へんな喫茶店

昨日の日記は私子供の頃は大人をを嫌い、中年になったらこどもを嫌う(あくま個人的な)というたいして意味の無い文章です。
しかし、ワタシの記事にはコメントが少ないし、閲覧者数が低迷気味なのだ。文章が長いから、自己完結してるし、コメントの仕様がない。「は〜そうなんですかくらい」しかいえない。なにげに知識をひけらかるしエラソーだし、ヘタにつっこと、バカにされそう。(つまり一言でいうとスゲーヤなヤツ)
というのがが社内の意見です。みなさんは誤解をしてらっしゃます。ワタシはこんなに優しいのに..。まあそれは良いとして、また長くなるから本題へ。
十数年前だが(最近そんなんばっかし)ワタシが広島に住んで仕事をしていた頃の話。
確か旧市内の北部だったと思う。牛田のあたりなのか、記憶がおぼろだ。あまりの熱さで、選んでないでそこの「一番喫茶店ぽいところにはいろうよ」ちなみに選んではいけないのは、10代のあんちゃんたちがたむろしてたり、音楽が妙におおきかったり、これが一番重要、非常に高かったり…である。
そこの一見普通の喫茶店で、注文したものを飲みながらくつろいでいたら、目の前に黒い影、なんだウエイターか? ちがった。その男は非常に丁寧な口調でしゃべりはじめた。向かい川の席に座り「わたしがこの店の店長でございます、本日は当喫茶店を選んでいただいて、大変光栄です?(※)「カサブランカがよ?」それでは存分におつくろぎください〜まだ何かしゃべたようだかわすれてしまった。」といって次々とテーブルを周りで同じような台詞をしゃべっている模様、
k070227a.gif
その店長席を立ってもしばらくは、ワタシの脳の回路は止まってしまった。
(1)常連さんを増やす、(2)話題作り、(3)誠意
私としては3番から自然発生したのだと夢をみたい。
のだが、まずはそんなん妙な喫茶店が本当に合ったか知りたい。
もし広島にお住まいの読者でこの喫茶店をしってるかた
教えてください。まだありますか?
お礼はなにかあるかなあ。考えますので
(※)映画カサブランカの有名な台詞、かっこいいよ見てみようね。

へんな喫茶店」への6件のフィードバック

  1. いかいか

    あぁ~その喫茶店ね。知りませんね。でも、私はあの人を知ってますよ。「爆弾じいさん」。瀬戸内海の小さな旧軍の島でお好み焼き屋をやっている?やっていた?じいさん。客に永遠に爆弾の話をして、帰るに帰れない。私もつかまりましてね・・・。

  2. サトコ

    三宅社長さん
    なんですと、コメントが少ない…そうですか、私のコメントじゃ御不満ですのね、しくしく。
    冗談です。けけけ。
    私も仕事で子供っちに会いますけど、子供は欲望丸出しで、結構笑ってます。
    彼らの世界は大変そうで、私は「子供の頃に戻りたい」だなんて露ほども思わないわ。
    三宅社長さんも、そうじゃないかしら?と、勝手に。

    広島ですか~、当然、その喫茶店があったかどうかは知りませんが、あって欲しいですね。
    でも入店したいかどうかは微妙に「入店したくない」方に向いているような…
    ちなみに我が街の喫茶店のマスターは、推定80歳は越えているだろう、渋いマスターですが、
    口数少なく、静かにジャズは流れ、素敵な店なのに…
    先日見てしまいました、赤鉛筆の芯を舐めながら、競馬新聞?を入念にチェックしているのを…
    勿論、予備の鉛筆も耳にかかっておりました。
    そうか、長寿の秘訣はやっぱり「欲望」なのね?と思った午後でした。
    色んな意味で「老人と子供」がひとくくりにされてしまう理由が、
    ちょびっとだけわかった気がします。
    意味不明なコメントでごめんなさい。

  3. めからった

    広島は未踏の地なので、私の故郷の珈琲専門店でのことを。
    とても敷居が高く、大人になってようやく入りました。
    注文後卓上の小さなカード(おすすめが書いてある)を
    手にとってしげしげと眺めていると、
    マスターが珈琲を持って登場。珈琲を置いて、じろっと私を見ると、
    そのカードをおもむろに取って、持って帰ってしまった。いじるな、ということなんでしょうね。
    私、なんだか傷ついてしまって、それ以来入っていません。
    挨拶回りをする店長さんのほうがいいです!

  4. 三宅健司

    いかいかさんへ
    嘘ばっかりつかないでください。本気にする人がいると困るので。
    喫茶店は日本に帰る度に
    居心地の良い個人経営の喫茶店がなくなり、チェーン店が幅をきかせていますね。
    サトコさんやめからったさんの
    コメントは大げさですが、外界と本当につながっているんだと思い、特に最近弱っているのに心の慰めになっています。
    いつも感謝してます。

  5. いかいか

    本当の話ですよ。駅前から路面電車に乗りまして、宇品港から船に乗りまして行くんですけど。以前兄がその島に赴任してまして、訪ねて行った時の話なのですが・・・。

  6. 三宅健司

    いかいかさんへ
    そこ、いきたくないです。
    1年ほど前から煙草をやめたので
    喫茶店へ行っても
    何かものたりない…のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。