ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ 台湾公演

昨日5月20日曜日、ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラの台湾公演が桃園であり、行ってきました。エリック・ミヤシロ率いるブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラは、精鋭ジャズミュージシャンにて結成された、日本を代表するジャズ・オーケストラです。
モントレージャズフェスティバルに出演したり、また、デビッド・サンボーンやパットメセニー、イリアーヌ・イリアスなど、著名アーティストとの共演したりと、グローバルな活躍を繰り広げています。

というわけで、私は当オーケストラ初体験で、非常に楽しみました。アンサンブルももちろん素晴らしいのですが、日本のトッププレイヤーが集結しているだけあって、各人の鮮やかなソロプレイには、目を見張りました。

今回公演、なんと入場無料(桃園市長えらいぞ)ということで、台北からちょっと遠いのにもかかわらず、台湾のジャズファンが大勢集まりました。台湾の観客達に大いに刺激になったようです。台湾でジャズファンが増えてくれたら嬉しいですね。

私の友人、小池修くん(テナーサックス)も何曲かでソロを披露してくれて、感激です。エリック・ミヤシロさんはもちろん、ベースの納浩一さんのソロも凄かった。アルトサックスの近藤和彦さんも良かった。他のメンバーの方もソロも皆素晴らしかった。よくぞこれだけのメンバーが揃ったものですね。台湾のジャズ・オーケストラからのゲストを交えての「ルパン3世のテーマ」の日本人台湾人のアルトサックスバトル、テナーサックスバトルが、大受けでした。

私はインドア派のジャズファンなので、もっぱらCDを楽しんでますが、やっぱりライブは良いものです。次は東京で観たいですね。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。