UFOキャッチャー、昨日の戦利品

昨日は、真実子と二人で6アイテムゲット。
後ろの中くらいの大きさの3つ中2つは真実子がとったもの。

しかも真実子はわずかな金額で、すばやくゲット。
きっと、隠れて練習しているに違いない。
ふたりで使ったのは700元(約2529円)くらい。

今日、いつものように会社で皆に見せて、好きなの持っていってね、と言ったら
グデタマは不人気で最後まで残ってしまった。
うーん、なかなか若い女の子たちの好みはわからないものだ。

※先日の続き
なぜ、台湾のUFOキャッチャーの台の景品には差があるのか?
これはですね。個人が台に投資してるんです。
一台ごとに投資できるようで、自分で中身の景品を選んで入れます。
ショップのオーナーは、自分の店の台を貸し出し、管理するわけです。

投資者は簡単に月数千元で投資でき、うまく行けば月に数万元の利益が出るというわけです。でも、景品をショップが管理してないので、きっと横着とかケチな投資者がいるんだと思いますが、景品として、ペットボトルの飲料水やコーラ、また普通の箱ティッシュペーパーを入れたりしてます。そこまでひどくなくても、メンテが悪く景品が殆ど残ってにない台とかがあるんです。もちろん魅力的な景品の入った台もあります。同じ店の中に、あまりにも景品の差があるのは、良くないですよね。プレイする私達の側としては、ティッシュなんか取れても全然うれしくないし、もちろん殆ど景品の入ってない台も敬遠します。きっとそんな台の投資者は全く儲からなくて、すぐに撤退すると思います。

先日は、小学生と思われる子供が台を管理してるのを見かけました。自分で鍵を開け、景品をセッティングしてました。きっと親と一緒に投資してるんでしょう。全くなあ、子供なんだから金儲けじゃなくて遊べよ、と思いましたが。

すぐに目先の小さな利益に飛びつくし、楽な副業が大好きな台湾の人達ですから、こういうシステムが流行って、昨年からUFOキャッチャーが増えているようです。まさか日本にはこういうシステムないですよね。

まあ、日本と違ってワンプレイ10元(約36円)ですから、そんなに高い景品を入れられないし、台を景品を取りにくくの設定する、のはわかりますが、まずは景品に魅力ないと、UFOキャッチャーがすぐに廃れちゃうんじゃないか心配ですよ。投資者の人たちも、ケチらずに良い景品を入れて頑張ってお金儲けして欲しいですね。私みたいな毎週通ってる良い客がたくさんいるんですから(笑)。

参考
台北のコンサルタント事務所「ワイズ」記事、他
クレーンゲーム機投資ブーム


UFOキャッチャー、先週末の成果

使ったお金は、1000元(約3622円)くらい。
後ろの大きなクッションが取れたときは自分でもびっくり。
かなり達成感がありました。素晴らしい!

台北のUFOキャッチャーは、同じ店でも台(機械)によって、景品にかなり差があります。こんなの、誰も欲しがるわけ無いじゃん、といったものから、ほとんどメンテナンスしてなく、景品が1〜2個しか入ってないものなどもあります。これは何故かと言うと、わけがあるのです。

そのわけは、また次回…


台北の美容院「DV+hair」

以前は髪のカットは河内(カリスマ)店長の「パピリオ」に行ってたのですが、最近は「DV+hair」という美容院でカットして貰ってます。日本人はいません。美容師さんもスタッフも全員台湾人の美容院です。

「パピリオ」にも行きたいのですが、予約が要るんですよ(普通そうですよね)。それに河内店長は人気のカリスマ美容師(!?)なので、今からすぐ予約って難しいのです。

「DV+hair」も予約が必要なのですが、美容師の人数がおおいせいか、週末でもたいてい、すぐに予約が取れるので便利なんです。私の場合、「あー髪切りたい、今すぐ〜」って事が多いので、助かります。

