アンドレアス・ショル 台北コンサート

先週の月曜日、カウンターテナーのアンドレアス・ショルのコンサートに行ってきました。

ショルは確か、台湾は初めてではなかったでしょうか。違ったかな。

今回は、リュート伴奏のみの、少し地味なプログラムでした。

そのせいもあってか、国家音楽堂は満席にはならず、7割くらいのお客さんで、

ちょっと寂しい気もしました。でもコンサートは、素晴らしいもので、大変感動しました。

前半は、イギリス、ルネッサンス期の作曲家ジョン・ダウランドの作品を中心としたプログラム。

後半は、フォークソングを中心としたプログラム。

ジョン・ダウランドの「I saw my lady weep」です。

私はダウランドのリュート歌曲は、大変好きなので、楽しめました。

意外と感情移入し、ダイナミズムも大きく緩急もつけて歌うのに少し驚きましたが、

コンサートならではのものかもしれませんね。

 

フォークソングも1曲リンクしておきます

I am a Poor Wayfaring Stranger

 

最近、ショルのベストアルバムが出ましたよ。

私はかなり既出のCDも持っているので買いませんでしたが、あまり聞いたことがない方は、オススメです。「オンブラ・マイ・フ」など、有名なバロックのアリアを中心として、英国民謡「サリーガーデン」なども入っております。試聴してくださいませ。

https://www.amazon.co.jp/Best-Andreas-Scholl/dp/B000HKDCJ4/ref=pd_lpo_sbs_15_img_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=0FSCNTNG6PCMFPP3Z9NM


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。