月別アーカイブ: 2007年10月

サド? メル?

●この週末はCDを1枚しか買わなかった。
近所の行きつけのCDショップで、いつも始めにクラシックコーナーを物色することにしている。最近このショップは、クラシックのマイナーレーベルものがどんどん減っていって面白くない。
●ワタシのゆってるマイナーレーベルって超マイナーじゃなくて、例えば、ハイペリオンやシャンドスとかBISとかのクラシックファンなら誰でも知ってるレーベルのことだ。以前は種類・数量は少ないけれど、話題の新盤等、必ず置いてあったのに、まあ売れないから仕方ないんだろうけど。
●で特に欲しいCDが無いと、ジャズコーナーへ。
まずチェックするのは、日本の輸入盤コーナー。ものによっては日本よりも割高だったりするが、紙ジャケだったり、そうでなくても日本語の解説がついているのが、初級者のワタシにはうれしい。
●日本盤は売り切れごめんなので、買いそびれたのは、台湾盤(中はアメリカ盤、中国語の帯付き)を買う。台湾盤は日本盤より3割くらい安い。
●で、昨日買ったのは、この「サド・ジョーンズ、メル・ルイス&ジャズオーケストラ」の「セントラル・パーク・ノース」。ジャズファンには、「サド・メル」で通じる有名なジャズビッグ・バンドだ。このCDは1969年録音ということで、8ビートのファンキーでロックなのりの曲もあって、めちゃかっこ良いのだ。
k071029a.jpg
うしろで寝ているのは、ミミ

●こういうのを聴くと、ビッグバンドって良いよな〜って思う。そんでもって、高校生の頃を思い出す。ワタシの通った高校にも一応ブラスバンド部があった。あるにはあった。が恐るべしことに、まともに楽器を吹けるのは2年生のトランペット担当の一人だけだった。部員は総勢5人程度。部長はロック好きのドラマー。顧問の教師は、クラリネット担当。1年間に3日間くらいしか練習しないらしく万年超初心者。
う〜ん、困った、が憧れのテナーサックスを吹いて良いって言うので、クラスメイトを誘い入部した。
●結局そのブラスバンド部っていうか音楽部は、部室(といっても10畳くらいの天上の低い、物置のような部屋)が、休憩時間・放課後の不良のたまり場、喫煙場所のようになってしまい、粘着質の風紀係教師の執念の追跡・証拠探し・持ち物検査などにより、ほぼ廃部に追い込まれてしまった。まあそれが無くても、存在価値のないクラブだったのだが….
●そんで、最初の数ヶ月は熱心に練習したテナーサックスも練習場所が無くなり、結局そのうち興味も無くなってしまった。すぐに諦めたのはもともとそんなに興味なかったからだろう。
●しかし体育祭の時だけ、このクラブは復活し、OBの応援参加のもと数曲演奏した。みんなの入場行進に合わせて、というかマーチに合わせて行進してもらうのだが、しょっちゅうトランペットや、トロンボーンがずっこけて、「おい〜、それじゃ〜行進できんだろーうが、しっかり吹け〜、あほ〜」とか大笑いされたのを覚えている。
多分部員のなかでワタシが一番上手かった。そのくらい情けないクラブだった。
●そしてその唯一の活動の場で演奏したのは3年間通して「それゆけカープ」、「赤ヘル音頭」の2曲だ。は〜。さすが広島の学校。

What Happend Today(楽子天天報)

●新台北ウォッチングでもお伝えしましたが、
台湾人向けサイト「What Happend Today」を始めました。
三宅デザインのブログから、よりすぐった内容で毎日お届けしています。
このサイトのためのオリジナル記事もあります。ミミも度々登場します。
文章は中国語ですが、写真だけでも面白いと思いますので、是非、ご覧下さい。
k071027a.jpg
●そう言う訳で、「What Happend Today」では、日本からの記事を募集しています。えー、どんな内容でもかまいません。例えば、近所の食堂の新メニュー、自分の消しゴムコレクション、友人の超汚い部屋、自販機で見たまずそうな飲み物…などなど。別に日本を感じさせなくてもかまいません。もちろん、台湾人向けに、日本の奇妙な風俗習慣の紹介…なども大歓迎です。もちろん日本語でかまいません。TINAとVIVIが中国語に訳して掲載します。
●採用させていただいた方には記念品を差し上げます。どうぞごふるってご応募ください。
お待ちしてます。
●お問い合わせ、投稿は、こちらまで

イラストがんばるぞ!!

