最近読んだ本

ここ数ヶ月体調が悪いのと、少し鬱状態で集中力がなく読書もあまりしてませんでしたが、
なんとか頑張って3冊ほど読みました。
●「ツバキ文具店」は本当に読んでよかった。鬱で何に対してもモチベーションが下がっていたのですが、何か元気が出ました。それにしても良いカヴァーです。鎌倉が舞台なのですが、その文具店のイラストでしょう。ほとんどブルーのインクで描かれたイラスト、木が緑、左真ん中のポストが赤インクが使われているのがなんともグッときます。鎌倉に遊びに行きたくなりました。
●今時、代書屋の話なんですが、主人公の紙やインク、はたまた活字への知識やこだわりが良いです。私がいかにいい加減なこだわりのないデザイナーか思い知らされ、反省しています。挿入される手書きの手紙がまた良いんですよね。手紙を書きたくなりますね、万年筆とか付けペンとかで。

51Ag17TZLQL._SX336_BO1,204,203,200_

●「羊と鋼の森」はピアノ調律師の話。ピアノ曲を聴きたくなりました。
一途に何かに打ち込む人の話ってやはり心を動かされます。
自分がまだ若い、少しはピュアな精神を持った頃を思い出しました。
この本を読んでいる間は、普段あまり聞かない、ロマン派のピアノ曲を聴いたりしました。

51ELx3+e80L._AC_US160_

●正確にはこれは途中。中編が4本立てのうち3本まで読みました。これが確か4冊目の「杉村三郎」シリーズです。前作「ペテロの葬列」もすごく良かったのですが、サイドストーリーが衝撃的でしたね。あれって、このシリーズが始まった時からの計画だったんですかね。宮部みゆきさんって恐るべしですね。

51BgewKnhOL._AC_UL160_SR110,160_

 

最近読んだ本」への2件のフィードバック

  1. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    「ペテロの葬列」、面白かったですね~。
    といってもドラマで見たんですが…。

    まだまだ暑いので
    お身体、大切になさってください!

  2. miyake 投稿作成者

    こんばんは、お気遣いありがとうございます。
    宮部みゆきさんの小説、特に現代物は好きで何度も読み直します。
    最近では「ペテロの葬列」もよかったけど、「悲嘆の門」が好きでした。一応ファンタジーのカテゴリーに入るのかもしれないけど、他の現代が舞台の犯罪ものとそれ程変わらない展開でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。