ダバダバ

昨日の続き…
ヴォーカリーズという言葉で思いだしたが、
「スウィングル・シンガーズ」のダバダバスキャットも、
ヴォーカリーズと言って良いのだろうか?
このコーラスグループは、ランバート、ヘンドリックス&ロスと
同じように、元々歌のない器楽曲をコーラスで歌うのだ。
違うのは、それに意味のある歌詞を付けるわけでなく、
もっぱらダバダバ、ララー、バラーバラー、
みたいなスキャットだということ。
このグループは男性女性各4人の混声。
レパートリーの多くが、クラシック音楽だとおもう。
バッハアルバムやモーツアルトアルバムの録音も見たことがある。
うーん、書いていて、猛烈に欲しくなった。
今週は無理なので、来週末探してみよう。
私が唯一持っているのは、「Gettinng Romantic」というCDで、
ショパン、ベートーベン、シューマン、シューベルトなどの
器楽曲をスキャットで歌ったものだ。
私は、ロマン派の曲はほとんど聴かないのだが、
知っている曲がたくさん入っている。
聴いた事のない曲も、
きっと有名な曲なのだろう。
ショパンの練習曲にワルツ、メンデルスゾーンの無言歌「紡ぎ歌」、
ベートーベンのヴァイオリンとピアノのソナタ5番(スプリングソナタ)など
どれも原曲と切り離して聴いても、ハーモニーの美しさにうっとりしてしまう。
どの曲も、伴奏はドラムとベースのみ、曲によっては、非常に控えめにが伴奏だが、
ショパンのワルツや、ベートーベンのスプリングソナタなどは、
ドラムとベースが若干前面に出てきて、
ジャズ風にスイングして気持ちよい。
聴いた事あるけど何の曲だっけ、ジャズの曲だったかな、と
一瞬思ってしまうほど、全く違和感のないアレンジだ。
私にとっては、夜中に聴く超癒し系のCDなのだ。
ショパンの練習曲10-6など、じーんとくる。たまらない。
CDジャケットも最高。実はジャケットがあまりに素敵なので、
衝動買いしたCDだ。
これも、もしレコードを持っていたら、
絶対に壁に飾りたい。
k080312c.jpg
青空も階段も良い。何といっても女性メンバーのファッション、ヘアスタイル、
ぐっとくるなあ。レイアウトもたいへんしゃれている。
1967年の録音、知らなかったがフランスのグループだそうだ。
オリジナルのグループは1963年に結成され、1973年に解散。
後に、イギリス人の(ニュー)スウィングル・シンガーズという
グループが結成された、ということだ。
今、この日記を書きながら、「Gettinng Romantic」を
聴いていたら、やっぱり癒される。
日記を書いているのを忘れて、
ぼーとして、3回続けて聴いてしまった。
もう、こんな時間だ、寝なくては..。
やっぱり、他のCDも買わなければ…とおもう。
バッハアルバムから買うか、MJQとの共演盤か、
うーん、これも懸案事項。

5 thoughts on “ダバダバ

  1. swingle singersのコーラス、良さそうですね。オリジナルがクラシックというのが素敵。これって、アマゾンとかじゃないと売っていないかしら?
    日本でもSing like Talkingというポップグループがドラム(とベース)だけでコーラスをしています。スキャットではなくアカペラですが、これもいいですよー。

  2. Swingle Singersいいですねー。クラシックのスキャットだと爽やかでいいかもですね。
    三宅さんはこういうCDをどこで買われていますか?やっぱりアマゾンみたいなところがいいのかしら?

  3. Swingle Singers良いですよ。
    疲れた頭と身体に、まるで爽やかな清涼飲料水のようです。しかも、カロリーゼロ、天然レモン果汁入り、みたいな…
    CDはたいてい近所のCDショップで買います。実は通販はほとんど利用していません。ランバート、ヘンドリックス、ロスもSwingle Singersも日本盤があるようです。試聴できるサイトもあったと思います。
    みなさん騙されたと思って、一度聴いてみて下さい。たまには騙されるのも良いものですよ(意味不明)…

  4. 三宅社長さん
    お久しぶりです、生きてます。
    この青空のCD、猛烈に欲しいです、探します!
    ショパンのエチュードがスキャットって、それって、、興味深々です。
    また来ます~どろん。

  5. サトコさん
    お久しぶりです。
    ショパンのエチュードのスキャット、良いですよ。しびれますよ(←死語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。