UFOキャッチャー、真実子のズル

大型のドラえもんと、箱5個は全部真実子がとったもの。
とは言え、かなりズルをしてゲットしたのだ。

店主だとか、台の投資者をつかまえては、
「大きいのなんて絶対取れないじゃん」とか詰め寄って、
いろいろ、秘技を教わり、こともあろうに、扉を開けさせて、
取りやすい位置に景品を置いてもらって、「ほらこうやって取るんだよ」とか
マンツーマンで教えてもらってたのだ。ズルすぎる。
こういうのを「大名の釣り」っていうんだっけ。

しかも脇でちょっと見てた私には、どんな秘技だか、
よくわからなかった。まったくなあ。

ふつう、台北の確率機でこんなに次々取れるわけないんじゃないの?

 

※  今、真実子から抗議がありました。
店長に詰め寄ってないし、
向こうが勝手に親切に教えてくれたのだそうだ。
ほんとかよ?

 

箱の中身。よく知らないけど、左端ってアナとなんとかってヤツ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。