ミミTシャツ

何年か前に作ったミミTシャツ。

手元に1枚だけあったので着てみました。

 

 

かっこ良いでしょう!!

欲しいですか?

もうありません。ぷぷ〜!


「ウォーキング・デッド」観てます

( ちょっとだけネタバレ有り)
ゾンビ物のアメリカテレビドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」を毎日少しづつ観ています。
さすがに人気ドラマとあって、よく出来てるなあと思いますが、
当然気持ち悪い場面があるわけで、最初のあたりは、半分手で画面を隠したりして観てました。
今、シーズン3の11話あたりですが、もう何だか慣れてきて、
ウォーカー(ゾンビのことです)の頭が、かち割られても、
首が中を飛んでも、血がドバドバ出ても結構平気にになりました。慣れって怖いですね。
シーズン1と2は概ね文句なしですが、シーズン3はちょっとあのへんが、だれちゃいますね。
アイツとコイツが鬱陶しいなあ、とか一人で文句言ってますが、
これも正しいドラマの見方でしょう。
シーズン2では主要登場人物と思われたあの人や、この人も死んじゃったりするので、
驚きましたが、是非、かっこ良いダリルはずっと生き残って欲しいですね。
今のところ、シーズン8が公開中らしいですが、
私の今のペースでは、あと数ヶ月かかりそうです。

7-11珍珠拿鐵

 

台湾の7-11も日本と同様、専用のマシンで淹れたコーヒーを販売しています。

私もよくアイスラテを飲んでいます。

 

これは、新商品「タピオカ・アイスラテ(珍珠拿鐵)」。

65元(約245円)。

おいしそうですが、カロリーも高そうなので、今は我慢です。

タピオカというと「タピオカミルクティー」のイメージが強いですが、

台湾では結構何でもありで、ミルクティー以外の飲み物にもタピオカを入れたりするようです。

コーヒーと紅茶を混ぜた「コーヒー紅茶」とか有りますもんね

(「コーヒー紅茶」は多分香港から来たものだったと思いますが)。

日本では「タピオカ・アイスラテ」って普通ですか?

 


ロベルト・オルサー・トリオにしびれたぞ

 

以前、澤野工房から出てるロベルト・オルサー・トリオの「DREAMSVILLE 」と「THE MOON AND THE BONFIRES 」というアルバムを紹介しました。

「DREAMSVILLE 」が特に好きです。ヨーロピアンジャズの哀愁のツボを抑えまくった、素晴らしいアルバムで音質も最高、ここ数ヶ月で一番良く聴いてるCDです。

  DREAMSVILLE

というわけで、同じトリオの遡って2〜3年前の「Steppin’ Out」というアルバムも買ってみました。このアルバムは雑誌「ジャズ批評」のゴールドディスク大賞を受賞作ということで、
ヨーロッパ系のピアノジャズトリオファンの間ではある程度知られたCDのようです。
(このCDは澤野工房ではありませんでした)

  Steppin’ Out

これがすごく良いんですよ。「DREAMSVILLE 」と同様かそれ以上に、ジワっときます。リリカルでちょっとクラシカルで、透明感のあるメロディと音質で、しびれちゃいます(死語?)

ベースソロも良いんですよね。ブインブイン鳴らすんですけど、やっぱり叙情的なソロで、気持ち良いことこの上ないです。私の低音の少し貧弱なステレオ装置でも、充分ベースのソロが楽しめます。

ヘッドホンで聞いても最高です。低音が少し弱いAKG-K701でも、高音が少し曇り気味(?)のゼンハイザーのHD650で聴いても、超満足です。最近睡眠時はヘッドホンで毎日聴いています。

ジャズに興味が無い方でも、楽しめるのではないでしょうか!

Amazon >>

HMV >>

タワレコ >>

これ「Steppin’ Out」の一曲目です。あまりジャズっぽくないけど、リリカルで良いでしょ?

 

気に入った方は是非下記、澤野レーベルの二枚とともにお買い求めください、ってまるで、
澤野工房の回し者みたいですが…

「DREAMSVILLE 」と「THE MOON AND THE BONFIRES 」(坂本龍一の曲も入ってますよ)の試聴サイトもリンクしておきます。

http://www.jazz-sawano.com/products_436-0-1.html


天竺鼠

スタッフが連れてきたペット。

天竺鼠って中国語で言ってたので、モルモットのことだと思います。

飼い主の膝の上にちょこんと乗っておとなしくしています。

草をすごい速さでもぐもぐ食べて、超可愛いです。


フチ子さん、春節ヴァージョン

7-11のアイスラテを飲んで、フチ子さんを再びゲットしました。

3つ分、券をためたんだけど、なんと運悪く、3つとも同じでした。

中秋節ヴァージョンも欲しかったんだけど。仕方ない。同僚に2つ譲りました。

 

こんなにでかいんです。

「福」の春聯(チュンリエン)を逆さまに持っています。

うっかり間違っちゃったわけではなくて、前にも書いたことがあると思うけど、

「福が降りて来ますように」とか、そんなような意味かららしいです。

 

あと、ふたつ集めてコンプリートしたいけど、運ですからなかなか厳しいですね。

 


ウォーキング・デッド、って…

連休中に試しにアマゾンプライムで、人気のゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン1の1、2話を見ました。

うーん、面白いといえば面白いんだけど。

仕事に疲れて一人部屋に帰り、寝る前に見るにはどうなのかにゃ?こういうのって。

知らなかったけど、これって、シーズン7まであるんだってね。長いですね。

街中をノロノロ不自由そうに歩くゾンビを見てて、

数ヶ月前、胆嚢摘出手術をしたときのことを思い出した。

手術後、便もガスも出ないので、運動しなさいと言われて、無理やり病棟を一周させられたとき、

ちょうどゾンビみたいな気持ちになったよなあ。

本当に痛くて眩暈もひどくて普通に歩けないんだもんなあ。

一歩一歩あるくのが大変で、手すりにつかまってようやく歩いたんだよなー。

と、どうでも良いことを考えながら、夜中の12時前に、第3話を見てます。