益田正洋さんのバッハ

ミミが亡くなって、もう1ヶ月以上経ちますが、まだ慣れることができません。
夜中に、かすかな物音がすると、あっ、ミミのトイレかなと一瞬思って目が覚めてしまいます。
ほんの0.何秒かのことですが、そんなことが毎日何度もあります。
例えば、黒っぽい服だとミミを抱いた時、
毛がいっぱい付くからやめておこうとか、
早く帰らなきゃ、ミミが寂しがってるかな、とか、
無意識にほんの一瞬、頭の中で考えてしまいます。

それで、あー、もうミミはいないんだ、って思うと胸が苦しくなることが
一日に何度もあります。

 

暗い話になってしまいましたが、
今は、仕事と音楽に少し救われています。

最近毎日聴いているのが、益田正洋さんのギターです。
バッハのリュート曲のギター編曲版です。

バッハのギターは、ちょっと古いのではジョン・ウイリアムスも好きだし、
11弦ギターのセルシェルも良いし、新しいところでは福田進一さんの演奏もよく聴いています。
でも、今は益田正洋さんの演奏が、温かみがあって大変気に入ってます。
癖がなく、テンポも歌いまわしも装飾音の入れ方も、言うことなしです。
ミミのいない寂しさをを和らげてくれます。

Bach on Guitar

Bach on Guitar 2

10年前くらいの録音らしいですが、最近初めて聴きました。
バッハのギター曲(リュート曲の編曲ですが)初めての方にも
超絶にお薦めします。

 

24-シーズン9

今更ですが、アマゾンプライムで「24」のシーズン9を観ています。止められなくなるので、週末しか観られません。時々ミミに「わあ、どうしよう」とか「怖いねえ」「大丈夫かなあ」とか話しかけています。
ミミは興味なさそうです。あごを掻いて欲しいみたいなので、度々ビデオを中断して掻いてやります。
「24」って、シーズン9で終わりなので、観終わったら、またシーズン1から繰り返して観ようかな、と思っています。

クロエのパンクファッションは、個人的には面白いといえば面白いけど、あんまり似合ってないですね。

「マイインターン」とミミ

img_9089s

人に貰った新古品のテレビでDVDを観てたんだけど、
ミミがモニターの前に座って、こっちを見てるので何だか落ち着かない。

DVDはロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの「マイインターン」。
中国語字幕だったので、細かい箇所はよくわからなかったけど、まあまあ面白かったです。

 

img_9081s

img_9087s

ミミは不機嫌そうな表情!

 

20161017185636-0001s