2016台北サマージャズフェスティバル

ということで、今年は観たいアーティストがたくさん台湾に来ますよ。

まずは、ボサノヴァのイリアーヌ・イリアス
私とほぼ同年齢ですが、まだまだCDジャケットはお色気路線です。
古めのCDからかなり持っててファンです。一番楽しみです。

サックス奏者のチャールズ・ロイド
最近、年をとってからのECMへの録音でファンになりました。

ベースのクリスチャン・マクブライドのトリオ

チャールズ・ロイドもクリスチャン・マクブライドも、通好みの印象があるんですが、
先週チケット予約したら、もう良い席はあまり残っていませんでした。
台湾は熱心なジャズファンが結構いるもんですね。
(CDは最近ますます入手しづらくなってますが)

3つの公演とも予約したのですが、果たして全部行けるかどうか?


最近読んだ本

ここ数ヶ月体調が悪いのと、少し鬱状態で集中力がなく読書もあまりしてませんでしたが、
なんとか頑張って3冊ほど読みました。
●「ツバキ文具店」は本当に読んでよかった。鬱で何に対してもモチベーションが下がっていたのですが、何か元気が出ました。それにしても良いカヴァーです。鎌倉が舞台なのですが、その文具店のイラストでしょう。ほとんどブルーのインクで描かれたイラスト、木が緑、左真ん中のポストが赤インクが使われているのがなんともグッときます。鎌倉に遊びに行きたくなりました。
●今時、代書屋の話なんですが、主人公の紙やインク、はたまた活字への知識やこだわりが良いです。私がいかにいい加減なこだわりのないデザイナーか思い知らされ、反省しています。挿入される手書きの手紙がまた良いんですよね。手紙を書きたくなりますね、万年筆とか付けペンとかで。

51Ag17TZLQL._SX336_BO1,204,203,200_

●「羊と鋼の森」はピアノ調律師の話。ピアノ曲を聴きたくなりました。
一途に何かに打ち込む人の話ってやはり心を動かされます。
自分がまだ若い、少しはピュアな精神を持った頃を思い出しました。
この本を読んでいる間は、普段あまり聞かない、ロマン派のピアノ曲を聴いたりしました。

51ELx3+e80L._AC_US160_

●正確にはこれは途中。中編が4本立てのうち3本まで読みました。これが確か4冊目の「杉村三郎」シリーズです。前作「ペテロの葬列」もすごく良かったのですが、サイドストーリーが衝撃的でしたね。あれって、このシリーズが始まった時からの計画だったんですかね。宮部みゆきさんって恐るべしですね。

51BgewKnhOL._AC_UL160_SR110,160_

 


最近買ったCD(60〜70年代のロック)

バロック音楽やルネッサンス音楽、ジャズも聴くのですが、古いロックも相変わらず聴いています。だって、ジジイだから。
一時帰国した時ディスクユニオンで中古で買ったり、HMVなどから取り寄せたCDです。

m0730mm

イーグルスは今更ですが、やっぱり Take it easy とか聴いてると一緒に歌いたくなりますよね。(歌えないけど)。ドゥービーブラザースは最初の4曲が特にカッコ良いんですよね。ジョーコッカーも、レコードで持ってました。大げさな折りたたみジャケットがカッコよかったですね。数十年ぶりに聴きました。ジョーコッカーの歌って、ちょっと疲れますね。レコード一面ずつくらいが丁度良いです。1時間聴くと、なんかおなかいっぱいな感じです。

あとは、昔よく聞かなかった追体験CD。
マークベノ「雑魚」。フィフスアベニューバンド。ボニーレイット「ギブイットアップ」。ティムハーディン、1、2。ティムバックリー。Jerry Jeff Walker「Driftin’ Way of Life」

今の所、一番楽しんでいるのは、マークベノ、次がフィフスアベニューバンド。ティムハーディンは1枚目と2枚間全く違う人みたい。2が好みです。マークベノは確かレオンラッセルと一緒のアルバムも出していたのでは。そっちは少し聴いたことある。ふんふん、マークベノ良いなあ。
寂しげなジャケットも秀逸ですね。70年のアルバムだそうです。


胆嚢摘出手術

●ここ2ヶ月くらい体調が悪く、会社も頻繁に半日出勤にさせて貰っていたのだけど
それに加えて、今度は胆石の痛み。というわけで胆嚢摘出手術を受けた。3泊4日の入院でした。
●これが簡単な手術かと思い、気楽に構えていたけど、結構こたえた。
まず、術後、結構痛い。体の向きを変えるだけで激痛が走る。
●あとは、私の場合、手術後なかなかガスも大便も出なかったので
食事ができず点滴だけの時間が長かった。なので動かないととダメと言われ、
食事なしで丸一日寝ていたのに、病院の中を歩かされ、眩暈やらでぐったり。
胆嚢摘出がこんな大変だとは思わなかった。
●しかも、個室を予約していたのに、話が通じていなくて最初は3人部屋、
次の日に2人部屋。ようやく3日目に個室に変えてもらえました。
●取り出した胆石は直径1cmくらい、それほど大きくないし、二つくらいだったけど、
触手のようなものが何本かあり、見た目より大きく、痛みも大きかったのだろうということ。
●胆嚢摘出の手術をした人は、みなさん取り出した胆石を貰えるようですね。(記念のお土産!)
私ももらって記念に保管しています。こいつがあの激痛の犯人だったのか、って見て一目でわかるのって、なんか良いですよね。

●もう術後10日くらい経つので、普通にしてると痛みもほとんどないけど、まだお腹が張っています。お腹に開けた3カ所の穴はまだ傷跡が生々しく触ると痛い。退院後すぐは疲れとか軽いめまいとかで、辛かったけどもうほぼ復調した感じです。

●仕事が忙しいなか、またまたスタッフの皆に迷惑をかけ、申し訳ないです。

 


胆石!胆石!

胆石ができちゃって、すっごく痛かったですよ。

痛みは胃のあたりだったので、胃潰瘍かなと思ったんですが、石でした!

明日、胆嚢除去の手術します。胆嚢って無くても良いんですって。(有ったほうが良いんだろうけど…知らなかった〜)
今週いっぱい入院です、皆様ご迷惑おかけしますが、
よろしくお願いします。