カテゴリー別アーカイブ: 台北の日常

フチ子さん、春節ヴァージョン

7-11のアイスラテを飲んで、フチ子さんを再びゲットしました。

3つ分、券をためたんだけど、なんと運悪く、3つとも同じでした。

中秋節ヴァージョンも欲しかったんだけど。仕方ない。同僚に2つ譲りました。

 

こんなにでかいんです。

「福」の春聯(チュンリエン)を逆さまに持っています。

うっかり間違っちゃったわけではなくて、前にも書いたことがあると思うけど、

「福が降りて来ますように」とか、そんなような意味かららしいです。

 

あと、ふたつ集めてコンプリートしたいけど、運ですからなかなか厳しいですね。

 

休日出勤

今日は土曜日ですが、仕事が終わってないので、ミミと一緒に出勤しています。

12階から6階に引っ越したので、窓からの眺めも少し変わりました。

眼の位置が低くなったので、ワタシとしては少しつまらない気もしますが、

緑がよく見えるのでこっちの方が良いんじゃないかとの意見もあります。

良い天気ですが、どこにもいけません。(仕事がなくても多分どこにも行かないけど。)

台北101が上のほうしか見えなくなりました。

ミミは午前中は一人でウロウロしてましたが、もう疲れたようで、

ワタシの後ろのソファーでぐっすりです。

最近、ワタシの手からしかゴハンを食べないんです、困ったものです。

 

仕事中のBGMは、J.J. Cale & Eric Clapton とかJames Taylorとか Ry Cooderとかです。

りんごちゃん@台北

k20150817a

昨夜8月16日、台北南港で行われた椎名林檎さんのコンサートに行ってきました。
台湾でも大変な人気で、チケットはすぐになくなったらしいのですが、林檎さんファンのウチのスタッフにオークションで定価で入手してもらいました。
実は椎名林檎さんって名前だけは知ってるものの、どんな曲を歌うのか全く聴いたことがなかったのです。
(ハハ〜、すみません。)
実は前にもブログに書いたことがある、友人のジャズミュージシャン、EQのメンバーとしても知られる小池修さんが、サックスとフルートで台湾ツアーに参加するというので、出かけてきたのでした。事前にユーチューブでMTVを見て、いやいやこれは、おじさんについていけるかなと心配でしたが、思いの外楽しかったです(失礼、ごめんなさい)。

 

k20150817aa
ほとんど一番後ろの席だったので肉眼ではこんな感じ。
でも横にスクリーンが設置されてたので林檎さんのカッコ良い衣装もよく見えました

アンコールの最後には、中国語でも挨拶するなど、ファンは大喜びで興奮してました。
日本からの追っかけファンらしき人々も見かけました。
そういえば、どう見ても本物の制服ではない看護婦さんのグループも見かけました。これはもう、「花も嵐も〜踏み越えて〜♪」…愛染かつらの世界ですね。
ひょんなことから突然人気歌手となった、田中絹代扮する、未亡人の元看護婦がコンサートで元の同僚看護婦達を前に歌うシーンを思い出してしまった。って、ワタシは何歳じゃ?
k20150817bbちょっとミニの看護婦さんグループ

 

※林檎さんも良いけど、小池くんがメンバーのEQのニューアルバム「tomorrow」
なんとハイレゾ音源も配信されています。全国ツアー中です。
大興奮の素晴らしい内容ですので、ジャズファンの方は、すぐに買うように(ジャズファン以外の方も)。

EQ
>>>HMV
>>>amazon

※私は昨年、青山のライブハウスボディ&ソウルでEQライブ初体験しました。
なんと大阪さんのドラムからわずか2mの席。ずっと大阪さんのバチさばきに見とれて興奮しました。
やはりジャズはライブが楽しいですよ。

COMPUTEX TAIPEIのカメラ小僧!

6月初旬に南港で行われた、台北國際電腦展覽會(COMPUTEX TAIPEI)での話です。

展示会ブースデザインの参考にと出かけました。
主にコンシューマ向けの1階はブースデザインもさることながら、
コンパニオンが派手でした。

下の写真のブース人気でした。
フロアの前はカメラを構えたカメラ小僧(死語か?)でいっぱい。
まるでモーターショーのようでした。(って行ったことないけど)

k20150624a

下の写真、カメラの前に取り付けられたものは一体何なのでしょう。
この人達、明らかにコンパニオン目当てで来てますよね。
皆楽しそうなので、「バカだなあ」とか、否定的な感想はわきません。
どちらかというと、夢中になることがあって羨ましいな、と思っちゃいます。

k20150624b