月別アーカイブ: 2009年4月

前回の続き

前回紹介したウクレレジャズのジャケット、
なかなか良いですね。
この色、レトロとモダンでオシャレな感じの中間的なカラーでしょうか?
微妙な色合いが良く出ています。
縦ストライプのオープンシャツも良いのですが。
一つ気になるのは中央右下の白黒の四角部分、主役のLyle Ritz の顔写真と
アルバムタイトル名が入っています。
アルバムサブタイトルが必要なのは分かるけど、
Lyle Ritzがウクレレを抱えている写真をこんなに大きく入れるのは、ちょっと説明的すぎてデザインを壊しているんじゃないか? 壊してるといわないまでも、なにか保守的、というかこの方が消費者にわかりやすいかな?とかそんな気弱なデザイン感がみてとれる。???
今の3分の一くらいの大きさの四角に顔写真だけ収めて、サブタイトルは他の位置へ移した方が…
って、エラそうに、プロの仕事にケチをつけるのはよくないですね。
おわり。
次はこれです。
k090428bbb.jpg
かっこ良いでしょ。
誰かわかりますか
明日に続く

この間の続き

k090428a.jpg
紙ジャケットCD、ブルーノート以外。
2割くらいが輸入盤です。
最近ジャケットだけで買って
好きで良く聴いている2枚。
k090428aaa.jpg
Lyle Ritz 「How About Uke?」
1957年の録音です。
なんと、ウクレレのジャズ!
有名な人なのでしょうか?
初めて聴きました。
かっこ良い。
スタンダードナンバーを中心に、
演奏しています。
ドラム、ベース、フルート、ウクレレ。
曲によっては、フルート無しのトリオ。
「I’m Beginning To See The Light」のウクレレソロなんてしびれます。
1950年代に、こんなジャズがあったなんて。
ジャケット買いすると、思いがけない発見があって楽しいですね。
続く
※日曜日にテレビで広島、阪神戦を見た。ちょっとだけ。
新広島球場は、テラス席って言うのがあるらしい。
良いなあ。行ってみたいなあ。

超無駄使い

さっき近所のCDショップで、こんなものを見かけて衝動的に買ってしまいました。
k090427a.jpg
LPレコードです。
グレン・グールド「ゴールドベルグ変奏曲」1955年版です。
しかし、レコードプレーヤーは持っていません!!!
じゃあ、買ってどうするの?
って、飾るんですよ、
それにCDはちゃんと持ってるし、そっち聴くから大丈夫。
k090427b.jpg
なにか間違ってるような気もしますね。

ブログの普及によって

●誰でも簡単に日記や写真を公開できるようになった。
便利だ。確かに。いろいろな人たちに様々な使い道が有る。
●例えば素人コレクターたちは、はりきって自分の宝物を、
ウェブでどうだどうだとみせびらかす。
●ほんの一部の人にしか価値のわからないものを。
あるいは自分にしか分からないものを。
●ふん、それがどうした。
といいたくなりませんか。
人の持ち物自慢なんかにつきらあってられないよ。
●なんつって。

さて、今日はワタシのジャズの紙ジャケットCDコレクション自慢です(←おい)

まずは、日本盤ブルーノート…
k090424a.jpg
クリックで拡大
これだけしかなかったか、ちくしょー。
このうち、7〜8割がリード・マイルスのデザインでしょうか?
素晴らしいですね、手抜きに見えるのも有りますが。
明日につづく。

風邪がやっと治りました

今回の風邪はたちが悪くて、
かなり苦しかったです。
前回の続き
自分の部屋が欲しい。
なぜかというと、
→アンプ、スピーカーが欲しい
 (CDプレーヤーだけは以前買った)
→音楽を、有る程度の音量でくつろいで聴きたい
→ついでに言うと、レコードプレーヤーも欲しい
→当然レコードも集めたい。
→台湾ではなかなか手に入らない
→東京へ頻繁に行って歩いて
 いろいろレコードを物色したい
というわけで
切実にお金が欲しいのです。
くだらない???? ってか
真剣だぞ、ンヌヌ!!!
そこで
オーディオ相談です。
CDプレーヤーは以前、マランツSA7001というのを買いました。
日本円で6万円くらいでした。
今回アンプとスピーカーを買いたいのですが、
お薦めが有れば教えて下さい。
お金がないんです。
両方で15〜20万円くらいで…
予算低すぎですか?貧乏臭い?
じゃあ25万円くらい?まだだめ?
アンプとスピーカーって
予算的にどれくらいの比率で考えれば良いですか?
例えば、アンプ10万円+スピーカー10万円
それともアンプ7万円+スピーカー15万円..とか
どなたかお願いします。
すみません。

前回の続き。

それで、何でお金が欲しいかというと、
●まず、自分の部屋が欲しい
 (あー、低レベル!!!!)
何と、1ルーム(1K)のアパートに夫婦二人、+猫1匹で住んでいるのだ。
どうせ、寝に帰るだけだし、とか言う問題ではない。
次回へ

最近、よく

あーお金が欲しい、と思うようになった。
(>>って、誰だって思うだろう)
それはそうだけど、人生にお金が大事な事がわかっていても、
なかなかいつもいつも忘れずに行動出来ないものなのだ。
だからビジネスマンとして成功しない。
オスカーワイルドの言葉に、こういうのがあります
「若いときはお金は大事だと思っていた、
年をとった今は、それが本当だと知っている」
うーん、深いんだかどうだか。
私も今年で50才なのだ。この10年ちょっとは仕事のことしか考えなかった、というよりそうせざるをえなかった。今後は、これまで出来なかった事や、なんとなく思いついた事をしてみたい。と思うようになった。そんなに長生きどうせできないし。
…それで、なにやりたいのよー?って?
次回に続く…
誰も興味ないよね、俺がね、なにしようがね、
おっと、お金に関する名言にこんなのもあります。
「わたしは無一文から出発して、今の様な極端な貧乏になった」
マルクス・ブラザーズの映画、多分「我々はカモである」の台詞だと思います。
あの髭のグルーチョ・マルクスのせりふですね。
話がはずれかけてますが、あしたへ… あした起きられるかなあ?