最近買ったCD

近所のCDショップで、FRESH SOUNDレコードのジャズの復刻CDが大量に入荷されていたんですよ。
それで、ついつい毎週末にフラフラと吸い込まれるようにショップに入ってしまって、こんなに次々と買ってしまいました。

FRESH SOUNDレコードっていうのはスペインのレーベルなんです。
FRESH SOUND NEW TALENTっていう、コンテンポラリージャズのシリーズもあるんですが、何と言っても目玉は、50−60年代のハードバップ復刻盤ですよね。

FRESH SOUNDレコードのサイト>>

よく本でジャズ名盤として紹介されているような、300枚とか一応だいたい聴いちゃうと、もうちょっと、何か超名盤じゃなくても良いから、このミュージシャンの他のも聴いてみたいとか、こんな録音があるらしいじゃん、欲しいよな〜、とかなるじゃないですか?

そういう私やあなたにとっては、まさに宝の山のような復刻CDのラインアップだと思います。
マニアックなレア物とかっていうんじゃなくて、それほど有名じゃないけど評判高いとか、他ではCD化されてないとか、こんなもの有ったんだ〜とか、要するに愛すべきB級の宝庫ってやつですね。

ただ、ちょっと引っかかるのはジャケットの扱い。
よくある2枚のLPを1枚のCDに、っていうのは良いんだけど、ジャケットがどちらのオリジナルとも違ってたりすることもあるんです。買ったらもう持ってたなんてこともありえるので、要注意です。

まあ、スペインのレーベルですから、日本のようにオリジナル志向の強いジャズファン相手じゃないから仕方がないのかもしれません。

しかし、左下のCDはちょっとひどいですよ。Freddie Reddの「コネクション」。
麻薬に溺れるジャズマンをテーマにした演劇の音楽。(ブルーノート盤がよく知られていますが、これは録音メンバーの違ったヴァージョン)。
ティナ・ブルックスも参加した名盤ということですが、初めて聴きました。その後にCecil Payne & Kenny Drewが新たに曲を追加した「コネクション〜オリジナルニュースコア」これも素晴らしい。その2枚のLPが収録されているのですが、ジャケットはそのオリジナルデザインを半分ずつとって真ん中で適当に組み合わせたもの。

なんで、こんなテキトーなことを。
まあ安いし、内容は素晴らしいので。お勧めですが。

FRESH SOUNDレコードのシリーズ、台湾では1枚1250円くらい。2枚組でも1800程度。
日本のネットでも結構買えるみたいですね。アマゾンでも売られているようです。(値段はいくら位か知りませんが)

Teddy Edwards(テナーサックス)
●「Sunset Eyes – Teddy Edwards Quartet Complete Recordings (4 Lps On 2 Cds)」
●「It’s About Time 」(with Les Mc Cann, Feat. Gloria Smyth)
(Gloria Smythという黒人女性歌手のLPからも数曲収録)

●Chris Connor / Her Complete Bethlehem Recordings (2-cd Set)
クリス・コナーのベツレヘム時代の4枚を2CDに収録
これは、全部名盤なんでしょうが…

Ernie Henry(アルト・サックス)
●The Last Sessions (2 Lps On 1 Cd)
●Presenting Ernie Henry With Kenny Dorham (2 Lps On 1 Cd)
(ケニー・ドーハムとの共演盤、1枚はヘンリーがリーダー、1枚はドーハムのリーダーアルバムから)

チェット・ベーカー&アート・ペッパー
●Complete Playboys Sessions 1956 (digipack Edition )
(指人形を持ったセクシーな女性の有名なジャケットのLPからと、「The Route」というCDの全曲を収録。これはほんと名盤ですね。)

Zoot Sims(テナーサックス) & Bob Brookmeyer(バルブトロンボーン)
●George Wein Presents… Zoot Sims-bob Brookmeyer Quintet – Tonite’s Music Today (2 Lps On 1 Cd)
(なんとズート・シムズが1曲だけですが、歌ってます、余計だけど)

●Stan Getz Meets Gerry Mulligan
(テナーサックスのスタン・ゲッツと、バリトンサックスのジェリー・マリガンが3曲ほど、担当を交代して演奏してます。バリトンをゲッツが、テナーをマリガンが。楽器を替えてもそれぞれの音が出てるんですよ、面白い。)

スタン・ゲッツのバリトン、ジェリー・マリガンのテナーサックス「Let`s Fall In Love 」!!

