最近のダウンロード、(ジャズ・テナーサックス その2)

このあいだの記事の続きです。

先日も書きましたが、普段は50〜60年代前半くらいのジャズを主に聴いているオジサンなので、最近のテナーサックス奏者のことはあまり知りません。というわけで、新しめのテナーサックスが主役のアルバムを雑誌を参考に、アップルミュージックで物色して見ました。ただし、私の言う「最近」とか「新し目」とは、ここ30年くらいってことですからね。

まずは
チャーリー・ヘイデン
(ベース)とマイケル・ブレッカー(テナーサックス)。「アメリカン・ドリームス」

雑誌「ジャズ批評」のテナーサックス特集で、好きなアルバムに挙げている人が多かったので聴いてみました。正直言って、マイケル・ブレッカーのサックスは、それほど好のみではなかったんだけど、このアルバムは、本当に素晴らしい。聴いて良かったです。どちらかと言うとベーシストのチャーリー・ヘイデンがリーダーのアルバムみたいです。ストリングス入りのバラード集ですが、アメリカンルーツミュージックの雰囲気もあり、ジャズという狭い括りには入らない、夢見心地の美しいアルバムです。ピアノはブラッド・メルドーだそうです。ジャケットも良いですね。ジャズファンでなくても、是非一度聴いてみてください。

 

次は、James Allsopp(ジェームス・アルソップ) Quartet、「 I’m a Fool to Love You」
全然、名前も聞いたことがありませんでしたが、お気に入りです。

タイトル曲はフランク・シナトラも歌っていた古い曲ですね。昭和ムード歌謡って感じの曲ですが、私は大好きです。他にも、The Man I Love、I Was Doing Alright 等、有名な曲が入っているので、私のような保守派のジャズファンにも楽しめます。夜にぴったりの、しっとりした演奏です。

 

スコット・ハミルトン・プレイズ・ジュール・スタイン。

次は、私も大好きな、スコット・ハミルトンです。さすがに私でも知っています。ヴィーナスレコードからもアルバムも何枚か出ているし、日本でも人気ありますよね。時代に流されず、ずっとスイング路線で、アルバムもたくさん出ています。私も5〜6枚持っています。アップルミュージックで色々試聴していて、これが気に入りました。
ジュール・スタイン作品集ということですが、私はこの作曲家のことを知りませんでした。でもアルバムを聴いてみると結構知ってる曲が多かったです。ミュージカル作品で有名な作曲家のようです。
ジュール・スタイン(Jule Styne, 1905年- 1994年)(Wikipedia)>>
今のところ、スコット・ハミルトンのアルバムの中で、個人的に一番お気に入りです。何と言っても良い曲ばかりです。誰が言ったか知りませんが「ジャズに名曲なくて名演あり」という有名な言葉があります。でも、どちらかというと私は、「アルバムは曲で選ぶ派」、「スタンダードをたくさん聴きたい派」なので、こういう古いスタンダードの名曲集は好きなんですよね。

いかがでしたか? 今日は紹介しませんでしたが、スコット・ハミルトンが気に入った方は、ぜひハリー・アレンも聴いてみてください。同じ傾向の、日本でも人気あるテナーサックス奏者です。

 

最近のダウンロード、(ジャズ・テナーサックス その1)

私は、クラシックギターや、バロック音楽も好きなんですが、
一番よく聴いているのは、多分ジャズだと思います。

それにしても、最近は台北もCDの充実しているショップが少なくなりました。
以前は、よく近所の誠品書店(敦南店)のCDショップで、CDを買いあさってました。
1年に100枚以上買うこともあり、ほとんどの店員さんに顔も覚えられてたのですが、
敦南店も閉店したし、(閉店前からCDは以前に比べ全然少なくなっていましたけど)
誠品書店信義店も最近、CDはわずかしか置いてありません。

CDとレコードあさりが趣味だった私も、ネットワークプレーヤーを買ってからと言うもの、アップルミュージックでのダウンロードが多くなってしまいました。しかもアップルミュージックではロスレス配信が、以前からの価格同じで出来るようになったため、CDを買ってリッピングして、ネットワークプレーヤーで聴くのと同じことなんですよね。しかもダウンロードだって、CD買うより全然安いし。

だったら、CD買わなくても良いか、もっと言えば、ダウンロードもしなくて良いか、いつでもアクセスすれば聴けるんだし。ってなっちゃいますよね。

なんだか、CDが売れなくなり、CDショップも少なくなるのは悲しいけど、私もそれに加担しているのだし、複雑な気持ちです。

と言うわけですが、最近のダウンロードから、お気に入りを紹介します。
ジャズはピアノトリオも好きですが、一番好きな楽器は、テナーサックスです。
よく聴くのは50〜60年代のジャズばかりなので、新し目のサックス奏者の演奏も聴きたいと思ってたんです。

ちょうど、雑誌「ジャズ批評」の最近の号にテナーサックス特集があったので、参考にして、いろいろ(まあまあ新し目のテナーサックス奏者の)アルバムを物色してみました。

一番好きだったのは、ラルフ・ムーアとラリー・マッケンナ。
二人ともジャズ通の間では有名らしいけど、全く知りませんでした。私はあまり小難しいのは、ダメなんですが、これはどちらも一聴して虜になりました。

 

これは、ラルフ・ムーアとベースのレイ・ブラウン・トリオとの共演盤。
1990年のアルバムだそうです。(新しいってほどじゃないか?)よく歌うサックスですよね、気持ち良い〜。

 

これはFred Wackenhutトリオとラリー・マッケンナの共演。ブルーノートのHank Mobleyの代表作「 Soul Station」に入ってた曲ですね。良い曲だ。

 

 

次は、グラント・スチュワート。この人も人気あるらしいけど、初めて聴きました。
この曲、Minor Mishapは50年代の名盤「Flanagan, Coltrane, Burrell / The Cats」に入っていた曲です。これぞテナー・サックスの音色って感じですね。中低音が魅力的です。2020年のアルバムだそうです。(これは新しいですね。)

 

他にもオススメがあるんですが、今日はここまで。