というわけで「DV+hair」ですが、おしゃれな美容院で、若いお客さんが多いのです。私はジジイですが気にしないようにしています。

ところで美容院って、カットしてもらいながら、美容師さんと結構どうでも良い話をするじゃないですか? 私はあまり得意じゃないんですよね。中国語が下手だからというのも有るんですけどね。「台湾に来てどれくらい?」「奥さんも日本人?」「日本へはちょくちょく帰るの?」「休みの日は何してるの?」とかいろいろ聞かれるのは構わないけど、私は話下手なので、聞かれたことだけに答えちゃうので、話が弾みません。発展性がないっていうか、美容師さんからの一方的なインタビュー状態になりがちです。それをまた「はー、なんか悪いかなー、もっと頑張って話をしなけりゃいけないかな〜」とか考えたりするんですよね。それで疲れるんです。考えすぎなのはわかってますけど、カットが終わる頃には「あ〜やっと終わった!」ってなっちゃうんです。

その点、この「DV+hair」の私がいつも指名するカッコイイ美容師さんのTIMは、もうそんな私に慣れてくれて、ほとんど会話無しで、カットしてくれて大変助かります。「ちょっと伸びたね。いつもとおんなじくらいで良い?」「うん、お願いね」で会話終わりです。楽ちん。

台北にお住まいの方、「パピリオ」で河内店長の予約取れないときは、「DV+hair」に行ってみてください。TIMさん、カットが大変上手だと思いますよ。

「DV+hair」(http://www.dvhair.tw/)
台北市大安區羅斯福路三段 301號2樓(旗艦店)

美容師のTIMと私。

どうですか?ってこんな写真じゃ、わかんないですよね。

カットのあと、1Fのスタバで読書。このあたりは大学がいくつかあるんだけど、
週末は割と空いている。きっと平日のほうが学生たちで混むのだろう。

隣のペットショップのワンちゃん。
「こち亀」のレモンちゃんの飼ってるワンちゃんに似てますね。

※以前のパピリオの記事

台北でどこにいけば、カリスマ美容師にカットしてもらえるの?


台湾ではタピオカミルクティーをストローで飲めなくなるのか?(さあ知らないよ〜)

台湾ではプラスチック製ストローの使用を禁じる規制案が出たそうですよ。
規制案では、来年7月から ファストフード店やショッピングセンターなどで、
店内用に使い捨てのプラスチック製ストローを出すことが禁じられる。そうです。

まだ決まったわけではないのですが、世界的にもプラスチックのストロー規制に対する
関心が高まってきていますからね。きっと近い将来プラスチックストローはなくなるのでしょう。
スタバも確かプラスチックのストローを廃止しちゃうんですよね。
いつからか知らないけど。

台湾では、タピオカミルクティーをどうやって飲めばよいんだよ? どうするんだ?
といった、論争が起きてます。(ってニュースに書いてあるけど、本当にこんな論争起きてるのかなあ?)

環境保護署の担当者が「スプーンで食べれば良い」と述べ、
蔡英文総統は 「そんな言い方は社会に受け入れられない。私だって、タピオカミルクティーをどうやって飲めば良いか知りたい」と発言したそうです。

私は好きなんですけど太っちゃうので、最近はタピオカミルクティー飲みませんけど、
ミルクティーをコップから直接飲んで、タピオカはスプーンで食べるなんて、
ちょっと、伝統のタピオカミルクティーと違った飲み物みたいで嫌ですよね。
あれって、タピオカをツルってストローで口の中に入れて食べるのが良いんですよね。

写真は、政府の規制案を(多分)受けて7-11で発売され始めた
ステンレスとシリコンのストローです。
両方、もちろん使い捨てではありません。
ストローを掃除するブラシも付いてます。

紙ストローは売ってないようですが、どうしてでしょうね。
えーと、よくわかんないですね。
中途半端な記事ですみま千元。