休み三日目

休み三日目。
三日間何も仕事してない。
どうしよう。
何か焦る。
今回の休みは、それほど仕事がたまっているわけではないので、
明日からぼちぼちスタートすれば良いのだけど。
仕事がそんなにたまってなくて、良いんだっけ?
仕事に追われても、ちょっとだけ休みがとれても、
どちらにしても不安になってしまう。
k100216a.jpg
読む本が無いので微風広場の紀伊國屋書店へ行った。
おっ、宮部みゆきの「楽園」が文庫で出てる!!
これで3日くらいは持つな。
地下の大戸屋で焼鮭定食を食べる。
夕方なので空いてて良い。
と思ってたら、品のなさそうな家族連れが隣の席に。
思った通り男の子がうるさい。
中国語だから全部は聞き取れないが、
言うことがいちいち品がない。
もっと高価な物頼めよ〜。もっとおいしそうなものないのかよ〜。
セットメニューにしたらいくら得なんだ?とか!!!
みたいなことを下品な口調でしゃべってる。
うるさい。声がでかい。動き回る。
店員にも思いっきり失礼なことを言ってる。
だいたいいつも親がどんな会話をしているか想像できる。
楽して儲けようとか、ちょっとでも人より損しないようにとか、
そんな人生観が子供の台詞から伝わってくる。
ああ嫌だ。
親が注意しない。
なんなんだ。っていうか、台湾ではとてもよくあることだけど。(日本でも?)
不思議なのは、こういううるさい子供が家に居て、親は、何で平気で生活できるんだろう、ということ。
ワタシだったら許せん。
なまいきなことを言おうものなら、ひっぱたく。
やかましいテレビを観るのも許さん。テレビゲームもだめ。
小学生になったら、自分の部屋が有った方が良い、みたいなことを訳知り顔で言う大人が日本にもいるが、ウチはもし子供がいてもそんなことは無理だ。
じゃあ、子供はよるウチの中でなにをするのか?
テレビのアニメはだめだが、漫画を読むのは良い。
静かな会話は良い。絵を描いたりするのももちろん良い。
他に許しても良いのは….
そこまで考えて、思った。
子育てに向いてないのは、ワタシだ。
どうせ子供いないし、考えるのをやめた。
いっておくが、ウチのミミ(猫、女の子、5歳)は良い子だからな。
毎晩騒ぐけど、品があるし、可愛いんだぞ。
全然話がまとまってないが、終わり。

休み三日目」への2件のフィードバック

  1. miyake

    ゴルゴはもちろんOKですよ。世界近代史とか国際情勢の知識はゴルゴで得たものも多いです。おかげで、フィクションと事実がごちゃ混ぜになってます。
    娘さんはもうコミックスとか読まれますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。