お好み焼きの作り方

Mollyさんへ
広島風お好み焼きは、基本的に自分では焼きません。
熟練(?)のプロが焼きます。
生地の上にキャベツをこれでもかって言うほどのせて、
豚肉、天かす、もやしなどをのせ、
その上にまた生地をのせていきます。…..(A)
それから裏返し、鉄板のうえで熱しながらほぐしたソバの上に、
(A)を裏返してのせます。…..(B)
それから目玉焼きをつぶして、
その上に、(B)を再びうらがえしてのせます。
それから、ソースをたっぷりかけ、青のりをふりかけて食べます。
マヨネーズは邪道です。
私の小さい頃は、どの店もマヨネーズなんて
おいてありませんでした。
最近は広島でもマヨネーズをかけて食べる人が
増えて来たそうですが、許せませんね(←おまえは何様だ!)
080502a.gif
広島の方、もし間違っていたら、ご指摘下さい

2 thoughts on “お好み焼きの作り方

  1. お好み焼きの作り方、了解しました!
    生地と生地の間にソバが入っていると思っていたのですが、むしろソバの上に生地&目玉焼きなんですね。半熟の目玉焼きを潰しながら食べたらおいしそうですねー。
    そして確かに最近はお好み焼きや焼きそばの上にマヨネーズをかけるようになりましたね。近年のことのように思えるのですが、誰が発明したんでしょうねー?最近ではインスタントの焼きそばにも「特製マヨネーズ」がついています。どうなんでしょうね?
    そうそう、紅しょうがは入れないんですか?頭の中でなんとなく豚骨ラーメンとイメージがダブっているようで、すみません(笑)

  2. 東京にも広島風お好み焼きの店があるみたいです。一度食べてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。