美人時計(偽)

そういえば、今日Vivi達と、中国版美人時計(もちろん偽)を見てたんですが、ひどいことしますね。
ブラックボードも使わず、スケッチブックだし…
http://www.sodao.com/
http://www.bgclock.com/index.php(上海版?)
っていうか、台湾版(偽)もあるんですけどね…
http://www.arthur.com.tw/home/
台湾版、本物の美人時計台湾版が数ヶ月前撮影されたのことです。
もうすぐ観られるのだと思いますが、その時は、この偽物版は(ちゃんと)なくなるのでしょうか?
見てて何だか虚しいですが、どうでしょう。

3 thoughts on “美人時計(偽)

  1. 台湾も中国も整形美人が随分増えましたね。
    最近の中国の美容整形ブームは90年後半からの韓国のような様相、10年後には近年の韓国のように美容整形していない女性が少数派になっていたりして。

  2. 中国も整形する人多いんですか?
    簡単な手術なら良いけど、骨を削ったり、なにか注入したりって、怖い気がしますよね。

  3. 最近の中国人は都市部で整形が流行の域に達した感じです。
    90年代の韓国が整形否定から整形先進国を自称するまでになった時の90年代中頃以降といった感じですね。(90年代初めまで韓国人は儒教精神の(普通の)韓国人は親からもらった体を傷つけ見栄えだけ良くするなんてしない!、整形するのは一部の芸能人や風俗嬢だけだ!、日本人は一般人が平気で整形する、儒教精神が無く徳が無いからだ!と豪語していたものです)
    最近の中国は富裕層の奥様形や就職を考え出した大学生の間で整形熱が高まっており、工場勤めの女の子達の間でもジワジワ二重等の整形が増えて来ました。
    中国人の場合、韓国と違って天然二重率も高いし、目も大き目なので韓国のように新社会人女性で整形していない人が少数というようなレベルまではエスカレートしないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。