カテゴリー別アーカイブ: 音楽、CD

映画「マチネの終わりに」観ました。

先日、東京に一時帰国したついでに、気になっていた日本映画「マチネの終わりに」を観ました。(台湾では数ヶ月遅れて公開されるようです。)原作は平野啓一郎さんの小説です。一応恋愛小説と言ってもよいかと思います。主人公がクラシックギタリストということで、原作も読んだし、原作とタイアップした福田進一さんの演奏が収められた2枚のCDも聴いてました。

映画は、原作とは変更された箇所もあるし、少しニュアンスも違う箇所もあるのは仕方ないですけど、かなり良かったと思いますよ。私のようなジジイが観ても心が動かされました。非常に美しくも切ないんですけど。ギターファンには有名な曲、バリオスの「大聖堂」が幾度か使われて、非常に印象的でした。

それにしても、ピアノやピアニストが主役の小説やコミックス、映画は多いと思いますが、クラシックギタリストが主役の小説や映画なんて、わずかしかないと思います。全編ギターの音色が楽しめて、クラシックギターファンには嬉しいですよね。

人気若手ギタリスト、ティボー・ガルシアが実名で登場するのもギターファンには嬉しいサプライズです。僅かな登場ながらピッタリの役柄ですね。もちろん石田ゆり子さんも福山雅治さんも良かったです。サントラCDも買いましたが、なんとテーマ曲は福山雅治さんのクラシックギターによる演奏です。たいしたものですねえ。良い曲ですので楽譜がでれば私も弾いてみたいです。

小説とのタイアップCD
   
マチネの終わりに/福田進一  マチネの終わりに and more/福田進一 他

映画「マチネの終わりに」オリジナル・サウンドトラック

福田進一

映画を観たのは、日比谷のTOHOシネマです。日本で映画を観たのって二十数年ぶりです。日比谷に行ったのなんて数えるほどしかないし数十年ぶりなので迷ってしまいました。

ところで、ネットでチケット予約したのですが、シニア割引で1200円です。おおおおお〜、いつのまにシニア割引通用する歳に。実際60歳になったのだから、まあそうなんだけど、こうして割引が通用するのって嬉しいんだか、悲しいんだか。はあ。

ティボー・ガルシア

サラ・マッケンジー、ライブ

少し前に、スタッフ二人を連れて東京に一時帰国しました。

視察旅行ということで、あちこち見て回ったんですが、オフの日には、私は友人と丸の内のコットンクラブで今人気の女性ジャズボーカル、サラ・マッケンジーのライブを観てきました。歌もピアノもうまいし、声も可愛くて、なかなか良かったです。

何枚かCDが出ていますが、お薦めは最新の2枚、寺島レコードから出ている「SECRETS OF MY HEART」、その前の「Paris in the Rain」です。

 


Paris in the Rain


SECRETS OF MY HEART(日本限定盤)
(1曲目の「007は二度死ぬ」が超かっこ良いです。この曲がジャズになるなんて…)

誠品敦南店、閉店まで183日

って、いうことです。

誠品書店の他の店はもちろん続けて営業しますが、旗艦店とも言えるこの敦南店が
2020年5月いっぱいで閉店します。

私は台北に住むようになって、どれだけ、ここでCDを買ったことでしょう。
恐ろしいほど、貢いでますよ。

近所だし、書店は24時間営業だし、文具売り場も充実しているし、
スタバも入ってるし、週末には必ず訪れている場所です。

寂しいなあ、後10年くらい営業してほしかった。

これは、一階に置かれた、閉店日時を知らせる秒読み時計です。
様々な書籍300冊が積まれているということです。

「アビー・ロード50周年記念エディション」買いました。

ビートルズの「アビー・ロード50周年記念エディション」買いました。
HMV から今日届きました。今聴いてます。


私が買ったのは2CDエディションです。

 

以前も書きましたが、ビートルズの「アビー・ロード」は初めて自分のお金で買ったレコードです。小学校6年生のときでした。毎日のように聴いていたので、母親がうるさがっていたのを覚えています。当然ビートルズで一番好きなアルバムです。ちなみに二番目に好きなのは「ラバーソウル」です。

1曲めのカム・トゥゲザーから、昨年のポール・マッカトニーのコンサートでも演奏されたB面のメドレーまで、いつ聴いても興奮します。

今回のリミックスは大変嬉しいです。従来のCDと聴き比べないと、はっきりとはわかりませんが、当然音質は良くなっています。各楽器や歌はクリアになってる印象です。

カム・トゥゲザーは、ベースが強くなって、超気持ち良いです。サムシングはヴォーカルが強調されたようです。ストリングスもクリアに拡がった印象です。

その他、いろいろありますが、昔、夢中になって聞いた方、是非入手してください。従来のアルバムを持っていても、買う価値があると思いますよ。

合わせて買った雑誌「レコードコレクターズ」も今回の「アビー・ロード50周年記念エディション」特集で、詳しく1曲ずつ、どこが変わったか記されています。他にもアビーロードに関する記事が盛りだくさんで、こちらも一緒に買って読みながら聴くとテンションが上がりますよ。