最近買ったCD」への10件のフィードバック

  1. masahiro

    相変わらずの健啖ぶりを発揮されていますね~
    そのうちお部屋がCDのプラケースに埋もれちゃいますよ!
    まあ長年続けている趣味だから仕方がないかもしれませんけど・・・。

    かなり「はまってる」ファンにとって見れば、このレーベルのAB級~BB級くらい?の作品を「一度は」聴いてみたいなあと思うのは山々ですが(笑)、そろえる気力と財力がありません。日本のアマゾンで1,881円くらいのようです(とうとう調べてしまった・・・。)

    とはいいつつも、チェット&ペッパー、ゲッツ&マリガンあたりは欲しくなりますね。三宅さん、このまま300枚揃えて、10枚くらいに絞ってもらえませんか。

    誠品書店敦南店がお住まいと目と鼻の先にあるっていうのが問題ですよね。MRT忠孝復興辺りに店があったら、健康にもよかったのに!

  2. 三宅

    実は他にもこのシリーズ2-3枚買ったんですが、既に行方不明!!
    アルト・サックスのチャーリー・マリアーノとか。

    紹介した中では、クリス・コナーは別として、やっぱりチェット・ベーカー&アート・ペッパーは必携ですね。これはA級名盤ですけどね。
    Freddie Reddの「コネクション」も良いですよ。

    あと、ちょっと迷ってるのはペッパー・アダムスプレイズチャーリー・ミンガス、っていういかにもB級ぽいCD。試聴したら結構良かったんですけど、予算オーバーでまだ買ってません。フフ!

    アマゾンで買うと台湾までの送料が高いし、ディスクユニオンとHMVは海外発送がないし、やっぱり近所にショップにこの値段であるとつい買っちゃうんですよね。

  3. masahiro

    三宅さんのCD買いに「予算オーバー」なんて言葉があるなんて知りませんでした!

    そうなんですよね~。たしかにチェット&ペッパーは喰らいつきたくなるんですよ(笑)

    同じくペッパー・アダムスもいい感じなんです。これもやばい!

    近所、ネットより安価。過食症にならないように気をつけてください(笑)

  4. miyake 投稿作成者

    一応、一回に3−4枚までって決めてるんです。
    そうでもしないと意思が弱くて、歯止めがきかなくなっちゃうんで。ハハ〜

  5. もみじ饅頭

    三宅社長さんへ

    スタン・ゲッツって、
    ブラジル音楽のCDしかもっていないんですが、
    若いころは
    スタンダードジャズだった時代もあったんですね。

    私もジャケ買いしてしまいそうで、
    とても危険です。

  6. papa

    もみじ饅頭さんへ
    今、誠品書店にたくさん、日本からの輸入盤「ジャズ名盤999、ベスト&モア」のシリーズが入ってきてますよ。
    4期と5期かな。
    スタン・ゲッツやズート・シムズなど7枚買いました。
    まだ欲しいのが色々あって、たいへんです。
    http://www.emimusic.jp/jazz/jazz999/index_j.htm

  7. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    誠品へ行ってみました。
    キャノンボール・アダレイの曲が、
    たくさんラインナップされていますね。

    一度、NYのライブハウスで生で聴きましたが、
    時差ボケゆえに爆睡してしまった過去が
    思い出されます。

  8. miyake 投稿作成者

    NYのライブハウスでキャノンボールのライブ???
    ゲッ、まじっすか?
    凄い!羨ましい!
    NY行きたい! ジャズのライブハウス行きたい!
    「ジャズ名盤999、ベスト&モア」は
    ジョージ・シアリング、ジャック・ティーガーデン、ペッパー・アダムス、ジョニー・スミス、スタン・ゲッツ、サージ・チャロフ、ジャッキー・マクリーン、ズート・シムズなどを買いました。
    後、5-6枚は欲しいのありますね。ハーブ・ゲラーも買ったんだけど、ジャケ違いの輸入盤をもう持ってた!!欲しかったら輸入盤の方差し上げますよ。

  9. もみじ饅頭

    三宅社長さんへ

    ハーブ・ゲラーって、
    どういうのだろ。ちょっと勉強してみます。

    キャノンボール・アダレイは、
    すごい音の大きさで、
    実はけっこうつらかったです。眠いし・・・。

    自分は映画もジャズも、
    本当に本当に好きな人とは
    ちょっと違うんじゃないかと感じてます。

  10. miyake 投稿作成者

    もみじ饅頭さんへ
    ジャズも映画も、気分が向いた時に適度に楽しめば良いんですよ。
    私もたいしてよくわかんないんですけど、なんかちょっと気分転換になるし、他に趣味ないし、みたいな感じですから。
    それで良いと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。