●昨日の夜、眠れないので「You Tube」のビデオを
いろいろ見ていた。
「しょこたんの画力」というのがあって、何気なく見てみたら
これがびっくり、中川翔子ってすげえ、絵がうまい。
●もちろん、アニメ風のイラストなので、ワタシには
縁がないのだが、それにしても下書き無し、いきなり
サインペンで眼から描き始め、一度も線を修正液や
ホワイトで直したりせずに、A4用紙に
びっちりとアニメのキャラクターを埋め尽くした。
●ギザすごい。
そのあとは、ああ懐かしやコピック(アルコールマーカーの一種)
で着色していたが、これもまたプロ並み。(アニメだけど)
髪のてかりや、リボンのハイライトまで、慣れた手付きで
すばやく彩色していた。
●うーん。何でこんなに上手いんだ。
上手い奴でも普通構成考えて、下書きするだろ〜。
●ちなみにコピックというのは、ワタシが若い頃は
デザイン会社の必需品だった。
.Tooの製品だ。昔は「いづみや」って名前だったが
誰も知らねーよな。
●MAC(コンピュータだよ)のない時代、
例えば、カラー広告のデザイン案をプレゼンするときなど
多いに活用されていた(はずだ)。
イラストが上手い奴は写真の部分をコピックでスケッチして
見る人に完成デザインをイメージして貰うのだ。
●今から考えると恐ろしい作業をしていたんだなあ。
ワタシはイラストっていうかスケッチがまるっきりダメで
コピックスなど使わず、カラーコピーも使わず、
白黒のラフ版下をコピーして、ここは何いろとか
メモして人に見せてた。(面倒なので…)
その頃は、モノクロの新聞広告を主に制作していたので
まあ、そんなんで何とかなっていた。
●しかし、コピックは今でも人気あるらしい、
デザイン関係以外にもアニオタには必需品のようだ。
色数も豊富だし、ぼかしなどの効果も出しやすい(らしい)。
プラオタも使うらしいが、どういう段階で使うのかは知らない。
●で、話はそれたが、しょこたんに負けるもんか、
と奮起して(ワタシはバカか?)久々に(数ヶ月ぶり)に
ミミのイラストを描いてみた。
ん〜、描けない。以前自分で描いたイラストをお手本にして
1時間くらい練習していたら、なんとかそれらしくなってきた。
う〜ん。なんで自分の描いたイラストをお手本に….。
●仕事柄、イラストが上手くて当然と思われるかもしれないが、
ワタシの場合、以前はほとんどイラストなぞ描いたことは無かった。
ミミのイラストを描いてみたいと思い、2年位前からいろんな人の
イラストを参考にしながら練習したのだ。
付け焼き刃なので、すぐに描けなくなる。
●自分で描いた我社のミミマークを見て
「上手いなあ〜」て言ってる自分が情けない。
これから暇を見つけてイラストの練習を続けようと思ったのであった。
明日へは続かない。
★三宅健司★

古本

●日曜日に部屋を整理しようとしたが、捨てるものがあまりない。
仕方なく、この先あまり読まないであろう本を捨てることにした。
本を捨てるのは大変嫌なのだが、台湾なので仕方ない。
日本にいるときは、本がたまると大抵、古本屋に持っていっていた。
台湾では日本語の古本など、買ってくれるところも無い。
●本を捨てるなど、なにか犯罪を犯している気分になる、とは
言い過ぎにしても、やはり悪いことをしているような
気がするのは仕方がない。
●というわけで、申し訳ないと思いながらも、
処分したのは、「美味しんぼ」三十数卷、
「ブラックジャックによろしく」、「月下の棋士」、
「亀有派出所」などのコミックス。
「レコード芸術」2年分くらい。
ビジネス関係の本は何だか、もう読みたくなくなって
ほとんど処分した。
●逆にどうしても処分出来ない本とは
例えば「ゴルゴ13」。1冊たりとも、捨てられない。
何度読んでも面白いのだ。
●台湾に住んでいるせいか、同じ本を繰り返し読む習慣が出来た。
藤沢周平、宮部みゆきなどは、ほとんど最低2回以上読んでいる。
刑事マルティン・ベックシリーズも、日本にいる頃から
何度も読み返した。エルモア・レナードの「グリッツ」も
疲れた時読むと元気がでる。
●トニー・ヒラーマンのナバホ警察シリーズ、
これも読み始めると、止められなくなる。
日本から持って来たのは全巻では無い。
しかも現在は入手出来ない模様。
口惜しいなあ。
●シャーリン・マクラムのアパラチアシリーズ、
シリーズといっても、持っているのは
「 いつか還るときは」、「丘をさまよう女」 の2冊だけだが、
もう4回くらいは読んだ。
ネットで検索しても、このシリーズ2冊以外は見当たらない。
その後、翻訳されてないのだろうか?
原書はかなりの数出ているはずなのだが…。
●このシリーズ、アパラチアを舞台に
アパラチアン伝承バラッドが随所に織り込まれ、
またアパラチア地方の歴史がサイドストーリーとして効果的に使われる
何とも魅力的なミステリーだ。
ストーリーの面白さもさることながら、
何と造形豊かな登場人物、脇役も決しておろそかにせず
愛情をこめて描写されている。
●こういう時、英語で原書が読めればなあ、
と、思ったりする、が思うだけだ。
今さら英語の勉強などしないのは
自分が一番良く知っている。
台湾に12年住んでいても
中国語の勉強もしたことがない。
読めるのは、かなり単純なコミックスが限界だ。
なんだかなあ。
●話がずれてしまった、というか
最初から主旨のない文章だな…。
意味不明のまま明日へ続く、かも。
★三宅健司★

テルミンをやってるみん

k071018a.jpg

k071018b.jpg

k071018c.jpg

動画を用意しました。QuickTime形式のみです。
見られない人はごめんなさい。
音が少し小さめになってしまいました。
パソコンのボリュームをあげてご覧ください。
すみません。すみません。
動画をみる

練習時間がなく全然だめですが、
そのうちまた練習の成果を発表したいと思います。

★三宅健司★

写真クイズ

k071017a.jpg
さて、何でしょう?

k071017b.jpg
これは、簡単ですね(?)、何でしょう?
「テレビと椅子」とかって答えはダメですよ。(to イカイカさん)

★三宅健司★