月別アーカイブ: 2008年3月

ダバダバ

昨日の続き…
ヴォーカリーズという言葉で思いだしたが、
「スウィングル・シンガーズ」のダバダバスキャットも、
ヴォーカリーズと言って良いのだろうか?
このコーラスグループは、ランバート、ヘンドリックス&ロスと
同じように、元々歌のない器楽曲をコーラスで歌うのだ。
違うのは、それに意味のある歌詞を付けるわけでなく、
もっぱらダバダバ、ララー、バラーバラー、
みたいなスキャットだということ。
このグループは男性女性各4人の混声。
レパートリーの多くが、クラシック音楽だとおもう。
バッハアルバムやモーツアルトアルバムの録音も見たことがある。
うーん、書いていて、猛烈に欲しくなった。
今週は無理なので、来週末探してみよう。
私が唯一持っているのは、「Gettinng Romantic」というCDで、
ショパン、ベートーベン、シューマン、シューベルトなどの
器楽曲をスキャットで歌ったものだ。
私は、ロマン派の曲はほとんど聴かないのだが、
知っている曲がたくさん入っている。
聴いた事のない曲も、
きっと有名な曲なのだろう。
ショパンの練習曲にワルツ、メンデルスゾーンの無言歌「紡ぎ歌」、
ベートーベンのヴァイオリンとピアノのソナタ5番(スプリングソナタ)など
どれも原曲と切り離して聴いても、ハーモニーの美しさにうっとりしてしまう。
どの曲も、伴奏はドラムとベースのみ、曲によっては、非常に控えめにが伴奏だが、
ショパンのワルツや、ベートーベンのスプリングソナタなどは、
ドラムとベースが若干前面に出てきて、
ジャズ風にスイングして気持ちよい。
聴いた事あるけど何の曲だっけ、ジャズの曲だったかな、と
一瞬思ってしまうほど、全く違和感のないアレンジだ。
私にとっては、夜中に聴く超癒し系のCDなのだ。
ショパンの練習曲10-6など、じーんとくる。たまらない。
CDジャケットも最高。実はジャケットがあまりに素敵なので、
衝動買いしたCDだ。
これも、もしレコードを持っていたら、
絶対に壁に飾りたい。
k080312c.jpg
青空も階段も良い。何といっても女性メンバーのファッション、ヘアスタイル、
ぐっとくるなあ。レイアウトもたいへんしゃれている。
1967年の録音、知らなかったがフランスのグループだそうだ。
オリジナルのグループは1963年に結成され、1973年に解散。
後に、イギリス人の(ニュー)スウィングル・シンガーズという
グループが結成された、ということだ。
今、この日記を書きながら、「Gettinng Romantic」を
聴いていたら、やっぱり癒される。
日記を書いているのを忘れて、
ぼーとして、3回続けて聴いてしまった。
もう、こんな時間だ、寝なくては..。
やっぱり、他のCDも買わなければ…とおもう。
バッハアルバムから買うか、MJQとの共演盤か、
うーん、これも懸案事項。

