「簌簌叫」「449」台湾のカップ乾麺

7-11で見かけた新製品(多分)のカップ麺。
うっ!何だかウケを狙ったけど、外した感があるパッケージ。
っていうか、美味しそうじゃないぞ。
このネーミングはどういう意味だろう?
真実子に聞いたら、
「簌簌叫」(スースージャオ:パッケージの左下の辺りに書いてあります)
とネーミング「449」(スースージョウ)をかけてあるとのことです。
「簌簌叫」というのは日本人がそばを食べる時にのような
「チュルチュル」とか「ズルズル」って感じで美味しい!
って感じを表す擬音語みたいです。


しかし、ネーミングもパッケージも、なんでもあり感とゆるゆる感が
あって台湾らしいですね。真実子に「レポートするなら買って食べなきゃダメでしょ」って注意されました。
だって美味しいそうじゃないし…
そのうち食べてみます。

辛い乾麺のようですね。
日本語で乾麺というと、生麺でない乾燥麺のことでしょうが、
台湾では乾麺というと、スープの無い麺。要するに焼きそばみたいなものです。

これは、割と普通の乾麺のデザインのパッケージ。
あまり美味しそうには見えないけど。
なんだか投げやりなパッケージ。辛そうですね。

これはおまけ。
おなじみのカップヌードル。
シーフード味です。2年に一回くらい食べます。
日本と台湾の物とで、味の違いとかも気になるとは言え、
日本で一時帰国時にわざわざカップヌードルを
食べる気もしないので、わかりませんなあ。

これはトムヤムクン味!
私は苦手なので食べたことないです。
日本にはまさか無いでしょうね、と思ってグーグルで調べたら
なんと今年4月に「トムヤムクンヌードル」発売になったそうです。
(パッケージは台湾とは違います)

 


「簌簌叫」「449」台湾のカップ乾麺」への2件のフィードバック

  1. かい

    トムヤムクンヌードル結構大好きです。
    普通の醤油味にレモン汁を入れると似てる味になることが判明!

  2. miyake 投稿作成者

    かいさん 本当ですか?
    今度やってみようかな、いややっぱり、やらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。