月別アーカイブ: 2011年4月

久々に

全家(台湾のファミリーマート)でアイスラテを買ったら、薄い!

水で薄めた牛乳に珈琲を少したらしたって感じ。うっ、失敗!

多分、作る人によって違うんだろうな。

今日の深夜残業時のBGM

ジャケットの女性がグッときて買ったCD。
The Band Perryというグループです。
カントリーロックですね。
日本では人気があるんでしょうか?
日本って、あんまりカントリー系、カントリーポップ系のミュージシャンって人気ないんですよね。

でも、この人たち、なかなかフレッシュで良いですよ。

よく見ると、三人とも顔が似てますよね。
お姉さんと弟たちのようです。

Hip To My Heart (スタジオライブーーCDよりこっちの方がシンプルで良いぞ)
歌の合間にお姉さんが「へイ、ブラザーメン〜」とか言って、かっこ良いです。

今日の深夜残業中のBGM

最近買ったジャズシンガー、ステイシー・ケントとサックス奏者ジム・トムリンソンの「The Lyric」

正確にはサックス奏者ジム・トムリンソンのアルバムなんですが、13曲中ステーシーの歌が無いのは2曲のみ。
ということで、ステーシーのアルバムって言っても良いのではないでしょうか。
あまりステーシーのアルバムを聴く機会が無かったんですが、これは良いですよ。いやいや反省です。

一曲目、インストゥルメンタルの「カーニバルの朝 」で、ジム・トムリンソンのサックスに「おおお〜」とうなっていましました。なんと気持ちよくうたうサックス!
ボサノヴァ系が得意な人なんでしょうか?
トムリンソンのアルバムも買わなくちゃ!!

コルコヴァード 、飾りのついた四輪馬車 、スターダスト など、よく知られた曲が並ぶのもうれしいです。

もちろんステーシーの歌も素晴らしい。崩しすぎず、かと言って平板さはなく発声が非常にチャーミングで心地良いんですよ。
すっかりファンになりました。他のCDも買わなきゃっと。

>>amazonの試聴サイト

おっと、このCD、2006年に一度発売されて、どういうわけかこのところ廃盤扱いだったみたいで、今年になって再発売されたそうなんです。ただし、まだ日本盤(での再発盤)は出てないようです(出るかどうか知らないけど)。

輸入盤なら手に入ると思います。
アマゾンにもありました>>ここ
ジャケット違いなどの盤もあるのでご注意を。

ジャズファンはもちろん、ポップスファン、女性ボーカルファンにも絶対お勧めです。
歌良し、演奏良し、選曲良し、ジャケ良し、文句無しの一枚です。

最近買ったCD

2008年の録音。スペインのシンガーソングライター、PEDRO GUERRA(ペドロ・ゲーラと発音するらしいです)の「VIDAS」

CDショップで目的も無く、ジャケットを眺めてぶらぶらするのが好きなんですよ。
これも、全然詳しくない(ほとんど聴いた事がない)スペインポップスなんですが、可愛いジャケットに惹かれて買いました。

大当たりです。こういうときは、うれしいですね。
アコースティックギターとピアノの伴奏で歌われる、シンプルでナチュラルな歌は心が洗われるようです。
なんてちょっとうさんくさいことを書いてしまいたくなります。

ところで皆さんは「心が洗われる」ってどんなイメージですか?
ワタシは「心が洗われる」って言葉を聞いてすぐに思い浮かべるのは、
杉浦茂という漫画家の作品のある場面です。

今手元に無いので、うろ覚えですが
カエルが自分の内臓を身体から取り出して、池でじゃぶじゃぶ洗うんですよ。
それで、内臓を池のふちに置いて乾かすのですが、
なにものかに取っていかれちゃう、その内臓をですよ。

いや、ちょっと違うかな?
その後、どうなるんだっけ?

まあ、不正確かもしれないけど、そんなような場面が有るんですよ。
杉浦茂の漫画って、日本のちゃんとした漫画史から少し外れてるんだと思います。
絵も台詞もシュールでポップ、それでいて子供が読んで楽しめる、他にはいないタイプの漫画家だと思います。

心が洗われるようだ→心臓をじゃぶじゃぶ洗って気持ち良い。

いや、違うな、全然。

おっと話がずれましたが、
とにかく、PEDRO GUERRA、爽やかで良いですよ。

特にお気に入りの2曲を張っておきます。

なんと日本盤が出てないみたいです。だめじゃん!

今日、

事務所の前で見かけた、バスの車体広告。

うーん、汚い!
何の広告だかもわかりませんね。

こういうのを「企画倒れ」って言うんですよね、きっと。