アニー・ロスのこと

昨日の続き
アニー・ロスの代表作は、「アニー・ロスは歌う」
ということらしいが、私は持っていない。
このあいだ、いきつけのCDショップで日本からの輸入盤を
見つけたので、数日後行ってみたら、もう売り切れ。
やっぱり欲しい物は即買わないといけない。
日本に帰った時に買うか?アマゾンで取り寄せるか?
懸案事項である。
って言うか、懸案事項が多過ぎて困っている。
下がその「アニー・ロスは歌う」のCDジャケット。
k080312aa.jpg
昨日の記事で書いた「ア・ギャザー」は1959年の録音。
これも代表作のひとつらしい。
曲は、リチャード・ロジャースやガーシュイン、デューク・エリントン
などのスタンダードナンバー。
リチャード・ロジャースは「南太平洋」「サウンド・オブ・ミュージック」などのミュージカル曲で有名な作曲家。
良い曲ばかりだし、フューチャーされているのが、
テナーサックスのズート・シムズで、これがかっこいいのだ。
しゃれた歌い口で、しっとりしたナンバーも良いが、
早口で歌いまくるスイング・ナンバーも楽しい。
最近、毎日聴いているお気に入りのCDだ。
アニー・ロスは「ランバート、ヘンドリックス&ロス」というボーカルグループでの活動も有名で、というか、こちらの方が知っている人が多いかもしれない。
私も「ランバート、ヘンドリックス&ロス」のレコードは若い頃聴いていたが、
アニー・ロスのソロは最近まで聴いた事がなかった。
「ランバート、ヘンドリックス&ロス」と言うのは男性二人、女性一人(ロス)のコーラスグループで、マンハッタン・トランスファーを始めとするジャズ・コーラスグループに多大な影響を与えた、ということである。初めて聴いた人は、きっとマンハッタン・トランスファーみたい、と感じることだろう。実は私もそうだった。当然逆なのだが…。
当時としては画期的な試みで、ジャズの器楽曲に、歌詞を付けて(時には楽器のアドリブの部分にまで)三人で歌うスタイルで人気を博した(らしい)。
こういう元々歌の無い曲に歌詞を付けて歌う事を「ヴォーカリーズ」というらしい。
さっき調べたら、このグループでのレコードは1957年から1961年までで、7枚。
アニー・ロスのソロアルバムは、1952年から、な、な何と2005年までで16枚。
1930年生まれで現役で頑張っているらしい。
CDの解説には、2007年ジャズフェスティバルで初来日予定と書いてあるが、体調不良でキャンセルになったというニュースを聞いた気がする。(あいまいな記憶なので間違いかも…)。
さっきアルバム枚数等を知りたくて、英語のアニー・ロスのホームページを見たのだが、ああ、見なければよかった。あああ。ああああああああああ。
k080312a.jpg
左の写真は「Sing A Song of Basie」」のジャケット。
これも超かっこいいデザイン。レコードがあったら壁にかざりたい。
内容は文字通り、カウント・ベイシーオーケストラのナンバーを収めたもの。
右は「ランバート、ヘンドリックス&ロス」の
「Lambert, Hendricks and Ross Sing Ellington」
「The Hottest Group in Jazz 」
「High Flying 」
の3枚のレコードを2枚組のCDに納めたお買い得盤。
k080312b.jpg
これは、スリーブの写真。
「サマータイム」「チュニジアの夜」「キャラバン」、
ジャズメッセンジャーズでヒットした「モーニン」「ディス・ヒア」
ホレス・シルバー・クインテットの「Come On Home」(めちゃかっこいい!!)
など。
原曲を知っていれば、きっともっと楽しめるのかも知れないが、デユーク・エリントンやカウント・ベイシーをほとんど聴いたことがない私でも楽しく聴ける。
ヴォーカリーズという言葉で思いだしたが…
明日に続く。

CDジャケット—1

CDがLPレコードに取って代わるようになったのはもう20年くらい前だろうか。もう少し後だったか、はっきりしない。私が20代後半の頃だったとおもう。その頃はジャズのレコードは、数える程しか持っていなかった。ほとんどがロック、英国、アイルランドのフォーク、アメリカのカントリーブルースだった。
都内の輸入レコードや中古レコード専門店を、しらみつぶしに歩き回って手に入れた物も何枚かある。
また、廃盤になっていて、どうしても欲しいレコードを中古で5000円出して買った事もある。それは確か「サードイヤーバンド」の「錬金術」というレコードで、明大前のモダンミュージックというマニアックなレコード屋で買った。
数年後、CDが出回り始めて、そのレコードもCDで2000円程で新品が売られていて、なんだか口惜しい思いをしたのを覚えている。
何が言いたいかというと、私はじじいなのでCDよりやっぱりレコードが好きだ、と言う話だ。
何度かの引っ越しと、最後は台湾への引っ越し(移住?)で全てのレコードを手放した時は、大変寂しい思いをしたが、何しろ場所をとるので仕方がない。
でも最近時々古いジャズのCDジャケットを眺めていて、「これレコードだったらもっと迫力あるし、絶対良いよなあ」と思う事がよくある。
例えば、こういうジャケットのCDだ。
k080311a.jpg
最近買った中で、一番好きなのは真ん中、アニー・ロスの「A GASSER」。
k080311b.jpg
この色使い、レイアウト、そして何よりこアニー・ロスの纏ったブルーの三角服。
個人的には、今持ってるCDの中でおそらく最高点。
いや、写真右の、ジョージ・シアリング&ナンシー・ウィルソンも好きだけど、うーん、どっちだろう。
遅くなったので、明日に続く…

青春の…

k080304a.jpg
青春時代の肌を取り戻したくありませんか?
「紅楼夢」…
って、言われても
誰もあんたのところじゃ、取り戻したくないと思うよ
黒眼圏とか、魚尾紋って、なに?

カリスマ美容師シリーズ—後編

台北の美容院パピリオの河内店長、
ひと呼んで、台北のカリスマ美容師。

(大阪出身、禁煙2年目に突入!)
後編です。
今日は、しょこたんに負けるもんかと、
下書き無しで挑戦!!
(↑っていうか、しょこたんに挑戦するな〜 > ワタシ)
というわけで、かなり乱れ気味の絵ですが、
まあ、こういうこともありますわん。
(↑いつもと、たいして変わらんぞ > ワタシ)
惜しくも前編を見逃した方>>
 
manga080303.gif
ほんと、ヘタクソ!!
わ〜わ〜!!
★三宅健司(48才-猪年、A型、175cm、65kg 得意なこと >> 朝寝坊
 最近凝っていること >> 徹夜ダイエット、尊敬する人 >> しょこたん)