月別アーカイブ: 2009年4月

中国から戻りました。

●仕事がたまっています。風邪を引いてしまいました。
台湾の方が湿度もほどほど高く、朝夕の気温差も少なく、過ごしやすいです。
●今日ミミを獣医さんの所へ連れて行った。耳の検査、爪切り。大騒ぎして中指と薬指を思いっきり噛まれて血が出た。凄い力。あんなに力があるなんて知らなかった。
ウー痛いぞ、ミミ!
m090410a.jpg
●中国で血圧が上がったら「王老吉」ですね。氣をさげるとかゆうんで飲みましたが、今回はアドレナリン分泌量が半端じゃなかったようで…いまひとつ。
●風邪がくるしいので、寝ます。

まだ中国です

k090045b.jpg
昨日の夜ご飯はここの中で、
有名なところらしい。
人がいっぱい。
k090045c.jpg
カキを食べた。火が通ってるから大丈夫。にんにくが目茶苦茶かかってる。
今朝、仕事前。
このあと血管ぶちぎれ。
k090405a.jpg

中国です

北京です
もう疲れてます
並ぶのが苦手な人が多いです。
一人で来たので、寝不足なのに緊張して飛行機の中でも
眠れません。
早く台北に帰りたいにゃん。

毎日、同じような話題ばかりで

恐縮ですが(ウソ)、レコードの話です。
CDが流通する前はもちろんレコードを買っていました。
今になって思えば、昔のレコード会社も、いろいろとジャケットに工夫を凝らしていたのではないでしょうか。
変わったジャケットのレコードを思いつくまま挙げて行くと。
●GFR(グランド・ファンク・・レイルロード)。たしかシルバーの丸いアルミ缶のパッケージがあったような気がします。気のせいでしょうか?
●ワタシは持っていませんでしたが、レコードを内ビニール袋の代わりにパンティでくるんであったのは、確か「キャプテン・ビーフハート」。
●サンタナの12面ジャケット??良く覚えてないけど横尾忠則デザインの何重にもなったパッケージ。かっこ良かったですね。
●ローリングストーンズの初期のベストアルバム。えーと八角形のパッケージ。レコードがはみ出します。確か紙に入ったレコードの四隅がはみだしていたような、どうだったか?
●これは最低、「愛欲人民十時劇場」日本のアングラです。ハイノケイジ、シライシタミオ、など訳の分からない人たちのオムニバス。ジャケットは普通ですが、おまけに銀紙に包んだ陰毛が入っていました。何だこいつら?
●そういえば初盤ののストーンズのレコード「スティッキーフィンガーズ」のジーンズのチャックは開いたのでしょうか?そんな話を聞いた事があるような気がします。
●ベルベットアンダーグランドのデビュー盤、アンディーウォーホールのバナナのジャケット、これも初期の盤はバナナのシールを剥がすと、したに印刷があったような無かったような、どなたか覚えたいますか。
他に妙なパッケージのレコードありましたら教えて下さいまし。
みやけ