カテゴリー別アーカイブ: オーディオとか

最近買った、ジャズボーカルCD、その2

イリアーヌ・イリアス
DANCE OF TIME

次は、ボサノヴァのイリアーヌ・イリアス 、昨年度のCDです。日本でも人気ありますね。

以前からファンで、CDも6-7枚持ってます。数年前、台北でのコンサートにも行きました。

ちょっと低めのセクシーな声が魅力的です。

今回のCDは前作「メイド・イン・ブラジル」の路線の延長のようですが、

完成度の高いポップなボサノヴァです。

ジャズの名曲「スピーク・ロウ」が見事なアレンジで、ジャズ・ボサノヴァになっています。

「スピーク・ロウ」だけじゃなくて全曲良いんです、快感です、ゾクゾクきます。

モノクロのジャケットもすごく良いですね。若く見えますが、私と同年代なんですよ。

そういうお歳なんですが、なぜかジャケットの写真はセクシー路線が多いんですよ。

今回は、セクシー度も抑え、しかも顔がはっきり写ってませんね、だからってわけじゃないですが良い写真です。

このアルバムはよる寝る前にっていうより、車で移動中などが合います。ジョギングのお供などにも良いと思います(しないけど)。

 

 

 

I Walk a Little Faster (アイ・ウォーク・ア・リトル・ファースター)
Chiara Pancaldi (キアラ・パンカルディ)

これは、数か月前に買ったものです。3年くらい前の録音です。

名前の読み方が難しいですが、イタリアの新進のジャズ歌手ということです。

素晴らしいジャケットです。こういう美人系ジャケットがジャズ・ボーカルコーナーにあったら、

つい手に取ってしまいますよね。おじさんって嫌ですね〜。へへへ。

バックのピアノが超格好良いと思ったら、名手サイラス・チェスナット のピアノ・トリオでした。

雑誌「ジャズ批評」のジャズオーディオ・ディスク大賞2015でヴォーカル部門金賞を受賞だそうです。

というわけで、当然音も良いんです。スタンダードナンバーばかりで、楽しめますよ。

最初聴いたときは、なかなか良いけど、普通かなって感じたんです。

歌い方にちょっと癖があるんですけど、何度も聴いてるうちにそれがだんだん慣れて気持ちよくなっちゃいます。

http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006744013

私の一番好きな曲は、1曲目Wouldn’t It Be Loverly(マイ・フェア・レディで使われた曲です)

仕事で移動中によく聴いてます。

 

昨年発売された新アルバムも買おうかなっと、検討中。

お試し下さい。

最近買った、ジャズボーカルCD。

仕事中はジャズボーカルの曲は殆ど聞かないのですが、
夜寝る前くつろぎたい時に、女性ジャズボーカルは非常に良いんです。
ブランデー片手にと言いたいところですが、私はアルコールが全くダメなので、
炭酸水を飲みながら、ヘッドホンやイヤホンでぼ〜として、聴き入ります。
仕事の疲れが取れて、良い気分転換になります。

In The Still Of The Night ( 夜の静けさに)
Calabria Foti(カラブリア・フォーティー)

全く名前も聴いたことなかったのですが、
雑誌「ジャズ批評」2017年度のボーカル部門で銅賞(だったかな?)受賞CDということなので、買ってみました。

コール・ポーター作品集です。何と10年ぶりの新作ということです。
「魅惑のシルキー・ヴォイス」って言われてるそうですが、本当に魅力的な声です。
歌もうまいし、曲も良いし、アレンジも良いし、言うことなしです。
ファンになりました。以前のCDも買っちゃいます。

録音も良いです。「ジャズ批評」の賞って、オーディオに凄くうるさい人達が選んでますからね。
夜中、寝る前にイヤホン(ゼンハイザーIE800)で聴いてます。気持ちよく眠れます。
かなりお薦めです。
ジャズボーカルファン、オーディオファンの方は必携です。

Amazonで試聴できます。>>

 

JAIMEE PAUL (ジェイミー・ポール)
Too Marvelous

名前だけは知っていて気になっていたのですが、初めてCDを買いました。
作詞、作曲家のジョニー・マーサー作品集です。
といわれても知らない人も多いと思いますが
酒とバラの日々、枯葉、Skylark、”フールズ・ラッシュ・イン、ムーンリバー
(ここにあげた曲は作詞です)など、きっと聴いたことが有ると思います。

ほんの少しかすれた歌声がチャーミングです。
ピアノ・トリオ中心のバックで、こういうスタンダードはジャズボーカルの王道ですよね。
CDによってかなり感じが違う歌手らしいですが、他のも聴きたくなります。

