ゴルトベルク変奏曲-レオポルド弦楽三重奏団

今日買ったCD、ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版) 
レオポルド弦楽三重奏団

超感動です。
ゴルトベルク変奏曲。知らない人いませんよね、大丈夫ですね。

バッハのチェンバロの曲です。
ですが、ピアノで演奏されることの多い曲です。

グレン・グールドの1955年デビュー盤、亡くなる前年の1981年盤、
ともに名盤です。

不眠症に悩むカイザーリンク伯爵という人のために
伯爵の寝室の隣の部屋でゴルドベルク(バッハの弟子)が演奏した、
といういう逸話が有名です。

なので、未だに雑誌などで、その逸話の紹介の後に
「しかし、伯爵がこの曲で不眠症が治ったかどうかは、定かではない…」
などど、おきまりのユーモア(!)ある文章を書く人が多いです。

ですが、それはちょっとだけ、ニュアンスが違うんですよね。
カイザーリンク伯爵がよく眠れるよう、この曲が演奏されたわけではなく、
眠れない夜を楽しくすごすために、演奏された。
というのが、おそらく正しいのだとおもいます。
(いや、どこかで読んだだけだけど)
だって、この曲のチェンバロ演奏聴いて眠くならないでしょ、普通。

しかも最近では、ゴルドベルク変奏曲が作曲されたとき、
演奏したはずのゴルドベルクはまだ14歳ということで、
ちょっと無理あるんじゃないの?

という意見もよく聞きます。
バッハの鍵盤曲の中でも難しい曲だと思いますので、
14歳の少年が弾けたんだかどうだか?

まあ、それ以上のことは今後もわからいでしょうし、
それはそれで想像するには楽しいシチュエーションですから、
よいんじゃないでしょうか?

前置きが長くなりましたが、
今日買った弦楽三重奏版は
そのバッハ作曲の鍵盤要の曲を
弦楽三重奏で演奏出来るように編曲されたもの。

ロシアのヴァイオリン奏者、
ドミドリー・シトコヴェッキーの編曲。
(本人演奏版のCDもヒットしました。)

レオポルド弦楽三重奏団のこの
ゴルトベルク変奏曲
店でかかった瞬間、WOW絶対買い!
と思っちゃいましたね。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/4167181

視聴サイトや、動画を探したんですがまだみあたりません。
最近出たばかりだし。
かわりに、同じ編曲、別の演奏者の動画をリンクしておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=9WnxFC7LvGY&feature=related

ゴルトベルク変奏曲-レオポルド弦楽三重奏団」への2件のフィードバック

  1. masahiro

    ミミパパさんこんばんは!

    4組目が見つからないのを幸い、ポチっとするのを止めようとしていたHMVの「4点以上で40%オフ 」だったのですが、お蔭様で背中を押していただきありがとうございました(苦笑)

    バッハ、有名なのにもかかわらず日本のオケではあまり聴くことが少ないのですが、音楽としては美味しいですね!

  2. miyake 投稿作成者

    こんばんは
    これ、いいですね。癖になりますよ。
    ハイペリオンレーベルにいくつか録音があるトリオのようですが、初めて聞きました。

    HMVのって「4点以上で40%オフ 」なんですか?!!!
    日本にいたら絶対HMVばっかりだろうな!
    ここのクラシックサイトの人たちの知識と情熱には頭が下がります。
    輸入盤しか出てないCDの日本語タイトルや解説を丁寧に書いてあるので、よく参考にしています。
    海外発送があれば使うんですけどね。

    今日はなんとハルモニアムンディ・フランスの30枚セットを
    買ったですよ。
    http://www.hmv.co.jp/news/article/1107010039/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。