「絶対毎日スエイ日記」とスイカ

●今、読んでる本は、「絶対毎日スエイ日記」って単行本で900ページ以上ある。厚さで言うと5cmくらい。他の数冊の本と併読しているのでなかなかすすまない。著者、末井昭は知る人ぞ知る名物編集長で、その昔はエロ雑誌というかヌード雑誌などにわけのわからない笑いや独特の方法論を持ち込み、好きな人には、有名な人だった。その後、パチンコ雑誌関係の編集が多くなり、私にはあまり興味なくなった。
●この本は、2000年-2004年までのウェブ日記をまとめたもので、別にどうってことないっていうか、衝撃的な内容が書いてあるわけでもなく、日々の美子ちゃん(写真家神蔵美子—-2000年に30年連れ添った奥さんと別れて結婚)とのやりとりや、パチンコの話がだらだら書いてあるだけなのに、つい読んでしまう不思議な本だ。
●本と直接関係ないのだが、末井さんはは世田谷区の用賀に住んでいるようで、中に畑の写真が出て来る。この畑の真ん前のぼろアパートに2年程、大学生時代(28年前)私は住んでいたのだ。あ〜なつかしや。畑と言っても、世田谷区の一等地、持ち主はどんな金持ちか知らないが、ワーゲンのワゴンで仕事をしに来る。驚いたもんである。
●10年程前にたまたま通ったら、まだ畑はあった。今もあるのだろう。他にあんな広い土地を畑にする(出来る)人が、そうそういるわけがないだろう。
●その畑で何を作っていたかは忘れたがスイカは絶対あった。なんではっきり覚えているかと言えば、アパートの隣の部屋の先輩とちょっとお味見と言うか、ま、売れごろだしだめになっても….とゆうことで、いただいたことがあるからだ(夜中に勝手にだけど)。もう30年近く前の話だし時効と言う事で……許して下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。