続きは次回

IE800にはCOMPLYイヤーチップだ

ゼンハイザーのイヤホンIE800に、ポータブルアンプDragonFly Redを繋ぐと音質が向上…という話の途中でしたが、その前に。

このイヤホンIE800、優れものには違いありませんが、イヤーチップに問題有りだと思います。
耳にはめても、すぐに外れて落ちちゃうんです。大きさのせいかと思い、大中小どれを試しても、ぴったりこない。ひょっとして私の耳の穴が異様にデカイのか? そんなわけないと色々ネットで調べたら同じような人が結構いました。対策としては、別メーカ製のイヤーチップに交換するのが手っ取り早いということで、Amazonでこれを取り寄せました。

COMPLYというメーカーのアジアンフィットTS200シリーズ。このイヤーチップ、3セットで1600円くらいでした。

なんだか色々面倒だなあ。ゼンハイザーの人たちもねえ、これだけたくさんの消費者が耳に合わないっていってるんだから、なんとかすれば良いのに、と思わないこともないですが、どうなんでしょう。

COMPLYのイヤーチップの解説に、耳の穴が曲がっているアジア人にもフィット…みたいなことが書いてある。えっ耳の穴って、そんなに欧米人とアジア人って違うの?

だから、ドイツ製ゼンハイザーのイヤホンのイヤーチップが日本人には合いにくいってこと?
欧米人の耳の穴って真っ直ぐなの? ほんとかよ、知らなかった。

で、また次回に続く。

 

ヘッドホンアンプ DragonFly Red

この間、バカ高いイヤホン、ゼンハイザーのIE800を買った話を書きました。

これをIphoneに直に挿して聴いても、まあそこそこ良い音なんですが、

これでは、高額のイヤホンがもったいない、そうなんです。

情弱なので、いろんなネット情報を読みあさりました。(こういうのは楽しい)

ポータブルなヘッドホンアンプがいろいろあって、そういうのを

Iphoneとイヤホンの間に挿せば、音質がぐっと上がるということなので、

これを買いました。

AudioQuest ヘッドホンアンプ・DAC DragonFly Red

Amazonのページ>>

 

こんなに小さいのです。メモリースティックとほぼ同サイズです。

これは挿し口がUSB仕様なので、Iphoneとの間にアップルのUSBカメラアダプタで繋げます。

こんな感じです。

音質は、うーん、なかなか良いです。

どれくらい良いかというと、へへへ…

明日に続く–

IE800買いました

ゼンハイザーのイヤホン、IE800を買いました。

何と、2万2000元(約8万円)もします。日本より若干高めですが、

故障時のことを考えるとやはり台湾で買ったほうが安心です。

こんな高価なイヤホンなんて、私ごときが身分不相応かなと悩んだのですが、

あれこれ試聴してて、やっぱりこれが良いんですよね。はあ〜。

もともと IE80か、IE80s (IE800の半額くらい) を買おうと思って、ショップに行ったのですが、

両方とも思ったよりも、低音がブンブン効いてるけど少し不自然な感じがして買うのやめました。

調子に乗って試しにIE800を聴いてみると、これが低音も音の広がりも私の好みで、素晴らしい、

自然で良いなあと、いうことで、どうせいつ死ぬかわからないんだし、

もうこんな歳だしとか色々考えて買ってしましました。(たかが8万円でおおげさな…)

 

これまで使っていたゼンハイザーIE60(日本のAmazonで現在¥ 17,405)も

それほど不満はなかったのですが、

やはり、違う。これだけ価格差が有るのだから、違わんと怒る!

最近ずっと、小型ヘッドホンもイヤホンも「ゼンハイザー」です。

一時期はAKGが好きだったのですが、

AKG の中価格帯のものは、つくりが華奢で壊れやすいんですよね。

ノイズキャンセルホンも2種類壊したしな〜。

(私の使い方が荒っぽすぎるんでしょうが)。

というわけで、私は今のところゼンハイザーラブなのです。

ジャズもええし、弦楽四重奏とかも、イヤホンでこれだけええ音すれば、

満足じゃわ〜。

ええのお〜。

 

レコードプレーヤを買いました。

念願のDENONのレコードプレーヤ、DP500Mを買いました。アナログレコードプレーヤとしては、定番の商品らしいです。私のようなあまりオーディオに詳しくないけど、レコードが大好きな人間には、「定番」=「これを買っておけば一応OKよ」ということみたいな存在です、ありがたいです。

