ペライアのフランス組曲が泣けるぜ!の巻

バッハのピアノ曲が好きでよく聴いています。
どの曲も好きなのですが、特に好きなのが、フランス組曲です。
最近までずっと、アンジェラ・ヒューイットのCDが定番だったのですが、
今年、中国出身のピアニスト、シュ・シャオメイ(朱曉玫)のCDも買ったんです。
これがまた、すごく良いんですよ。これも定番になりそうです。

変わったところでは、コロリオフのフランス組曲もテンポがかなり遅く、
独特のリズムで面白いです。

グレン・グールドのフランス組曲はCDを持ってはいるものの、ほとんど聴きません。
グールドのゴールドベルグ変奏曲や平均律1巻や小プレリュード集は好きなのですが、
それ以外は、何となく敬遠してしまいます。

あと、フランス組曲、パルティータ、イギリス組曲から1曲ずつだけですが、
マリア・ジョアン・ピリスのCDは、ロマンチックなバッハ、もう言うことなしです。
何で、全曲演奏してくれないんだろう。

ということで、もうこれだけ持っていれば、もうフランス組曲のCDは
買わなくても良いかとも思ったのです。
なのですが、知らないうちにマレイ・ペライアも録音してるではないですか。

これはちょっと聴いてみたいと思い買っちゃいました。
これが、もう1番が始まった途端、これは良い〜、と唸りました。
私の新定番になりそうです。
テンポも落ち着いているし、サラバンド(遅い速度の楽章)の叙情的な表現は
泣きたくなるくらいです。リピート時の装飾音の入れ方もチャーミングです。

録音も以前のバッハのシリーズとちょっと違うかなと思ったら、
レコード会社を替わったんですね。
以前はソニーでしたが、このCDはグラモフォンから出ています。
レコード会社によって、結構録音も変わるものなんですね、面白いです。

というわけで、あまり外出や旅行などもしにくくなった日々が続きますが、
皆様もフランス組曲の聴き比べなどしてみてください。

私のオススメは、えーと、グレン・グールドは少し癖が強いので、
それ以外全てオススメです。

シュ・シャオメイ、アンジェラ・ヒューイット、ペライアのバッハ演奏はフランス組曲に限らず、全てオススメなので、ぜひ聴いてみてくださいね。


うちのバッハのCDコーナー


172枚組、バッハ全集


別のレーベルのバッハ全集(155枚組)


バッハ・コレギウム・ジャパンの教会カンタータ全集(55SACD)

うちには一体バッハのCDが何枚あるんだ!聴いてないのもたくさんあるぞ!

 

ペライアのフランス組曲4番ですよ。

DYNAUDIOのワイヤレススピーカーMUSIC1買いました。

お久しぶりです。

以前使っていた、JBLの旧型ipod用の小型スピーカーが故障してしまったのでDYNAUDIOのワイヤレススピーカーMUSIC1を買いました。

台湾でおそらく一番利用されている通販サイトPCHOMEで、割引価格で13900元(約50590円)でした。日本ヨドバシなどで買うよりほんの少し安いです。

何年か前に買った、トールボーイスピーカーもDYNAUDIO(展示品で安く買いました。)で、大変気に入っているので、DYNAUDIOには親近感があるのです。

それでも、ちょっとお高いので迷ったのですが、デザインが北欧っぽくて、好きだったのでどうしても欲しくなり今回はこれにしました。DYNAUDIOの「MUSICシリーズ」はもっと上のランクの製品、MUSIC3.5,7があるのですが、これは手が出ませんでした。

価格はヨドバシのWEB参考。

MUSIC1は、シリーズの中で一番安価なのでモノラルです。でも音は悪くないですよ。低音が強めです。ブルートゥースだけでなく、Airplayも使えます。Airplayで聴くと、音質がかなりよくなる印象です。コンセントに繋いでおくと充電されて、数時間(何時間か忘れたけど)コンセントに繋がなくても使えます。

ベッドの横のテーブルに置いて、寝るとき使っています。寝るとき、ちょっと聴くだけのためにこの価格は少し高いかなあ、と思ったのですが、音も良いし、デザインもよく買って満足です。

専用のアプリで、音質コントロールも出来ます。私は寝るときはジャズボーカルとか、クラシックギターとかルネッサンスの声楽を聴くのですが、アプリで低音を少しだけ落として聴いています。

思い切って上位機種、MUSIC5あたりをを買えば良かったかなと、身分不相応なことを考えています。

(動画)YAMAHAサイレントギターSLG200NWでクラシックを弾いてみました。vol.3 / 我彈了YAMAHA靜音古典吉他SLG200NW,是第3彈喔!

昨年末からYAMAHAサイレントギターSLG200NWでクラシックギターの練習をしています。夜中に、音を出さずにヘッドフォンをして練習しています。今日はMACのクイックタイムプレーヤーで録画しました。下手くそでですが我慢して下さいね。今回は最後まで弾けるのか?

曲)バッハ チェロ組曲1番のプレリュード

我是三宅設計的三宅健司。從去年底開始一直使用YAMAHA古典靜音吉他SLG200NW做練習。
為了在深夜練習時不要發出聲響而戴著耳機彈奏。
今日是以MAC的Quick Time Player錄製的。
雖然還彈得不是很好但也請忍耐一下哦。

曲:巴哈的無伴奏大提琴組曲1號前奏曲

(動画)YAMAHAサイレントギターSLG200NWを弾いてみました。第2弾です。 / 我彈了YAMAHA靜音吉他SLG200NW,是第2彈喔!

