月別アーカイブ: 2008年11月

月曜の夜、

仕事の資料を探しに光華商場へ行って来た。
ついでにこんなモノを買ってしまった。
k081118a.jpg
ロジテックのPC用のスピーカー(700元)。
値段の割に、結構良い音するです。
k081118b.jpg
と延長コード(85元)。
ワタシのMACからにょろにょろと床を這う3.5mの延長コード。
ちょっと、みっともない? かなり?
k081118c.jpg
↑床に転がってるbluetoothの受信機。うー。
もともと、延長コードがみっともないので、
これを使うつもりだったのに、バカなので設定できない…
いろいろ相談にのってもらったのに… yamaguchiさん、fukabeeさん、すみませんえん。
bluetoothは、そのうち暇をみてまた挑戦します。
miyake
ついに血液型判明→予想通りA型

実は

結石の検査をしてもらうため、
土曜日の午前中、近所の総合病院の泌尿器科へ行って来た。
診察室へ入ると、先生に「おー」と声をかけられる。
すっかり顔を覚えられてしまっている。
途中で入って来た、別の先生にも「あー、HAI」と挨拶される。
病院に顔見知りがいっぱいいる。
なんか良いような情けないような…
miyake

残業して、

今野敏の警察小説「隠蔽捜査」を読み終えたところ。
(全然、残業じゃないけど)
あまりにも面白くてやめられなかった。
読み始めるともう仕事なんかできなくなる。
警察小説といえば、横山秀夫だって? 
おいおい誰だよそれっ、ハッハッハ!!
(すまん、横山秀夫ももちろん面白いよ)
「隠蔽捜査」の続編があるってか、まだ文庫になってないのか、そうか。
仕方ない、高くても買うぞ。
よし明日は紀伊國屋書店だな、あるかな。
海外での生活で一番泣きたくなるのって、
今すぐ読みたい本が、今すぐ手に入らないときだよな。(←それは違うぞ)
miyake

今日打ち合わせの帰り、

横断歩道を渡っていて、ふと自分の足もとを見て気づいた。
無意識のうちに、横断歩道の白い部分だけを踏んで歩いている。
靴がはみ出さないように、慎重に。
げっ、なにこれ、こういうのって小学生のすることじゃないのか?
大人のすることではない。
50歳前のじじいの行動としては、かなりヘンだ。きっと。
ヘンだ、と思って反射的に今度は灰色の、白く塗られていない部分を歩き始めた。
いや、これもおかしいんだよ。
白い所だけ歩くのと同じだよ。
うっ、どうすれば?
一瞬足が動かなくなった。
そうだ、今度は両足とも、白と灰色の境目を踏んで歩く。
おい、何をやっているんだ、これもだめだって。
意識するからいけないんだ。
だったら道路を見ずに歩けばよいのか?
少し上を向いて目線を上にして歩く。
ん、これもヘンだって。
なんで、こんなに横断歩道の白と灰色を意識して歩かなきゃいけないんだ。
子供の頃、そんなことしてたかどうかは覚えていない。
きっとしていたのだろう。
白は正義、グレーは悪。
あるいは、白い箇所が陸でグレーが海。
白い所を踏み外したら、水の中に落ちてしまうとか?
しかし、なんで急にこんなことしてしまうんだろう、困った。
ひょっとして、無意識のうちにいつもそうやって歩いているけど、
自分で気づいていないだけなのか?
これから横断歩道を歩くたびに、なんだか悩んでしまいそうだ。
ひょっとして皆さんも(大人なのに)こういうこと、してますか?
無意識に、歩道と車道の境目の白い線の上を歩いてしまう、とか?
チェックの絨毯が敷いてあると、つい色の濃い部分だけを踏んで歩く、とか?
どうでしょう、教えて下さい。
miyake

さっきから

事務所の中で、ぴょんぴょん跳ねている。
水もいっぱい飲んでいる。
結石に効果あるんだろうか?
日頃極端な運動不足なので、心臓が苦しくなって来た。
あ〜
miyake

まだ、

少しだけ痛いけど、大丈夫。
多分。
病院は嫌いだし。
水はかなりの量を飲んだし、
もう大丈夫、ということにしよう。
その後、ミミカレンダー制作はは全然すすんでいない。
miyake