DP500Mは人気機種だということなので台北でも入手できるとおもいきや、ネットでいくら調べてもヒットせず。面倒になって、大阪のショップから海外発送してもらいました。

昔はコンポみたいなものを買えば、必ずレコードプレーヤはついていたので同じ感覚で、プレーヤを買ったのですが、調べてみるとウチのアンプと、このプレーヤでは、直接つなぐだけでは音がでない、正確に言うと小さな音しか出ない、低音なんか殆ど聞こえない。フォノイコライザーというものが必要ならしい。

オーディオファンの方が読むと「こいつは馬鹿か? 何も知らずにレコードプレーヤ買うなよ」と思われるでしょうが。私のようなジジイには、アンプにレコードプレーヤをつないですぐに聞けないことのほうが不可解なのです。
うーん、ジジイには、なかなかハードルが高いなあ。

M20150729A
スピーカは2年前くらいに買った、DYNAUDIOの focusシリーズ(展示処分品で半額くらい)。
アンプとヘッドフォンアンプは、もっと前に買ったDA&T 谷津音響(台湾製)。SACDプレーヤはマランツSA7001。スピーカーの下の板はIKEAの西洋式まな板(バカにされるかもしれないけど、効果はあるんですよ)

以前アナログ・レコードのデジタル化を考えた時、安物のプレーヤと一緒に買ったも小さなUSBデジタル変換器付きのフォノイコライザーが使えることが分かる(PRO-JECT製、4000元くらい)。ラッキー。

次の問題は針圧の調整。説明書通りに2.0kg設定すると、なんかトレースの音に違和感が。一応ネットで調べてみると、説明書に誤記があるので注意とのこと。DENONのWebによると私が買った機種の針圧は1.4kgとのこと。

うーん、これでとりあえず、OK。
ジャケットを眺めたいのが主な理由で蒐集してる古いジャズのレコードを色々かけてみる。
CDに比べ管楽器はより滑らかに、低音は少しだけ力強く聴こえる…気がする。

気のせいだとしても、なんかうれしい。
今後の課題は、CDにしてもレコードにしても貧弱過ぎる低音を何とかすること。
スピーカーの下のオーディオボードかな?

またまた、AKGのヘッドフォン

少し前から気になっていたヘッドフォン、AKG K701。
とうとう買っちゃっいました。

価格ドットコムで調べると、24800円〜82800円。
何、その価格幅! 
並行輸入品と、正規代理店の販売価格差ってことなのだろうか?

台湾の相場をネットで調べると、ほとんどの店が14000元(約45,585円)。
うっ、高いな。でも故障した時とか面倒だし、多少高くてもよいので台湾で買うことにした。

買ったのは、以前から、アンプやスピーカーなどを買っている、品嘉音響という店。
店主の親父さんが親切に色々相談に乗ってくれるし、オーディオに疎い私には心強いのだ。

k130406a

で、台湾での相場価格より安く、11000元(約35,817円)だった。
(今、品嘉音響のウェブで確認したら14000元になってるけど、どうしてだろう)

今まで使ってたのは、GRADO-SR225。開放型の側圧ゆるゆるのヘッドフォンだ。
言っておくけど、これも凄く良いヘッドフォンだと思う。
ただ、ジャズを聴くには、特に不満はないんだけど、
クラシック、特に弦楽や声楽には不向きなのかもしれないと感じていたのだ。

で、AKG K701でクラシックを聴くと、やっぱり良い。
GRADO-SR225よりも、音が少し遠くでなっている感じ、かな。
うーん、オーディオ音痴だし、耳には自信ないけど、それでも違いははっきりリ分かる。
なんていうんんだろう、耳に装着したヘッドフォンから音がしてる気がしない。
もっと広い場所でスピーカーで音楽を聴いてる感じがする。
ボリュームを上げても、少しもうるさくないし耳が疲れない。

ショップで試聴した時より、わずかに高音がきつい気がするのは、アンプなど装置のせいか
エイジング(実はよくわかってない)ってやつのせいか、それともただの気のせいか?

何れにしても満足。
アパートなのでなかなか大音量で音楽を聴けず、
高音質のヘッドフォンは、ほんと嬉しい。

※大きな音で音楽をかけると、ミミもうるさいんじゃないかってたまに心配になるんだけど、どうなんだろう、猫にとって音楽ってうるさいものなのだろうか? ミミは、私がCDを聴いてると、スピーカーの前に陣取っちゃって寝ちゃうこともあるので、それほど気にならないんだろうとは思うけど。