ここ数日、現代音楽&環境音楽ブームなんですよ

というわけで、ミニマル・ピアノ・コレクションCD9枚組を買ってきて
いま聴いてます。日本円に計算すると4000円程度でした。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2567262

当然、誰も興味はないでしょうが、フフ。

ミニマルミュージックというのは、
反復する音楽、という訳でよいのかどうか。

えんえんと同じフレーズが繰り返される曲…
ばかりでもないですね。どういう定義なんだろう

反復演奏が重要な要素となっていればミニマル・ミュージックっていうくくりに入るのかもしれませんが、そのへん正直言ってよく知りません。

たまには、こういうの聴いてたら、頭良さげだし、インテリっぽいので買って見ました。フフ。

まだ4枚くらいだけど、ちょっと無理のある企画だな。
というのもミニマルミュージックの代表的な作曲家
フィリップグラス、スティーブ・ライヒの文字通り
ミニマルな曲も有れば、
非常に叙情的なジョンケージのIn a Landscapeが突然入っていたり、
まとまりにかける部分は正直有りますね。

ですが、この価格で広範囲に及ぶ
ピアノのミニマルミュージックが聴けるのは凄いことなので、
好きな曲だけ編集して聴けば良いかも、ですね。

でもワタシの大好きな「In a Landscape」は
以前持っていたCDの方が断然良いな。

一体どんな音楽の話をしているかわからない人もいますよね。きっと。
いくつかリンクして紹介します。
演奏者はCDと違うけど、ジョンアダムスのChina Gates

フィリップ・グラスは映画音楽等の仕事もしてるので
知名度が高いですね。

おー、これも今日買ったCDより良い演奏だニャン


おっと、これはグラス自身による演奏。
良いですね。BGMになりますね。??

最後にジョン・ケージの「In a landscape 」
良い曲ですよ。
このビデオでの演奏はやはり今日買ったCDとは違う人です。
以前Stephen Druryという演奏家のCDを持っていたのですが、
今家捜し中です。

どうですか?
現代音楽ファンになっちゃうでしょ。フフフ。

ここ数日、現代音楽&環境音楽ブームなんですよ」への2件のフィードバック

  1. kazuto

    よく知らないジャンルですが、環境音楽というのですね。
    何かのBGMになって本題の邪魔をしない感じの…
    刺身のツマのようなものですね。違うね。

  2. miyake 投稿作成者

    そうそう、刺身のツマのようなものです。

    ちょっと違うけど。

    多分全然違うかも。

    けど、その妙な発想はどこから出るんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。