ノラ・ジョーンズのおかっぱ頭

今さらだけどノラ・ジョーンズの今年出た「Not Too Late」は良い。
(こっそり1ヶ月前に買っていたのだ)。台湾のCDショップでも人気でレジの横に平積み状態だ。
k070526.jpg
私は天の邪鬼なので、ここまでベストセラーのCDなど、
つい躊躇してなかなか手が出せない。(そういいながら実は前作も持ってはいるのだが…)
「Not Too Late」はDVDがついているモノが僅かの値段差で売られている。ほとんどの人はそっちを買うからだろうかCDだけのモノが無かった。別に私はCDだけでいいんだけど、仕方なくDVD付きを買った。歌は確かに良いけどノラ・ジョーンズのDVDなんかみてもな〜(私ってとことんひねくれもの)と思いつつ観てこれが驚き。「Sinkin’ Soon」って曲のミュージックビデオ、これが面白い。
おかっぱで踊りながら踊るノラも良い。ガラクタがコマ撮り(※)で人型になったり、アナログ的な手法で楽しませてくれる。コンピュータグラフィックスも嫌いってわけではないが、レイ・ハリーハウゼン(※)の世界が好きな私としては大満足。監督を始め技術のスタッフ達が思いっきり楽しんで作っている雰囲気が伝わって来る。
※レイ・ハリーハウゼン—–50年代から80年代にかけて活躍した特撮映画の祖と言ってもいい人。ひとこまずつ怪獣などを動かし気の遠くなる様な作業でつくられた映像は、今観ても絶対感動ものだと思います。『シンドバッド七回目の冒険』『アルゴ探検隊の大冒険』などが代表作、是非観てみてください。
※コマ撮り———こまどり姉妹とは関係ないです。アハハ

ノラ・ジョーンズのおかっぱ頭」への3件のフィードバック

  1. Molly

    三宅さん
    お久しぶりです。
    お元気ですか?
    最近、調子が芳しくないようなのが心配です。
    こちらは、ミミちゃんのブログにも書いたのですが春だというのに最高気温が15℃くらい。まだまだ肌寒いです。だから、先日のアイスクリームの記事に書いてあった「撮影でアイスがすぐ溶けちゃう」気温、羨ましいなぁと思いました。
    今日のノラ・ジョーンズについて。日本ですごくヒットしているようですね。吉田修一か誰かの小説で「彼女はノラ・ジョーンズのけだるい歌い方が嫌いだった」というくだりがあったのを覚えています。でも、私はノラのゆったりとした、でも伸びのある声が魅力だと思います。今回はミュージックビデオの話でしたが、今度は音楽の感想も聞かせてください。お待ちしています。

  2. 匿名

    Mollyさん。おひさしぶりです。
    ノラ・ジョーンズは適度に(ヒットする程度に)けだるくてカントリー臭さが少ないところが、日本人受けするんでしょうね。ルシンダ・ウイリアムスなんて、私は大好きなんですで、アメリカでも人気のようですが日本では知名度が低いようです。なんででしょう。それではまた。
    吉田修一さんの小説って読んだ事無いけど面白いですか?

  3. サトコ

    三宅社長
    おお、ノラちゃんは私も大好きです。
    声も好きですが、顔と身体も好き。
    (↑なんかいやらしい書き方…)
    王家衛の映画で、どんな風になっちゃっているのか心配ですが。
    でも演技するノラちゃんも見てみたいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。