作成者別アーカイブ: miyake

ジャズファンにおすすめ、お茶の水、ホテル昇龍館

このあいだ、一時帰国したので、お茶の水の「ホテル昇龍館」に泊まりました。最近はたいていここに泊まることにしています。

音楽好き、特にジャズ好きの人には超良いホテルですよ。何が良いかといいますと、なんと1Fにジャズ喫茶があるのです。「オリンパス」という喫茶店です、ホテル側からも入れますし、外からの入り口もありますので、宿泊客でなくても大丈夫ですよ。このオリンパスというのはですねえ、オーディオファンすぐわかるらしいのですが、JBLの銘器「Olympus」(スピーカです)からとっているのです。ちょっと横長のでかいスピーカです。ランチタイムは近所のサラリーマンやOLの方々も来るのでさすがに低いボリュームでかけてますが、夕方や夜は結構大きな音でかけているんですよ。気持ち良いんですよ。自宅で絶対こんな音では聞けないし大迫力でジャズを聴く気持ちよさを味わえますよ。

http://jazz-olympus.com/service.html(オリンパスのページ)

http://jbl.harman-japan.co.jp/soundofjbl/shop/olympus/(JBLのオリンパス紹介ページ)

先日は、ランチタイムしか行けなかったのですが、前回泊まった時は夜もジャズを楽しみました。ちょうど、ブルーノートのデクスター・ゴードン(テナーサックス)がかかっていたのです。ブルーノートの50〜60年台のCDって(好きなんですけど)、ベース音が少し小さい気がするのですが、どうなんでしょう?私のオーディオが貧弱だからっていうのもありますが。で、オリンパスで聴くデクスター・ゴードン、まるでベーシストのリードアルバムなのっていうくらい、ベースがぐんぐん迫ってきて、こんな情報量がこのレコードには詰まっているのかと(この店はすべてレコードです)驚いたのです。

ジャズファンはぜひ行ってみてください。

もう一つこの昇龍館が嬉しいのは、「ディスクユニオン JazzTOKYO」が歩いて5分位のところにあるってことです。ここの中古レコード、中古CDの品揃えって、日本一でしょうねえ。何時間でも見てて飽きませんねえ。レコードは特に見てて楽しいですからね。ついでにお茶の水駅前にはディスクユニオン お茶の水駅前店もありますよ。ここもジャズもあるんですが、ロック全般に強いですね。ビートルズ関係もよく揃ってます。

昇龍館ホテルのよいところ、あとは地下に大浴場付き、しかもその隣の休憩室には漫画がどっさり、部屋に持って帰ってゆっくり読めます。

ライブハウス「コットンクラブ」も近いし、東京ドームも歩いていけるし(これはジャズと関係ないな)、あとねえ、安いんですよ。というわけで、回し者じゃないですけど、いろいろ嬉しいホテルです。

昼は「ディスクユニオン JazzTOKYO」でレコードやCDを漁って、夕方から夜にかけて、ジャズ喫茶「オリンパス」で興奮して、その後は大浴場につかって、部屋に帰って、近くのローソンで買ったおむすびを食べながら、漫画を読みながら寝るって、最高な休日ですね。(?)

https://www.familyhotel.jp/(ホテル昇龍館)

 

古本屋街がすぐ近くなのも、嬉しいです。

澤野工房物語

澤野工房の澤野由明さんの本が出ました。面白くて、一気に読みました。どうして大阪の履物屋がレコードやCDを出しているのか?誰も知らないようなヨーロッパのアーティスト、しかも非常に質の高いピアノトリオが揃ったアルバムを制作できるのか?そんな疑問に答えてくれるジャズファンにはたまらなく面白い本です。

私は、時々日記に書いてるように、澤野工房のアルバムのファンなので、ミュージシャンの話も大変面白く読みました。私がどれくらいファンかと言うと、↓これくらいです。

 

見つかっただけでこれだけありました。多分、もう数枚はあると思います。澤野工房のCDって、ジャケットがアクリスケースではなく、デジパックなのも嬉しいんですよね。LPで欲しくなるようなジャケットも多いですね。

台湾でも誠品書店で売っているのですが、最近はあまり新しいものが入荷されないので、日本からHMVやアマゾンで買っています。(今も数枚注文しています。)台湾でももっと売って欲しいですね。

