月別アーカイブ: 2008年2月

「ガーシュイン・ソング・ブック」

先日のブログで
ビュッフェの名前を出しましたが、
偶然最近買ったCDに、
ビュッフェの絵が使われていました。
CDは、ジャズの女性歌手エラ・フィッツジェラルドの
「ガーシュイン・ソング・ブック」
下の写真は、ジャケットの内側です。
k080218a.jpg
同じエラ・フィッツジェラルドの「コールポーター・ソングブック」は、
レコード時代からの愛聴盤ですが、
「ガーシュイン・ソング・ブック」はCDで4枚組、少し高いのもあって、
そのうち、と後回しにしていましたが、
私ももう若くないので、「欲しいけど後回し」という
のは、なるべく止めようと思い、買いました。
ってCDを買うくらいで、おおげさですが、
それでも、本や音楽、映画などは、
無理をしてでもその時、聴いたり、観たりしないと
「後で」、とか、「そのうち暇になったら」とか
いってると、永遠に出会う機会がなくなるかも
しれません。
もし、たくさんのジャズや、クラシックギター、
バロック音楽などの演奏に触れなかったら、
また、たくさんのミステリーやハードボイルドを読まなかったら、
私の人生は、今よりももっと、面白みの無いものだった
かもしれません。
ということで話が随分とそれましたが、
やはり、
エラ・フィッツジェラルドの
「ガーシュイン・ソング・ブック」、
「コールポーター・ソング・ブック」、
ジャズに興味あろうが、無かろうが、
一家に一枚の常備CDだと思います。
「ガーシュイン・ソング・ブック」はネルソン・リドルの
オーケストラ伴奏です。フランク・シナトラの伴奏でも
有名ですね。
写真左上は、この「ガーシュイン・ソング・ブック」
が録音される以前に、エラがピアノ伴奏だけで
歌った、やはりガーシュインの名曲12曲プラス、
その他のスタンダード12曲いりのCD。
こちらもオーケストラ伴奏とは雰囲気がまた違って、
しっとりとしたガーシュインの名曲が楽しめます。
三宅健司

工事のおじさん

妙に元気無さげな、工事のおじさんを発見。

k080212a.jpg
元気なさそうに見えるのは、体型のせいのようだ。
胴回りが異常に細い。毎日の過酷な労働で、痩せ細ってしまったのか?
一見、古い型の便器を洗っているようにも見える。
帽子は三角帽。

そういえば、以前に同じ様な写真を撮ったのを思い出し探してみた。
原型は同じようだが、体型が違う。

k080213.jpg
便器を掃除しているように見えるのは、こちらも同じ。
上の痩せたおじさんも、以前は普通の体型だった事がわかる。

k080212b.jpg
別の場所の工事のおじさん。
少し元気そうだ。
現代的なヘルメット着用。

k080212c.jpg
アップ写真、スコップの先に、
石だか砂だか、細かいものが…
よく見ると半袖のようだ。
顔つきや、体型から、まだ若いと判断できる。

k080212d.jpg
工事のおじさん、20人立ち。なかなか迫力ある。

★三宅健司★

k080211aa.jpg
2月10日、日曜日。
明け方まで仕事する。
昼前に起きて、何を食べようか近所をうろうろしてて、
スターバックスを見つける。
台湾のスターバックスは
席と席の間が詰まっていて、
グループのうるさい客が多い。
と、勝手に思い込んでるので
ほとんど入らない。
実際はどうだか良く知らないが、
以前入った店がそうだった。
この店は広くて
落ち着けそうなので
入ってみる。
ウインドケースの
サンドイッチを見てたら、
店員に、ミックスサンドがおいしいよ、
といわれたので、
チキンサンドにした。
温めるか?と聞かれ
いや、いい、と即答したが、
5秒後に、やっぱり温めてと答える。
カフェラテを注文し、
大きさを聞かれたので
中と答えると、“大”もこの大きさで
10元違いですよ、
と言われ、大にする。
世界中のスターバックスで、
同じ様な対応マニュアルがあるのだろうか。

k080211bb.jpg
お正月だからだろうか、人が少なくて良い。

k080211cc.jpg
珍しくクラシックの雑誌が置いてあった。

k080211dd.jpg
まるで、ベルナール・ビュッフェの絵のようだ。
台湾とは思えない寒さ。
といっても、多分15度前後なんだろう。

散歩したです。

土曜日はようやく雨がやんだので、
運動がてら、歩いて信義区の誠品書店までCDを買いに行った。
k080211a.jpg
途中、中山公園で、石の歩道を歩く。

k080211b.jpg
まだ端から端まで歩けた事が無い。
5mくらい歩くと気持ちよいのだが、だんだん痛くなる。
だいたい20mくらいで止めてしまう。

k080211c.jpg
公園の近所で見かけたビルの入り口。
クリスマスツリーに、正月の明かり飾り、
ガラスには、春聯(ちゅんりえん)。
台湾ではこういうのアリです。
でもなんだか、ムズ痒いような…
すっきりしないような…

クラーク博士

k080208a.jpg
今日の晩ご飯。
会社の台所を漁って、日本のレトルトパックのカレーを発見!
これって、パッケージの参考サンプルに買ったものでは??
まあ、パッケージだけ保存しておけば良いわけだし、
というわけで、いただき!!

「クラーク博士に学んだカレー」

なかなかクラーク博士な味じゃないか、
おいしいぞ。

★三宅健司★