台湾セブンイレブンの目玉焼き型コーヒー(荷包蛋造型咖啡)その2

昨日の続きです。

台湾セブンイレブンの「目玉焼き型コーヒー」を買ってきました。店員さんが先走って私のいつものアイスラテを作る前に、「今日はこれちょうだいね」って言って、LINEの広告写真を見せました。

メインの飲み物は普通のコーヒーかカフェラテから選ぶみたいです。ホットもアイスもOKだそうです。でアイスラテを頼んだのですが、あれ、普通にいつものアイスラテを作ってます。それからどうなるのか期待してたら、「はい、これ乗せてね。それともこちらで入れてあげようか?」ってビニール袋に入った目玉焼き状のものを渡してくれました。

なんかもっと凄いものを期待していたのだが…
そうか、そういうことだったのか。

というわけで、目玉焼きの正体は「メレンゲクッキー」でした。


これが中身です。


うーん、見た目は面白いけど…

アイスクリームみたいに溶けて、コーヒーが甘くなる、とかじゃないですよ。なので、えーと、メレンゲクッキーをコーヒーにトッピングする意味はあるのかな?
なんか、どん兵衛の天ぷらそばを思い出しました。

アイスラテを飲みながら甘い目玉焼きを少しづつかじると、確かになかなか良い感じではあります。

ちなみに、いつも飲んでるアイスラテLサイズは55元(約217円)。
この目玉焼き型アイスラテLサイズは、70元(約276円)。

ということは、あの目玉焼き型メレンゲクッキーが15元(約59円)ということか。

台湾セブンイレブンの目玉焼き型コーヒー(荷包蛋造型咖啡)その1

台湾セブンイレブンのLINE広告に載っていました。

荷包蛋造型咖啡???

コーヒーの上に目玉焼き???

今日から発売ということですので、明日買ってみようかな。

でも私がセブンイレブンでレジの前に立つと、もうレジ打ち終わってアイスラテが置いてあるんですよね。なんとかしないと、別のドリンクは買えないのです。困った。

以前の記事参考

台湾セブンイレブンの恐るべしサービス>>

台湾セブンイレブンのカフェラテ>>

台湾セブンイレブンの恐るべしサービス

先日の記事の続き、
台湾セブンイレブンで毎日、アイスラテを買ってるって書きました。>>

そうなんです。私が毎日アイスラテを買うので、私が店に入った瞬間、注文しないうちに作り始めてるようです。(台湾のセブンイレブンでは、日本のようにセルフでなく全部お店の方がコーヒーマシーンで作ってくれるのです)

で昨日、セブンイレブンに行った時のことです。

日本ではどういう仕組みになっているか知りませんが、台湾ではコロナ感染対策のため、コンビニとかスーパーに入る際はスマートホンでQRコードをスキャンして、何日の何時に誰が入店したという記録を残します。スマートホンがない人は、備え付けの用紙に、名前や入店時刻などを書き入れる必要があります。

というわけで、私が表でQRコードをスキャンしていたら、店員さんが、店内からこちらをチラッとみて、アイスラテを作り始めています。店内に入ったら、もう私のアイスラテがレジに用意してありました。これって、サービス良いってことなのかな?

意地悪して今日は「アイスミルクティー」とかって注文してみたくなります。(しないけど)

ここ仁愛路を渡って、セブンイレブンに行きます。南国っぽいですね。

台湾セブンイレブンのカフェラテ

台湾政府は警戒レベルを27日から「第2級」に引き下げたのですが、 まだ全員出社はせず、様子を見ている会社が多いようです。

三宅デザインでも、まだ、リモートワークを続けています。私と真実子は毎日出社しています。時々、会社でしかできない仕事があるスタッフが、出社してきます。

えーと、今日はコロナウィルスとは関係なく、コーヒーの話です。私はカフェラテが好きで、1日に2〜3杯飲んでいます。牛乳の入ってないコーヒーはあまり好きではありません。

朝とか夕方は会社のネスプレッソで温かいカフェラテを作って飲むのですが、昼食後はアイスラテが飲みたくて、近所のセブンイレブンに買いに行きます。
土日も含め、ほぼ毎日買いに行っているので、最近では注文しなくても、レジで私の番が来ると、もう自動的にアイスラテ(L)が出てきます。

私が店に入った瞬間、作り始めてるようです。たまに私が気分を変えて、他のもの頼んだら、どうするんだよ?って思うこともありますが。

台湾セブンイレブンのカフェラテは、日本のセブンイレブンのものほどは美味しくないかもしれませんが、私的には満足、毎日のささやかな楽しみです。


事務所のあるビルから、仁愛路を渡った向こう側にセブンイレブンがあります。


中国語では「冰的那堤 大杯(アイスラテ、Lサイズ)」
(ビンダナーティエ、ダーペイ)と言って注文します。

でもセブンイレブンの店員さんや、常連の人は略して、大冰那(ダービンナー)と言います。

台湾の海老せんべい

スタッフのお土産です。台南のお店のもののようです。

エビのキャラクターが可愛くて…

左は男性、ネクタイをしています。右は女性アクセサリーをしていて、
まつげも長いです。

手がリアルで、ちょっと怖可愛いですよね。

チートデイ

週に一回、台北市内のマンツーマンのジムに通っているのですが、
ここ数ヶ月、体重も体脂肪も、ほぼ変化なし、しかも理想より結構高め。

ということで、トレーナの方に「チートデイ」というのを推められました。

私はよく知らなかったのですが、簡単に言うと、低糖質ダイエット中の停滞期に1日〜2日程度、低糖質でなく普通の食事を取り、その後しばらく完全な低糖質ダイエットを行うというものらしいです。

身体をだます、というところからの名前だそうです。

というわけで、先日の週末、チートデイの実施。二日間ほど好きなものを食べました。

その後、一応低糖質の食事を続けています、まだ10日間くらいですが。

若干、効果が表れて一日に100g程度ですが、体重が減っています。
(体脂肪率は変わらず。)

このまま、1週間くらいは、低糖質の食事を続けます。
そして、ゆるやかにダイエットが成功してきたら、
徐々に低糖質ばかりでなく、低GI値の食事も取り入れて…都合よく体重は維持。
という計画ですが、上手くいくかにゃあ。

 

チートデイに食べた、おいしい食事の一部。
  
「やよい軒」のデリバリ。うな重とカツ丼(一度に食べたわけじゃないよ)。

「N.Y.bagels cafe」のフレンチトーストと、トマトスクランブルエッグ。

 

これは、低糖質に戻ってからの食事。
やよい軒の鯖定食(ご飯は残します)。

コロナウイルスのせいもあって、最近はほとんど外食しません。
私は中華より和食が好きなので、
デリバリーもある「やよい軒」は重宝しています。