まずは、アトリエ澤野シリーズ(ASシリーズ)の聴きやすいピアノトリオから、始めましょう。って言ってもたくさんありますからね、いろいろ試聴してくだされ。

https://www.jazz-sawano.com/collections/as-series

ポール・マッカートニー@東京ドーム 2018

仕事は忙しいんだけど、二日ほど休みをもらって、ポール・マッカートニーの東京ドームライブに行ってきました。もう何度も来日してるみたいですが、ひょっとして今度が最後かもしれないと思うと、どうしても見ておきたくなって、ちょっと無理をして出かけてきました。数年前までは行きたくても経済的余裕も時間もなかったので、という理由もありますが。

私が自分のお金で買った最初のLPレコードがビートルズの「アビーロード」です。小学6年生の時でした。音楽に関してはちょっと、ませていたようです。まだラジオなどでは「レットイットビー」が時折かかってた頃です。1971年頃だと思います。毎日のように「アビーロード」を聴いていました。ビートルズ熱は中学2年くらいの頃まで続きました。友達と遊ぶより、早くうちに帰ってレコードを聴きたい、と思うようなちょっとオタクっぽい子供でした。

えーと、ポール・マッカートニーのライブですけど、東京ドームなんて、所詮音楽を聞く場所ではないのはわかっていましたが、音悪いですね。まあ、仕方ないんでしょうね。ロックのコンサートに出かけるのは数十年ぶりなのです。私はS席にもかかわらず、かなり遠い1Fのベンチ席でした。アリーナ席の人たちは最初から立って、観覧してたようです。私には2時間以上立ちっぱなしでコンサートを観るなんて耐えられないので、アリーナ席でなくてよかったのかもしれません。

若い人たちももちろん多かったのですが、今年76歳のポールのファンですから、当然同じくらいの方とか60歳代のひとたちも多くて、アリーナ席で立ちっぱなしで大丈夫だろうかといらぬ心配をしてしましました。

えーと、コンサートの内容も少し書きkます。一番個人的に聴きたかった「アビイロード」のB面のメドレー。えー、ゴールデンスランバーからのメドレーが聴けてよかったです。何しろ小学生の頃毎日聴くのが日課でしたから、今でもビートルズの一番好きなアルバムですからね、他にも「 レットイットビー」や「ヘイジュード」、「レディマドンナ」など、好きな曲がたくさん聴けて、多少音は悪くても、一生の思い出に残る2時間半でした。

ニューアルバムも聴いてますよ。良い出来だと思います。

Paul McCartney: Live from NYC
>>https://www.youtube.com/watch?v=1QGxFpSb6Sc&t=463s

私のリファレンスCD-4

クラシック編です。私はクラシックを聴くことは聴くのですが、かなり偏っていて、ルネッサンスの声楽からせいぜいモーツアルトくらいまでで、それ以降のロマン派の音楽のことは、よく知りません。クラシックギターに限っては、近代、現代の音楽も聴いたりします。

というわけで、オーディオリファレンスに使うのは、例えばこういうのです。

カウンターテナーのダニエル・テイラーによるヴィヴァルディの「スターバト・マーテル」です。
柔らかい弦楽をバックに、ノンビブラートの美しい歌声が響きます。こういうのが気持ちよく聴ければOKですね。
https://www.allmusic.com/album/stabat-mater-mw0001432648
2曲目から聞いて下さい。

ついでにダニエル・テイラーのもうちょっと、わかりやすい曲もリンクしておきます。
「アベマリア」ばかりを集めたアルバムです。これは多分最も有名な、シューベルトのアベマリア。

 

こちらは、やはりカウンターテナーのアンドレアス・ショル。バッハの「アルトのためのカンタータ集」から。右側の人は指揮者です。ショルはこんな怖い顔じゃなくて、ハンサムです。ちょっと最近太めだけど。

このアルバムも、弦楽が非常に柔らかいんです。古楽器演奏なのにロマンチックで、感動的なバッハです。

バロック・ヴァイオリンのレイチェル・ポッジャー もお気に入りです。これはバッハの協奏曲集。
チャンネルクラシックってレーベルは、録音もよいのでうれしいですね。

ルノー・カピュソン、台北コンサート

フランスのヴァイオリン奏者、ルノー・カピュソンのコンサートに行ってきました。カピュソンって名前だけは知ってるものの、CDも聞いたことがなかったのですが、プログラムがモーツアルトのヴァイオリン協奏曲1番、4番、5番ということで、是非生で聴いてみたくて行ってまいりました。

