チートデイ

週に一回、台北市内のマンツーマンのジムに通っているのですが、
ここ数ヶ月、体重も体脂肪も、ほぼ変化なし、しかも理想より結構高め。

ということで、トレーナの方に「チートデイ」というのを推められました。

私はよく知らなかったのですが、簡単に言うと、低糖質ダイエット中の停滞期に1日〜2日程度、低糖質でなく普通の食事を取り、その後しばらく完全な低糖質ダイエットを行うというものらしいです。

身体をだます、というところからの名前だそうです。

というわけで、先日の週末、チートデイの実施。二日間ほど好きなものを食べました。

その後、一応低糖質の食事を続けています、まだ10日間くらいですが。

若干、効果が表れて一日に100g程度ですが、体重が減っています。
(体脂肪率は変わらず。)

このまま、1週間くらいは、低糖質の食事を続けます。
そして、ゆるやかにダイエットが成功してきたら、
徐々に低糖質ばかりでなく、低GI値の食事も取り入れて…都合よく体重は維持。
という計画ですが、上手くいくかにゃあ。

 

チートデイに食べた、おいしい食事の一部。
  
「やよい軒」のデリバリ。うな重とカツ丼(一度に食べたわけじゃないよ)。

「N.Y.bagels cafe」のフレンチトーストと、トマトスクランブルエッグ。

 

これは、低糖質に戻ってからの食事。
やよい軒の鯖定食(ご飯は残します)。

コロナウイルスのせいもあって、最近はほとんど外食しません。
私は中華より和食が好きなので、
デリバリーもある「やよい軒」は重宝しています。

八方雲集の鍋貼

八方雲集の鍋貼(焼餃子)です。

台湾では、餃子といえばどちらかと言えば水餃子ですが、
焼餃子も美味しい店がたくさんあります。

ここ八方雲集はチェーン店で、あちこちにあります。
割と安価なのですが、なかなか良いですよ。
四角いフライパンでで焼くので、日本の焼餃子と少し形が違いますね。
これくらい焦げ目がついていたほうが、皮がパリパリして美味しいです。

豚肉の入った、招牌鍋貼、10個で60元(約215円)。
ニラ入り、韭菜鍋貼、10個で65元(約233円)。
キムチの入った、韓式辣味鍋貼、10個で65元。

他にカレー入りなどもあります。
もちろん水餃子も色々あって、これも10個で60元から。

写真のスープは蘿蔔排骨湯(大根と豚肉のスープ)です。45元(約162円)。

海南雞飯

週末の残業食、海南雞飯です。

海南雞飯って、どんな料理かといいますと、えー、一言で言うと、

「冷たくシメたゆで鶏と鶏ダシ炊き込みご飯」ということです。

鶏肉もおいしいんですが、私はとくに味のついたゴハンが好きです。

おそらく、マレーシアとかシンガポールが本場かなと思いますが、

台湾でも定着していて、食べられるところが多いです。

ぜひお試しを。

アンデルセンのクッキー

先週の週末は一泊で広島に里帰りしました。

みんなへのお土産は、広島では有名な アンデルセンのクッキーです。

マッチ売りの少女


裸の王様

どちらも可愛くて、食べるのがもったいないですね。

台湾人スタッフに好評でした。

春水堂の牛肉麺

今日の残業食はデリバリーで、春水堂の牛肉麺。

そうです。タピオカミルクティーで有名な春水堂です。

こういうメニューもあるんです。私も知らなかったです。

 

 

 

デリバリーなので(多分)、麺とスープは別々に入ってます。

酸菜(漬物)は上に乗せて食べます。

これは、おかずのキャベツ(高麗菜)なにか乗ってますけど、
私にはよくわかりませんでした。

春水堂の牛肉麺は、麺が細くて、スープは少し上品で繊細な味で
とても美味しかったです。

 

 

 

広島風お好み焼き in Taipei

また広島風お好み焼きの話題です。

先日紹介した、「巧房」という店のお好み焼きですが、

フードパンダ(ウーバーイーツのような配達サービス)に登録されているではありませんか!

早速頼んで食べたのですが、ソースが足りない。別に付けておいて欲しかった。

仕方ないので、二度目に頼んだときは、「おたふくお好みソース」を

予め買って用意しておきました。

台湾でも入手できるのです。普通のコンビニやスーパーには売ってないけど、

SOGOのスーパーには、ちゃんとありました。

やっぱり広島風お好み焼きにはソースたっぷりで食べたいものです。

でもカロリー高そうですね。低糖質ダイエット中なので、あまり食べられないけど、

広島出身の私には、最高のストレス解消です。(って安上がりな奴です)