眼瞼下垂症、その後—3

昨日書き忘れたこと。
●麻酔注射は「痛いよー」って言われましたが、別にそんなに、でした。
虫歯治療の恐怖に比べりゃ、なんでもないです。
●昨日、最後のあたりで、費用例で、入院費….含め…と書きましたが、
日帰り手術か、1日程度の入院かは病院によって違うようです。
●ワタシの場合、病院まで歩いて5分だし、手術が終わってすぐ会社に戻りました。
皆に「オラオラ」って手術痕を見せた後、即仕事を始めました。
●これは多分良くないんでしょうね。
病院の先生の言う事を良く聞いて下さい。
たしか、ガーゼをあてて冷やしながら仕事してたかなあ。
近視なので、コンピュータを使わない仕事だけ、休みながらしてたかな。
●昨日、腫れると書きましたが、おどかし過ぎかも知れないので、どのくらいの腫れたか書きます。「……………………….」
えー、えー、忘れました。すみません。
●ワタシの場合は、数人のデザイン会社なので、社内では人目を気にせず、サングラスもかけませんでした。近視だし、もともと眼鏡かけてるし、そんな気にしませんでした。
●それより、もともと小さいっていうか、細い眼が大きくなって、二重になって自分で見慣れないので何か妙な感じでした。これはただ慣れの問題です。
●度のついたサングラスを買ったのがうれしくて、通勤時は数日サングラスをかけました。
●ひょっとして、この文章って誰の役にもたってないかも。
●とにかく、悩んでいる人、病院で相談してみて下さい。
ホント、人生が変わりますよ。って大げさかもしれませんが、ワタシの場合、ここ数年で第二の大イベントでした。第一は会社を辞めて独立した事。おっと、また嫌なことを想いだしてしまった…。忘れよう忘れよう。
●眼瞼下垂症の人って、一日中額の筋肉を使って、眼を開け閉めしてるんですから、疲れて当たり前です。ということは逆にいうと、手術で改善されれば、日々の疲れも軽減されるということでしょう。
●最近は車を運転しませんが、そういえば運転時、手元や計器を見る時、顔を上げ下げしていたような気がします。コンピュータを使うときも今は、眼だけを上下させていますが、以前は顔自体を上下させていたようです。
●ワタシは何を隠そう、ウツ病なのですが、って前にも書きました。全然隠してないです。その後ウツの症状も軽くなりました。これは手術と関係あるかどうかはよくわかりません。三浦さんの日記では、随分効果があったようです。他にもそう言う話を聞きます。
●ワタシ個人の場合、
眼が大きくなり眠そうな疲れた顔が、随分若くみえるようになった。
そして頭痛、肩こりの軽減。もちろん瞼の開閉時のストレスがなくなった。
これらの結果、ウツが軽くなったのかもしれません。
とりあえず。終わり
●今、3時半過ぎです、寝ます。
仕事が超忙しい訳ではありません。
深夜まで仕事して、昼前まで寝てたので、また深夜まで…
の繰り返し、です。学習機能が無いのか>>自分。
大変、非効率的です。
デザイン会社勤務の方、こういう生活はやめましょう。
(中華料理が嫌いな)三宅健司

眼瞼下垂症、その後—3」への3件のフィードバック

  1. いか

    ファンレターです。
    可愛い健ちゃん!!
    お目々が素敵♥♥♥

  2. Aki

    ありがとうございます!
    とっても色々な情報満載で、安心して手術受けることができます。(サングラスは買わなきゃ?!)
    今月末予定なので、またお知らせさせてください。本当にありがとうございました♪

  3. 三宅健司

    Akiさんへ
    少しは役にたちましたか?
    あくまでも個人の体験・意見なので、お医者様の言う事をちゃんと聞いて下さいね。
    また何かわからないことがあれば、ご遠慮なくコメント下さい。
    いかさんへ
    ♥は止めて下さいって言ってるのに…
    早く台湾へ遊びに来て下さい。あ、仕事が忙しくて無理なんですね。(イヒヒ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。