月別アーカイブ: 2009年12月

年末

用事があって仕方なくデパートに行ったが、
この時期は人が多くて嫌だ。
しかも、ずっとクリスマスの音楽がかかっていたりする。
凄く嫌だ。
クリスマスの音楽というのは、決してバッハのクリスマス・オラトリオやミサ曲などの宗教曲ではない。そういうのなら、当然文句はない、っていうか大歓迎。
でもデパート等で聴かされるのは、ポップで幼稚ななアレンジのうるさい曲とか、子供が歌ってるやつとか…。うんざりする。
なんか、うっとおしい。
それでなくても、年末って気持ちが焦って鬱っぽくなるのに。
あー、暗い。

えーと

12月18日は、クラシックのバイオリン奏者、ギル・シャハムのコンサートが台北であったのだけど、ちょっと迷って行かなかった。
2400元(約7200円)の席しかないっていうし。
日本なら普通の値段かも知れないが、台湾にしてはちょっと高いと思う。
クラシックのコンサートは、台湾は割と安く見れることが多いのになあ。
メンバー8人で来るからなのか、政府からの助成金が出てないからなのかしらないけど、今回はパス。何が何でも、ってわけでもないし。
2400元あったら、CDが5〜6枚買えるし、コンサートよりCDだな。
●今、ギャル時計つけっぱなしで、仕事をしながら時々見ている。あー、なんだかしばらく休暇をとって日本へ帰りたくなってきた。

子育て

子育ては大変だ。
最近、うちの子(4才、娘、ちょっとふっくら)の我がままが激しすぎる。
毎日、夜中に何度も起こされる。
「パパ一緒に寝てよ」とか「遊んでよ」とかじゃない。
お腹がすいているのである。
ゴハンを要求しているのだ。
夜寝る前に、充分食べてるはずなのに。
夜中にお腹がすくと、なんでもする。
まず、こっちの顔に頭突きをする。
これくらいでは、こちらも相手にしない。
布団を被って無視。
そしたら布団の間から手を突っ込んで攻撃して来る。
それでもダメなら、布団を被ったワタシの顔の上を何度も往復して歩く。
胃のあたりへのジャンプ攻撃もしつこい。
とうとう我慢出来ずに適当にカリカリを皿に入れてやって、
やっと開放される。
ありがとう、の一言も無く。
しかも量が少ないと、1時間後にまた同じことが…

ミミの好きな音楽

ミミは音楽になかなかうるさい。
特に好きなのはバロック音楽と、50〜60年代のジャズ。
k091216a.jpg
今日はテレマンの「無伴奏フルートのための12のファンタジー」を
聴いていたら、机に登って来て、スピーカの前の特等席でくつろぎ始めた。
k091216b.jpg
たった1本のフルートで演奏される究極の癒しの音楽。
前から欲しかった有田正広さんのCD。台北市内のショップでたまたま見つけて買った。
k091216c.jpg
ミミ「フーム、ピッチがちょっと低いのね、古楽器の響きはは良いねー」

走れメロス

昨日、本屋で考えた。
角川文庫のカバーの事である。
k091214b.jpg
こういう試みがあっても良いと思う。(小説によっては…)
祖父江慎さんのデザインだそうだし。
k091214a.jpg
これなんか、わんちゃんに「おい、もっと走れよーメロス」
って言ってる感じにも見える。(←見えないか)
面白いかも知れない。写真も良いし。

でも、これはだめだ。
こういうのは、もう、わからない。
本当に不条理の世界だ!

k091214c.jpg

っていうか、ヘンだ。
っていうより、なんか嫌だ。

そんなのありなら、文春文庫のトマス・H・クックの小説のカバーをしょこたんの写真にするほうがまだましなんじゃないか(←それは違うぞ)