いやいや、すごく艶のある音色っていうのでしょうか、美音です。モーツアルトは良いですね。最近、イザベル・ファウストのモーツアルト、ヴァイオリン協奏曲集のCDを買ってよく聴いているので、曲にも馴染みがあるし、大変楽しめました。

アンコールは最近出たばかりの映画音楽集からかと思いきや、これもモーツアルトのヴァイオリン協奏曲2番の3楽章でした。うーん、なんか得したような、でも映画音楽も聴きたかったような。

しっかり、CDも買って帰ったので、仕事が終わってから楽しむことにします。

場所は国家音楽廳。この建物です。


3Fのステージ横のボックス席が空いてたのでそこにしました。ステージから向かって左側にしたのですが、逆のほうがヴァイオリン演奏の手がよく見えるようでした。次の機会があったら反対側に座ろう。コンサートの席って悩みますよね。私はこの会場ではいつも横のボックス席です。なぜなら、人の頭がじゃまにならないからです。

今日は演奏しませんでしたが、映画音楽集が発売されたばかりで、人気のようです。クラシックが苦手な人もこれなら楽しめそうですね。今仕事中ですが、早く片付けて買ってきたCD聴きたいです。

 

台湾の喫茶店

よく台北市内の上島珈琲店に行くのですが、特に週末の午前中はモーニングサービス目当ての家族連れが多いんですよ。それでね、何が言いたいかと言うと、一部マナーの悪い人たちがいるのが気になるんですよ。どう悪いかと言うと、飲み物だけ頼んで、コンビニで買ってきたっぽいヨーグルトだとかバナナとか取り出して食べてたり、もっとひどいのはタッパーに入ったお弁当らしくものを広げて皆でシェアしてたりとか。

店員さんたちも、注意しにくいのか、まあ一応飲み物を頼んでいる限りお客さんですからね。日本の喫茶店にはあまりいませんよね。あまりっていうか、注意されちゃいますよね。

これはほかの喫茶店でみた光景ですが、10人位のおばさんの団体で、飲み物を頼んだのはその中の5〜6人。他の人達は何も頼まずに、水やら、持ち込みの飲み物を飲んでいるんですよ。さすがに店員さんが最低消費について説明っていうか、なにか頼んでくださいって注意してるみたいですが、「他の店では注意されなかったのに、どうしてこの店は…」みたいな中国語が聞こえてきます。これはちょっと、いかがなものかって、いうか何も頼まないなら喫茶店に入るなよな。喫茶店て、無料貸し会議室じゃないんだから、って思っちゃいます。

まあ、台北の都会っ子の若い人たちは、そういう人たちはいなくなって来たと思いますが、やっぱりマナーって大切だと思うんですよね。

オチはない、おわり。

 

私のリファレンスCD-3

で続きですが、ロックやポップスはあまりオーディオのチェックに使わないんです。ジャズや、クラシックがきれいにっていうか、バランスよく鮮明に低音から高音までちゃんと聴こえれば、もう良いじゃないですか? ロックもきっと良い音で鳴るんですよ。ってこともないのかな。

ロックじゃないけど、アリソン・クラウス&ユニオンステーションは非常に好きでよく聴くし、録音も優秀なのでヘッドホンのリファレンスにはもってこいですよ。

最近のスタジオ録音はもちろん、ライブも信じられないほど音が良いです。もちろん歌も演奏も良いですよ。台湾は無理にしても、来日してほしいですね。アメリカまで見に行きたいくらいですけど、一人旅行は苦手なのとお金かかりすぎるので、行けません。

他にはジェイムス・テイラーとかも好きなので、ヘッドホン買った後よく聴いてましたね。

髪がまだフサフサですね。「Gorilla」ってアルバムです。1曲目の「Mexico」3曲目の誰かのカバー曲(誰のだっけ?)「How Sweet It Is (To Be Loved By You)」が特に好きです。

まだ続くよ