無駄使い—2

●ワタシは、タクシーで移動する時はもちろん、仕事しながらでも、食事しながらでも、音楽を聴いている時間が大変長い(昨年あたりから)。多分iPodのせいだ。多少なりとも緊張感や鬱な気分を取り除いてくれる(多分)からだ。たまに、イヤホンをはずさないで人と会話することもある。(これは無茶苦茶失礼で相手に嫌われるし)絶対止めましょう。ジャンルの割合でいうと、ジャズ4割、クラシック(ほとんどロマン派以前に限る)3割くらい。その他は例えば、バリ島のスパでかかってるようなヤツとか、クラフトワークとか、ハロルドバッドとか、40〜70年代のポップスとか、最近はラテン系にこってるし、いろいろごちゃ混ぜである。
●だから、知識も思い入れも中途半端、コレクションも中途半端。まあ、でもそれなりに、自分の好みの作曲者や演奏者がだんだん分かって来るようになる。イタリアバロックのトリオソナタなら、断然ロカテッリ・トリオのエリザベス・ウォルフィッシュ(古楽系の女性ヴァイオリン奏者)、タルティーニもCDも良かった、ヴィバルディもコレルリも良かった。しかし肝心のロカテッリのソナタを持って無い。これはいかん。というわけでちょうど見かけたロカテッリの「10ソナタ作品8」を買った。
k070220.jpg
右が昔の盤、左が最近出た廉価盤
●ヴァイオリンのことは良く知らないが、しなやかなで、ながれるような音楽には、本当にうっとりする。「あ〜この出だし、いいな〜、そうだよ、ここのさりげないけどチャーミングな装飾音、何てすばらしい……」

ナニ、ちょっと待てよ、何でワタシはこのCDを何年も前から聴いていたように細部を熟知しているのだ。
ワタシって超能力者?そんなんじゃなくてどう考えてもイヤな予感!
●答えは簡単、何年も前から良く聴いているのだ。タンスを開けると、すぐ見つかった。ガックリ。何と言うオーマイガッドな馬鹿者よ。ジャケットは若干違うが、使用されている絵も同じ、厚さは今回のは一枚モノと同じになった。フン、ワタシァいつからこんなじじいになったんだ?円周率が小数点以下30桁まですらすらいえるのに…。それとこれとは関係ないらしい。
●やっぱこれは、音楽をMACやiPodで聴くせいだな!。
て言うか、自分が何もってるか覚えてないだけのはなしをグダグダしてるだけだけど。
それでも言いたい、CDジャケットとCDの内容が希薄になる速度が急激に加速してるぞ、気をつけろ(って何に)。ワタシはMACやiPodを音楽のダウンロードに使っているのではなく、あくまで買ったCDの整理して聴いてるだけだが……。それってどうなの?
こんなことを問題にするヤツはいないの?
皆さんはどう思いますか?
●まあいいや。
エリザベス・ウォルフィッシュとロカテッリ・トリオの演奏一度聴いてみて下さい。
一番のお薦めはタルティーニのヴァイオリン・ソナタ集1。(英ハイペリオン)。
大きなショップじゃないと手に入らないかも、ですが。

無駄使い—2」への4件のフィードバック

  1. さんすけ

    ワシは最近よくiPodを聞きながらニョーボと喋ります。相方がテレビに熱中してる時など(見てないドラマの感想を旧に求められたりするので)これでちょうど好いのですが、マズイ時のかぎ分けが必要です。
    今日の昼休み、昨日の三宅さんの無駄使い話しを読んでからフムフムと交響楽何曲か書いたメモを手にミュージックショップに行きました。入り口に並んでた阿妹とVivianのベスト盤を買って帰りました。スーパーでクラシックが少ししか置いてない店だったからかなぁ?
    それから、以前3枚教えてもらったビル・エバンスを何度か探しに行きましたがExplorationsしか見つからなくて、手ぶらで帰るのもナンだからと少しづつCDが増えてます。
    これからも宜しくお願いします。

  2. 三宅健司

    さんすけさんへ
    コメントありがとうございます。
    ビル・エバンスのExplorationsも超名盤です。BGMに良し、集中して聴いてもあきる事もない。私にとってはExplorationsがビル・エバンスのベストです。もちろんVivianのベスト盤も良いと思いますが…可愛いしファンです。でも歌はあんまり聴いた事ないんですよ。

  3. サトコ

    三宅社長さん
    ありゃ?まだ、海より深く沈んでおられるものとばかり思っておりましたら…
    また書いて下さって、嬉しいです。楽しみにしておりますので。

    ところで私、昔からイヤホンが苦手で、iPodも持ってはいるのですが、どうにもこうにも。
    機械音痴なのも手伝ってはいるのですが、どうにもこうにも。
    だからってCDで、もの凄く良いステレオで、家でじっくり…なんて、性格的にも絶対ムリで。
    すると、運転しながらとか、こうやって書きこみしながら、とか「ながら」になっちゃうのです。
    あれあれ。
    そうそう、ノラジョーンズは、私も三宅社長さんと同じ理由で、興味深々なのです。
    きっと良いに違いない…でも天邪鬼な私。
    あと最近、知り合いに上原ひろみさんのCDを戴きました。
    何と言うか…「うわ~」って感じでした、良くも悪くも。
    久しぶりに「頑張っているピアノ」を聞いた感じでした。ふう。

    同じCD、買っちゃいますよね、私も数枚、同じ物が。
    かと言って「そんなに」欲しいCDを売りに行く気にもなれず。
    三宅社長さんは、その2枚のCD、どうなさるの?

  4. 三宅健司

    サトコさんへ
    イヤホンが苦手だったんですが、慣れました。より音質の良イヤホンがたくさん出てますが、高いのはiPod本体くらい、何かんがえとんじゃ
    で、要らないCDを近々売りに行くつもりです。うちのアパートワンルームなので、ほんとに困った状態になっています。
    台湾の中古CD市場ははっきり言って死んでます。中古CDが普通に買えるのは、私の知っている限り一軒だけです。中古市場が流行らないのは、コピー商品、コピー業者が多いのも大きな原因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。