カテゴリー別アーカイブ: 台北路上観察

ワンちゃんの散歩

20150629b

事務所の前で。

可愛いワンちゃんが、おじさんに連れられて散歩中。

「可愛いですね、撫でても良いですか?」

「うん、良いよ、あなた日本の人? 犬飼ってるの?」

「いえ、猫を飼ってます。」

「あー、猫ね、猫も良いよね。」

このワンちゃん、背中の毛を全部刈り込んでいるみたいです。
台北の夏は蒸し暑くて、こんなふうに一部、または全身の毛を刈り上げる犬、猫が多いようです。
ミミはちょっと毛が長いけど、一応アメリカンショートヘアなんで、毛は刈りません。
そんなことしたら、パニックになってずっと機嫌が悪くなりそうだし。

20150629a

COMPUTEX TAIPEIのカメラ小僧!

6月初旬に南港で行われた、台北國際電腦展覽會(COMPUTEX TAIPEI)での話です。

展示会ブースデザインの参考にと出かけました。
主にコンシューマ向けの1階はブースデザインもさることながら、
コンパニオンが派手でした。

下の写真のブース人気でした。
フロアの前はカメラを構えたカメラ小僧(死語か?)でいっぱい。
まるでモーターショーのようでした。(って行ったことないけど)

k20150624a

下の写真、カメラの前に取り付けられたものは一体何なのでしょう。
この人達、明らかにコンパニオン目当てで来てますよね。
皆楽しそうなので、「バカだなあ」とか、否定的な感想はわきません。
どちらかというと、夢中になることがあって羨ましいな、と思っちゃいます。

k20150624b

 

電気設備の絵シリーズ

 

あまり見かけないスタイルの絵を近所で見つけました。
新しくメンバーに加わった人が描いているかもしれません。

k20150519dd

k20150519bb
なんだか、これを描いた人って理科系じゃないかな、と思わせる画風です。
描き方がきっちりしすぎているきがします。
右下の草の葉など左右に等幅で定規で描いたように並んでいます。

k20150519cc
これもかなり几帳面に左右シンメトリーになっています。
作者はきっと凄く几帳面な人。部屋のなかもきっちりと整頓されていることと思います。

k20150519a
この人は全然几帳面ではありません。
部屋の中に常に本や資料や服などが散乱しています。

メロン熊@台北

昨日、日曜日の夜、SOGO忠孝館に行ってこんなものを見てしまいました。

北海道の物産展にあわせて台北に来ていたらしいです。
このキャラクターはメロン熊というのだそうだけど、有名なのでしょうか?

着ぐるみ、迫力ありすぎです。
全然ゆるくないです。ゆるさを狙ってないのでしょう。
「メロン」と「熊」ってなんだか安易な発想とリアルな仕上げが、
シュールな味わいを醸し出しています。

台北の人達にアピールできたでしょうか?
(それ以前に意味が通じたか不安ですが)

k20150330a
子供が笑うべきなのか、怖がるべきなのか迷ってる!

k20150330e

この歯茎、充分怖いよ!

k20150330b
写真を撮ろうとしたら、私に近づいてきて…

k20150330c
更に近づいてきて…頭をがぶりと喰われてしまった。
私はおじさんなんだからさー、
、相手してくれなくて良いから、その辺の子どもたちに噛みついてよ。

そういえば、この函館の「イカール星人」といい、北海道のキャラへんだぞ。

k20150330-00

北海道の人達は、ゆるキャラを勘違いしてないだろうか?
どうしてもリアルな仕上げにこだわってしまうのだろうか? 面白いけど。

路上美術館

近所の裏通りの目立たないちころにこんなものが。

k20150325a

えーと、手作りのフィギュアでしょうか?

k20150325b

雨ざらしになってます。汚れていますが、近寄ってみるとかなり細かく作ってあります。

特に白バイのお兄さん、かっこいいし、バイクの形や警官の比率、服の柄、ブーツの紐とかまで
かなりリアルです。
触ってないのでよくわからないのですが、木彫りに彩色してあるようにみえました。
木製キットでしょうか、それともこの細かさは、プラモデルなのでしょうか。

いずれにしても、ちょっと欲しいです、なかなか良いですね。

k20150325e

k20150325c

ただ気になるのは、左の人形との組み合わせです。まったく意味が分かりません。

k20150325d

何のためにこんな場所においてあるのかもわかりません。
せっかくいい出来の作品ができたから、道行く人達に見てもらおうということでしょうか?