YAMAHAサイレントギターSLG200NWを弾いてみました。第2弾です。良い録音の仕方がまだよくわかりません。いろいろ試している最中です。今回は、アンプTHR5Aから音を出し、MACの内蔵マイクで拾って録音しました。曲はバッハのチェロ組曲1番の前奏曲。でも今回演奏したのは途中までです。後半は、ミスだらけだったのでカットしました。1週間位練習して、最後まで弾けるようになったらまた録音します。また来週〜

大家好~ 我是三宅設計的三宅健司。我彈了YAMAHA靜音吉他SLG200NW,是第2彈喔!還不太了解最佳的錄音方式。試著嘗試中。這次是接著THR5A音箱發聲,再用MAC的內建MIC錄音。曲子是巴哈的大提琴組曲第一號。但是我這次只有彈一小部份。後半段、因為一直彈錯所以剪掉了。這1週左右我會好好的練習,能把整首彈完,再進行錄音。下星期見~

YAMAHAサイレントギターSLG200NWを弾いてみました。 / 我彈了YAMAHA靜音吉他SLG200NW

(曲)TÁRREGA Lágrima


三宅デザインの三宅健司です。昨年暮れからクラシックギターの練習をしています。25年ぶりくらいです。ほとんど弾いていませんでした。会社からの帰りが遅いので夜中でも練習できるよう、YAMAHAサイレントギターSLG200NWを買いました。サイレントギターなので音が静かです。静かっていうか、ほとんど音がでません。ヘッドホンで聞きます。
アンプを通すと良い音がするらしいし、PCにも繋げられるので、アンプTHR5Aも買いました。試しにMACで録音してみますね。エコーもかかるけど、やりすぎると気持ち悪いので、ほとんどかけていません。
まだ下手くそですが、上手くなったらまたアップしますね。

大家好。
我是三宅設計的三宅健司。從去年年底開始練習古典吉他 。時隔了25年左右,幾乎沒有接觸。因為從公司下班晚回來,為了也能在半夜練習買了YAMAHA靜音吉他 SLG200NW。因為靜音吉他彈起來不太會發出聲音。說到靜音… 是幾乎沒聲音,用耳機才能聽得清楚。聽說透過音箱能發出更好的聲音,也可以連接到電腦上,所以也買了音箱, YAMAHA, THR5A。嘗試著錄製。
音箱有迴聲的功能,但是過於使用迴聲我覺得不舒服,所以我幾乎沒有使用它。現在還是彈得不好,如果練好再Youtube上分享給大家。
謝謝

コンサートキャンセルです。

日本でもコンサートやイベントの中止や延期が相次いでますが、

フランスもそのようです。前回の記事で書いた、私が予約したコンサートも

3つともキャンセルのお知らせが来ました。

全額払い戻しなのかと思いきや、私がチケットを購入した

Classictic」というところでは、払い戻しをしないようで、

予約した金額分の全額クーポン(3年間有効)が添付されていました。

観たいコンサートがあれば、そっちに使ってね、という事のようです。

これって、良心的なのかなあ、微妙ですね。

3年以内に、海外旅行中に観たいコンサートがあれば良いのだけど…

今一番観たいのは、やはりヘレヴェッヘのバッハとタリス・スコラーズだなあ。

「マタイ受難曲」(ヘレヴェッヘ指揮)

えーと、ユーチューブで全曲観られます。3時間ちょっとですよ。一気に見るのは集中力が必要ですね。

歌の部分はともかく、レチタティーヴォ(朗唱)はちょっと退屈かもしれません。なので意味を知りたい方は対訳をを観ると良いですね。

対訳「マタイ受難曲」 全曲(カールリヒター指揮)

CDならアマゾンで、ヘレヴェッヘのマタイ受難曲(3枚)、ヨハネ受難曲(2枚)、計5枚組が なんと2,359円で買えます。マタイ受難曲は2回目の録音です。超お買い得盤です。>>

よく理解できなくても、一家に一セットの名盤です。

そして、タリススコラーズも名盤がたくさんありますが、
これだけは買いましょう。
アレグリ のミザレーレ。これも一家に一枚の必聴盤です。>>


旧盤、こちらでも良いです。>>

タリススコラーズは、クラシックに詳しくなくても、
癒し系のBGMにもなりますよ。是非!

フランス旅行延期

4月初めに、休みをもらって、パリに一人で旅行する予定だったのですが、

新型コロナウイルスのせいで、無期延期することにしました。(当然ですが)

チケットを予約したのは今年の1月中旬、まだウイルスが流行ってない時期です。

初めてのヨーロッパ旅行なので、かなり期待していたのですが、この状況では仕方ないです。

一週間のパリ滞在予定中の、コンサートのチケットも色々予約していました。

ヘレヴェッヘ指揮のバッハ「マタイ受難曲」。

教会で聴くタリス・スコラーズ。

同じく教会で聴く、よく知らない演奏者だけどバッハの「無伴奏チェロ組曲」。

一週間でコンサート3回、後は美術館とカフェ巡り、と予定を立て一人で盛り上がっていたのですが、残念です。

仕方ないので、夜、自分の部屋でCDでヘレヴェッヘやタリス・スコラーズを聴いています。

本当早く収束してほしいですね。

 

磯山教授の「マタイ受難曲」を読んで勉強しようと思ったのですが、
私には専門的過ぎてで難しいです。数ページしか読んでいません。