたくなりますよね。(歌えないけど)。ドゥービーブラザースは最初の4曲が特にカッコ良いんですよね。ジョーコッカーも、レコードで持ってました。大げさな折りたたみジャケットがカッコよかったですね。数十年ぶりに聴きました。ジョーコッカーの歌って、ちょっと疲れますね。レコード一面ずつくらいが丁度良いです。1時間聴くと、なんかおなかいっぱいな感じです。

あとは、昔よく聞かなかった追体験CD。
マークベノ「雑魚」。フィフスアベニューバンド。ボニーレイット「ギブイットアップ」。ティムハーディン、1、2。ティムバックリー。Jerry Jeff Walker「Driftin’ Way of Life」

今の所、一番楽しんでいるのは、マークベノ、次がフィフスアベニューバンド。ティムハーディンは1枚目と2枚間全く違う人みたい。2が好みです。マークベノは確かレオンラッセルと一緒のアルバムも出していたのでは。そっちは少し聴いたことある。ふんふん、マークベノ良いなあ。
寂しげなジャケットも秀逸ですね。70年のアルバムだそうです。

仕事中の憂さ晴らし

最近、勤務時間中に処理しないといけないことが多すぎたり、ストレスが溜まり過ぎたりしたら、つい気分転換に HMV(JAPAN)のWebを見てしまうんです。

それで、無意識に昔のロックやフォークを見てたりして、昔レコードで聴いてたアルバムが紙ジャケCD歌詞対訳解説付きで出てたりすると、もういけません。ジェームス・テイラーやCSNとか、もうほとんど朦朧とした意識でつぎつぎとお気に入りリストへ放り込んじゃいます。

ジャズのブルーノート75周年、SMH-CDが国内盤で格安っていうのも、いけませんね。持ってないCDのが次々と、お気に入りリスト入りです。しかもこのブルーノートのSMH-CDって、以前出てたRVGリマスターより音質も音のバランスも良い気がするんですよね。困っちゃいますね。持ってるCDも買い直そうかなとか…ねえ。

ここで理性を持って、止めてれば良いのですが、次のパニック回避休憩時についふらふらと、判断力の無い疲れたアタマで、お気に入りリストを全て購入リストにコピーするボタンを押したりするんですよ。そいて怖いことに私の悪い手が自分の意志とはうらはらに、すべて購入!のボタンも押したりして…

数日後にCD20数枚入りの箱が事務所に届いたりするんです。(注文したからなんだけど)
気分転換に買い物は良いんだけど、聴いてないCDが溜まる一方で、もったいないんです。
聴いてない以前に未開封のCDがどれだけあるんだ! お金だってそんなにないのに。何をやってるんだ!

 

 

りんごちゃん@台北

k20150817a

昨夜8月16日、台北南港で行われた椎名林檎さんのコンサートに行ってきました。
台湾でも大変な人気で、チケットはすぐになくなったらしいのですが、林檎さんファンのウチのスタッフにオークションで定価で入手してもらいました。
実は椎名林檎さんって名前だけは知ってるものの、どんな曲を歌うのか全く聴いたことがなかったのです。
(ハハ〜、すみません。)
実は前にもブログに書いたことがある、友人のジャズミュージシャン、EQのメンバーとしても知られる小池修さんが、サックスとフルートで台湾ツアーに参加するというので、出かけてきたのでした。事前にユーチューブでMTVを見て、いやいやこれは、おじさんについていけるかなと心配でしたが、思いの外楽しかったです(失礼、ごめんなさい)。

 

k20150817aa
ほとんど一番後ろの席だったので肉眼ではこんな感じ。
でも横にスクリーンが設置されてたので林檎さんのカッコ良い衣装もよく見えました

アンコールの最後には、中国語でも挨拶するなど、ファンは大喜びで興奮してました。
日本からの追っかけファンらしき人々も見かけました。
そういえば、どう見ても本物の制服ではない看護婦さんのグループも見かけました。これはもう、「花も嵐も〜踏み越えて〜♪」…愛染かつらの世界ですね。
ひょんなことから突然人気歌手となった、田中絹代扮する、未亡人の元看護婦がコンサートで元の同僚看護婦達を前に歌うシーンを思い出してしまった。って、ワタシは何歳じゃ?
k20150817bbちょっとミニの看護婦さんグループ

 

※林檎さんも良いけど、小池くんがメンバーのEQのニューアルバム「tomorrow」
なんとハイレゾ音源も配信されています。全国ツアー中です。
大興奮の素晴らしい内容ですので、ジャズファンの方は、すぐに買うように(ジャズファン以外の方も)。

EQ
>>>HMV
>>>amazon

※私は昨年、青山のライブハウスボディ&ソウルでEQライブ初体験しました。
なんと大阪さんのドラムからわずか2mの席。ずっと大阪さんのバチさばきに見とれて興奮しました。
やはりジャズはライブが楽しいですよ。

レコードプレーヤを買いました。

念願のDENONのレコードプレーヤ、DP500Mを買いました。アナログレコードプレーヤとしては、定番の商品らしいです。私のようなあまりオーディオに詳しくないけど、レコードが大好きな人間には、「定番」=「これを買っておけば一応OKよ」ということみたいな存在です、ありがたいです。

DP500Mは人気機種だということなので台北でも入手できるとおもいきや、ネットでいくら調べてもヒットせず。面倒になって、大阪のショップから海外発送してもらいました。

昔はコンポみたいなものを買えば、必ずレコードプレーヤはついていたので同じ感覚で、プレーヤを買ったのですが、調べてみるとウチのアンプと、このプレーヤでは、直接つなぐだけでは音がでない、正確に言うと小さな音しか出ない、低音なんか殆ど聞こえない。フォノイコライザーというものが必要ならしい。

オーディオファンの方が読むと「こいつは馬鹿か? 何も知らずにレコードプレーヤ買うなよ」と思われるでしょうが。私のようなジジイには、アンプにレコードプレーヤをつないですぐに聞けないことのほうが不可解なのです。
うーん、ジジイには、なかなかハードルが高いなあ。

M20150729A
スピーカは2年前くらいに買った、DYNAUDIOの focusシリーズ(展示処分品で半額くらい)。
アンプとヘッドフォンアンプは、もっと前に買ったDA&T 谷津音響(台湾製)。SACDプレーヤはマランツSA7001。スピーカーの下の板はIKEAの西洋式まな板(バカにされるかもしれないけど、効果はあるんですよ)

以前アナログ・レコードのデジタル化を考えた時、安物のプレーヤと一緒に買ったも小さなUSBデジタル変換器付きのフォノイコライザーが使えることが分かる(PRO-JECT製、4000元くらい)。ラッキー。

次の問題は針圧の調整。説明書通りに2.0kg設定すると、なんかトレースの音に違和感が。一応ネットで調べてみると、説明書に誤記があるので注意とのこと。DENONのWebによると私が買った機種の針圧は1.4kgとのこと。

うーん、これでとりあえず、OK。
ジャケットを眺めたいのが主な理由で蒐集してる古いジャズのレコードを色々かけてみる。
CDに比べ管楽器はより滑らかに、低音は少しだけ力強く聴こえる…気がする。

気のせいだとしても、なんかうれしい。
今後の課題は、CDにしてもレコードにしても貧弱過ぎる低音を何とかすること。
スピーカーの下のオーディオボードかな?