土曜日なのに

●土曜日なのに一日中、仕事をしてしまった。昨日もおとといも時間があったのに、どうしてこうスタートが遅くて、余計ストレスをためなきゃ行けないんだろう。自分でもわからない。
●ストレスがたまりまくったので、夜中、信義区の誠品書店までいく。土日は深夜2時まで営業になったので、仕事に区切りを無理矢理付けて行ったが、いつもほどほしいCDが無い。正確にいうとあまりに疲れてCDのジャケ買いなんて、カンが働かんし何だかむやみに消極的になって、無駄遣いはいかんとかバカな考えをおこしてしまって、メジャーな(内容の予想のつく)モダンジャズを2枚買って終わりにした。
●明日も一日中仕事になりそう。
今から憂鬱だ。
●レコード芸術の4月号(海外に住んでいるのでほぼ1ヶ月遅れで読んでいる)に『グレン・グールドのゴールドベルグ変奏曲の最創造』と言う広告が載っていた。
長いが引用する。
グレン・グールドのデビュー・アルバム「ゴールドベルグ変奏曲」、1955年のモノラル録音が最新DSDレコーディングによってステレオ/マルチチャンネルで蘇る!最新ソフトによってモノラル音源を解析。データ化、そのデータをもとにヤマハのグランドピアノを自動演奏させ、それをカナダのグレン・グールド・スタジオに録音したのが本作です。まさに21世紀の最新テクノロジーが生んだグレン・グールドの「新作」の登場です。
●意味が全然わからん。頭の悪いワタシは1ミリも付いていけん。まるでクローン人間でも作ったかのかよって思ってしまう。科学雑誌を読んでるようだ。
●もちろん古い録音の音が良くなるのはいいことだが、1955年のゴールドベルグ変奏曲ってそんな音悪いか?ワタシは全然平気だぞ、そんなに好きじゃ無いからあまり聴かないだけで。アハハ。
●ジャンゴ・ラインハルトの録音が新作のように蘇るっていうなら少しは興味あるが……。

土曜日なのに」への2件のフィードバック

  1. サトコ

    三宅社長さん
    うっわ~、この解説文はちょっと混乱致しますね。
    そしてなぜだかイライラしますね。
    私、それなりに若いつもりですし、外来語も使いますけど。
    DSDレコーディング?
    う~ん。
    このコピーに誘われて、
    「よっしゃ!買い!」な人もいるのでしょうね。
    しくしく。
    ところで1955年の録音なら、私も全く問題ありません♪

  2. 三宅健司

    そうですよね。55年くらいのスタジオ録音なんて、良い音ですよね。
    それにしても、グレン・グールドやレオンハルトのゴールドベルグ変奏曲は良いのですが、2枚組で出したりする人いますよね。私は根気がないので1時間以上の曲なんて、聴けません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。