牛丼

今日は旧暦の元旦。
とはいえ、ここ数年はデパートも大きな店などは開店してて、
静まり返ったお正月のイメージはうすれつつあります。
台北駅の向かいの三越デパートの裏のあたりに行ってきました。
CDショップが数件が並んでいるので、クラシックの直輸入盤あさりです。
(↑よくもあきずに)
真実子には好きなことがあって良いね、といわれるけど、
他に趣味が無い寂しい人生なんですよ。
k100214b.jpg
いつもは結構な人通りですが、さすがに人も車も少ないです。
ですがCDショップや、家電店はちゃんとオープンしてます。
帰りに忠孝東路のSOGOの前も通りましたが、あの辺りはなんだか人が多くて、
お正月とは思えませんでした。
k100214a.jpg
一枚目の写真の更に裏通りにある、吉野家の牛丼です。
台湾の吉野家って、店によって、また時期によって味が違うんですよね。
「微妙に」じゃなくて、塩辛くてお腹がすいてるのに全部食べられないこともあります。
今日のは、ちょっと味が濃いけどまあまあ。
日本ってそんなことないですよね。
吉野家に限らず、牛丼店ってどの店でも、だいたい同じ味ですよね。
良いよなあ!
真実子はフランス旅行なのに、こっちはレベルの低いしけた話題ですね。

牛丼」への4件のフィードバック

  1. yamaguchi

    台湾吉野家の館前店ですね。
    台湾第一号店、私も何度となくお世話になったお店です。
    台湾吉野家の店舗毎やその時々にによる味の差は、バイト君達がそれだけマニュアルに忠実では無いという事実の裏返しですが、吉野家に限らず、バイトに匙加減の余地がある所では同じ悩みを抱えているそうです。
    味付けは不安定ですが、台湾吉野家に慣れると日本の吉野家は肉の脂身が多くて肉が凄く少なくて微妙に感じますよ。
    写真の肉の量、日本の大盛りより多いですからね。

  2. miyake

    以前、もの凄い濃い塩味のに2回続けてあたって、しばらく食べなかったんですが、たまに欲しくなるんですよ。
    そういわれれば、日本のより、肉が多いかも。

  3. 真由美

    日本の御正月も数年前から元旦から開いているショッピングモールがあり「静まりかえった元旦」を味わえなくなりました。
    台湾も同じなんですね。

  4. miyake

    真由美さん
    台北も以前は静かなお正月だったんですけどね。ご飯を食べるところがないので困ったのを覚えています。唯一空いてるコンビニも今程品揃えが良くなかったし、お正月にはパン等も売場から消えてたと記憶してます。
    今はお正月も普段と変わりなく便利ですけど、少し寂しい気もしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。