第8回くらいかな「台北もしくは私の街角デジカメ倶楽部」

今日は大晦日、でも台北は普段の日曜日とそれほど変わらないようです。
夜になると、若者たちがあちこちでカウントダウンなど行うようです。
ワタシは一切関係ありません。普段の日曜日と同じく、「お持ち帰り」仕事をだらだらとやってます。
今日の投稿写真はビンロウ(檳椰)関係です。台湾では「ビンラン」と発音します。
写真下は投稿者のコメントです。

k061231a.jpg
ビンロウ屋さんで売っているビンロウはどっかの工場で大量生産したものを売っている
んだと思っていたのですが・・・。
歩いていたらたまたま「製造現場」に遭遇!写真を撮らせてもらいました。
自家製だとは思いませんでした。作っていたおばさんは照れてしまい、こちらを見て
くれなかったのですけど。
当方はビンロウ屋にありがちな水着美女を撮るわけではないので、全然気が楽でした。

そうですか、ビンロウの製造現場の実態ってこんなんですか。葉っぱは意外と小さいんですね。ビンロウの樹は確か、ヤシの樹を細くした様な感じだったと思います。
ビンロウを売ってるお姉ちゃんたちが、この実に何か知らんけど挟んで小さな箱に詰めているのは見た事があるのですが、この写真の場面は、きっとその前工程なんでしょうね。
写真は何がどうってこともないけど、のどかで生活感も出てていいですよね。
投稿ありがとうございました。特選ということで、カレンダー差し上げます。
ワタシが台湾に来た10年程前は、道路のあちこち、エレベーターの前などに、ビンロウをかんで吐いた赤いつばが飛び散ってました。最初は全くなんだか分からなかったですよ。
台湾人はやたらどこでも鼻血だすのかなって思っちゃったですよ。(ウソウソ)
最近は少なくとも台北市内ではそんな事は無くなりましたが、やはりタクシーに運ちゃんや、工事現場の人などが噛んでるのを見かけます。
郊外へ行くと台湾の風物詩といっていいかも知れないあの、思いっきり露出度の高い檳椰小姐(ビンランシャオジエ)を見る事ができます。

それでは、皆様よいお年を、私のオバカな文章を読んで下さってありがとうございます。
来年が皆様にとって幸せな年でありますように。
「台北もしくは私の街角デジカメ倶楽部」 会長 三宅健司

第8回くらいかな「台北もしくは私の街角デジカメ倶楽部」」への2件のフィードバック

  1. SETO

    三宅さま
    来年もよろしくお願い致します。
    そうそう、ミラーマンの歌は、
    「あ~さやけ~の 光の中に 立つ影は~」
    でした。
    歳がバレバレですね。
    それでは良いお年を!

  2. 三宅健司

    いやいや、よく憶えてますね。
    もう、その辺ごっちゃになってしまって….
    それではSETO様もよいお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。