散歩中、

いやに小さいセブン-イレブンの看板を見つけた。
珍しい、多分。
かなり昔のものじゃないかな。
k090320a.jpg
しかし、あたりにセブン-イレブンは無い。
角を曲がっても無い。道を渡っても無い。
別のコンビニはあったけど。
じゃあこの看板ナニ?
誰も取り外さず数年放置されたままなのか?
ん?でもちゃんとライトが灯っている。
ひょっとしてこの食堂がセブン-イレブン?
7時から11時まで営業してるから…セブン-イレブン食堂???
k090320b.jpg
お腹がすいていたので、食べてみた。
麺とご飯と野菜の炒め物、あと何か忘れたけど適当に
真実子と分けて食べた。
k090320c.jpg
おじいさんが一人で作っている。
k090320d.jpg
麺もご飯もおかずも全部、何だかうまい。
看板の謎、推測
●以前ここにセブン-イレブンがあった。その後この場所を借りた食堂のおやじが、面白いからそのまま看板を使っている。この店の営業時間は関係無し。
●この店の営業時間が7時から夜11時。なので、宣伝の意味も込めて、わざわざセブン-イレブンの小さな看板を古道具屋で探して、店の看板の下に掛けた。
●セブン-イレブンの看板に似てるけど、違うもの。食堂のおやじの自作。

散歩中、」への2件のフィードバック

  1. もみじ饅頭

    三宅社長さん
    灯りがついていて一応まだ生きてますけど、こういうのもトマソン物件に分類されるんでしょうか。
    看板の電気代は誰が払っているんでしょうかね。その人が鍵を握っているのでは!
    台南米糕のお店の親爺さんにとりあえず聞いてみるのも良いですね。

  2. miyake

    もみじ饅頭さん
    えーと一応、トマソン物件ですかね。無用看板(ライト付き)ってヤツですね。
    ここのご飯がねー。全然期待してなかったのにくせがなくて美味しいんですよ。
    延吉街の裏のあたりです。機会があったら食べてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。