ルカ・ブルームの新作「REFUGE」

先日はスコットランドのシンガーソングライター、ドギー・マクリーンを紹介しましたが、

今日は、アイルランドのシンガーソングライター、

ルカ・ブルームの新作アルバム「REFUGE」を紹介します。

ルカ・ブルームも名前だけは知っていましたが、CDを買うのは初めてです。

(人気シンガー、クリスティ・ムーアの弟さんだそうです。)

全曲ギターの弾き語り。静かで寂寥感のある唄が印象的です。

どの曲も味わい深いですが、アルバムの中で一番印象に残った「DADIRRI」をリンクしておきます。


残業中です

金曜日です。もうすぐ夜の9時です。

週末だというのに、何人かのスタッフは残業中です。

まだ帰れないみたいです。

さっき、みんなでワンタンスープとかを食べました。

ミミも残業に付き合っています。

みんながごはんを食べる間は、近くで見守っていたミミですが、

再び仕事を始めると、「付き合ってられないからソファーで寝かせてもらいますにゃ。」

ということで、一人で寝てます。

 


今読んでる本、これから読む本

フロスト警部主役のミステリー「フロスト始末」を読み終えました。もう最高です。しばらくして再読したいです。

今読んでいるのは、ロバート・クレイスの「約束」。

前作の「容疑者」がすっごく良かった。犬好きの人にはたまらないミステリーでした。

猫派の私も参りました。その続編ということなので、期待して読み始めたところです。

前作「容疑者」はそれぞれパートナーを失った警察官と警察犬の物語でした。

途中、警察犬(雌のジャーマンシェパード)の一人称の文章もあるのですが、そういうのって子供向けっぽくなりがちと思いきや全くそんなことなくて、骨格の太い立派なミステリーになっていました。未読の方は是非。

後はミステリーファンにはおなじみの、マイクル・コナリーのボッシュシリーズとリンカーン弁護士シリーズ。

両方シリーズ全部読んでます。

後は、これもファンが多いジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズ「ゴーストスナイパー」。故児玉清さんも熱心なファンでしたよね。

今回の相手はゴルゴかにゃ? 楽しみですね。


台北は暖かいです

台湾もお正月ですが、日本のお正月とはちょっと感じが違います。

何度も書きましたが、台湾は旧暦のお正月が本物のお正月。

西暦の1月1日は休日ですが、2日からみんな出勤です。

会社も店も普通に営業しています。

今年は旧暦のお正月は例年より少し遅くて、2月中旬です。(毎年違うんですよ)

2月の15日から20日まで会社はお休みになります。故郷に帰って家族と過ごす人が多いです。

ダブルでお正月があって良いね、って言う人もいますが、うーん、どうでしょうね、別に休みが多いわけでもないしなあ。2回も年末があるので仕事のスケジュールとかで焦っちゃうんですよね。


2月中旬が旧暦のお正月ですよ

後、お正月の雰囲気が出ないのは、寒くないからかも、です。

当たり前ですが、日本みたいに寒くないです。今日は21℃、明日の予想はは23℃。

それでも台湾の人的には寒いのでしょうが、普通の長袖シャツで過ごせますよ。

話題は変わりますが、ミミカレンダー、たくさん応募を頂いているようです。

嬉しいです、ありがとうございます。少し締め切りを延ばして、1月10日くらいまで受け付けようかと思ってます。全員に届くのがもう少しかかると思いますが、暫くお待ち下さい。


フロストと「New Tomorrow」

もうすぐ夜中の12時になりますが、ミステリー「フロスト始末」が面白くてやめられず、ずっと読んでます。結構分厚い上下巻の文庫ですが、もっと長くても良いからって感じ、もったいなくて読み終えたくないです。

ストーリーもさることながら、主人公のキャラクターがずば抜けて面白い。フロストって冴えないオヤジ警部なんですが、喋れば下品なセリフばかりで、ニヤニヤしっぱなしです。
ストーリーは、一応メインの事件はあるものの、他の事件が次から次へと発生するし、フロスト警部の推理が的中しなかったり、脇役の役ただずな署長達のせいで、余計事件がこんがらがったりとストレートには進みません。と言っても全く読みにくくはないです。下品な冗談も上手く日本語に馴染んでて、わざとらしくもなく、非常に読みやすいです。きっと翻訳の方、上手なんでしょうね。

それはさておき、このところ数日のBGMは、スコットランドのシンガーソングライター、ドギー・マクリーンの「ニュー・トゥモロウ」というアルバムです。これが良いんです。タイトル曲を始めじわっとくる曲ばかりです。


Dougie MacLean 「New Tomorrow」

ドギー・マクリーンといえば、スコットランドでを代表するシンガーのようです。名前は知ってましたが、最近初めてCDを買いました。
ニューアルバムの曲は動画が見当たらないので、ドギー・マクリーンの最も有名な曲「カレドニア」をリンクしておきます。カレドニアっていうのは、スコットランドの古い呼び名だそうです。歌詞もスコットランド(カレドニア)への郷土ラブがあふれる内容で、スコットランド国歌の候補にもなったそうです。

Dougie MacLean – Caledonia

本当にいい曲ですね。スコットランド行ってみたくなりますね。