 

福田進一、エドアルド・フェルナンデス in 台北

日曜日に、福田進一さんとエドアルド・フェルナンデスのギターコンサートに行ってきました。

場所は国家演奏廳(国家音楽廳の地下の小ホール)です。2019年の台北ギターフェスティバルのプログラムの一つです。

キューバの作曲家兼指揮者(以前はギタリストでもあった)レオ・ブローウェルを招き、インタビューをしながら、福田さん達の演奏によるブローウェルの曲を聴くという、ちょっとマニアックな内容でした。

ブローウェルの作品は、曲によってはなかなか叙情的で聴きやすいのですが、やはり現代曲ですからね、いわゆる現代曲的な難しい曲もあります。

私は、特に「黒いデカメロン」(これは聞きやすい曲です)という曲が好きで、CDでも親しんでるフェルナンデスの演奏で聴けて良かったです。

えーと、後は特に印象に残ったのは福田さんの演奏による「悲歌 – 武満徹の思い出に」。
ちょっと難しく感じるところもありますが、大変叙情的な美しい曲です。

福田さん、ちょっと太りましたね。

というわけで、現代曲ばかりにもかかわらず、熱心なギターファンが、大勢(?)聴きに来てて、なかなか良いコンサートでした。

ゼンハイザーMOMENTUM Free買いました。

懸案事項のゼンハイザーの、ワイヤレスイヤホンMOMENTUM Free 左右一体型を買いました。
初めてのワイヤレスイヤホンです。嬉しい。

買ったのはいつもお世話になっている、品嘉音響(Web)です。あいにく試聴に使ったものしかなくて、1〜2週間待てば新品が入るのだけど、週末にすぐに使ってみたくて、現品を割引価格で買っちゃいました。私ってせっかちなんです。

週末に使った印象です。
当然だけどすごく便利、ワイヤレスがこんなにストレスが軽減されるとは思わなかったです。喫茶店で使ったり、繁華街を歩いたりしてみましたが、全然、音は途切れることはありませんでした。
操作も簡単、マニュアルには日本語がなかったけど、ネット上でダウンロードできるので問題ありませんでした。当然、日本で買われる方は、日本語のマニュアルが付いていると思います。

音質は、ワイヤレスだから多少は妥協しないと、と思っていたのだけど、想像以上に良いです。高音質です。低音が適度に強くバランスも良いと思います。これまでは主に有線のゼンハイザーIE60を使用していたのですが、それほど遜色ありません(多少は違うけどね)。ゼンハイザーらしい自然な音質とバランスです。よくは理解してないのだけど、ワイヤレスってことは、音源が圧縮されてイヤホンから聞こえるということみたいだけど、今まで有線のイヤホンで聞いてたのと変わらない感じですね。

音質、操作性ともに満足ですが、一つだけ小さな不満があるとすれば、イヤホン本体の裏が磁石になっているのだけど、その磁力が弱すぎて、あまり役に立たないことです。首からかけていて不使用時に磁石をくっつけ落下防止、ということみたいだけど、軽いし、首からかけてただけでは落としちゃいそうで、ちょっと怖いです。

イヤピースが耳から外れやすいとどこかで書いてる人がいましたが、私的には大丈夫でした。IE800のようなことはありませんですよ。(あれはちょっと、日本人の耳には無理ですよね)

私がよく聴くのは、ジャズやクラシックです。今回試聴したのは昨年出たCarme Canela の「 Ballads」、その他、以前紹介した、エミリー・クレア・バーロウの「Very Thought of You」など。

私の場合、通勤にほとんど時間がかからないので、昼食時や車での移動時、残業時などに使用することになりそうです。多分これからは、このMOMENTUM Free がメインになると思います。

カセットテープのデジタル化

ウチに古いカセットテープがたくさんあるんです。ラジオのエアチェックや、人から借りたレコードのコピーとか。
レコードのコピーは、またCDとか、ダウンロード音源とかで入手できるとしても、ラジオから録音した演奏会の録音とかは貴重なものもあり、なんとかデジタル化したいと思い、TEACのターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー「LP-R550USB 」を買いました。どの機種を買うか迷ったのですが、レコードも簡単にCDにコピーでき、パソコンにUSBで繋いでデジタル化できるというのでこれにしました。ターンテーブル付きなので、ちょっとでかいのがたまに傷ですが、テープもちゃんとむらなく走行します。
暇を見つけては、カセットテープをマックにつなげてデジタル化しています。先日アップした、私のクラシックギターの発表会や、真実子の学生の時の歌のテープなどもデジタル化したものです。懐かしいです。
カセットテープの時代は、ソニーのカセットウォークマンで音質にも満足していましたよね。 ところが今は、mp3では音質が悪いとか、CDよりSACDだとか、やっぱりハイレゾ音源が良いとか言うようになりました。私達が使ってたカセットテープなんて、今考えると、音良くなかったですよね。贅沢な時代になりましたね。
三宅デザインの、新人アシスタントの女性はカセットテープって「聞いたことあるけどよくわからない」だそうです。