東京で買ったLPレコード–2

reco_ph_s9.jpg reco_ph_s11.jpg
reco_ph_s10.jpg reco_ph_s12.jpg
上の2枚はCD持ってます。アニー・ロスのこの青い三角服、凄いデザインですよね。
J・P・モーガン、このポーズ、最高!文字の入り方も決まってる!
下のMucho calorは、アート・パッパー、コンテ・カンドリらによるラテンアレンジもの。俗を極めて俗を超えるってヤツですね。色調もインパクト強いし、なんと言っても写真が素晴らしい。意味不明度かなり高い。残念なことに傷がけっこうあったから、CDも買お〜かな〜。(←一体何がしたいんだ?)
Howard Robertsは白人ギタリスト、全然知らずに、ちょっとチープなジャケットに惹かれて買ったけど、内容はなかなか良い。ギター、ベース、ドラム、ピアノ、サックスによる57年の録音。ウエストコースト系の人のようだ。ピアノはピート・ジョリー。

2 thoughts on “東京で買ったLPレコード–2

  1. ジャケットの絵柄で選んだでしょう?
    もう、親父なんだから!!

  2. そうですよ。オヤジですよ。(オヤジを通り越してジジイですよ)
    医科研さんだって、もうそろそろオヤジじゃないですか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。