2010年に買ったCD−3

ジャズ、続きです。


ヴァーヴ、オリジナルシリーズ、フレッシュサウンド再発シリーズなど
結構良いものがありました。
新しい録音のジャズなんて、ほとんど買ってないですね。

少しはあるはずだけど、うーん、明日探してみよう

三宅健司じじい

2010年に買ったCD−3」への3件のフィードバック

  1. masahiro

    ミミパパさんこんばんは!

    買いも買ったり!!! ですね。パパさんはこの年ハモンドオルガンにはまっりましたね。「八番目の奇跡」からベイビー・フェイスまで!!

    ところで2010年のベスト3はどのアルバムですか。ついでに個人的に気になっているドナルド・バードとペッパー・アダムスのセッションの感想もお聴かせください。

  2. miyake

    まだあるんですよ。最近歯止めがきかなくて、つい買っちゃうんですよ。
    ではベスト3、明日にでも。

    ドナルド・バード、ペッパー・アダムスの「Out of this World」ですが、本などで紹介されてるの見たこと無いですね。でも個人的にはかなりおすすめです。
    人気のあるブルーノートのライブ「At the Half Note Cafe」の翌年、1961の録音です。この頃はずっとブルーノートへの録音が続いていたと思うんですが、このセッションはWarwickというレーベルから出ていたものです。
    ストイックで叙情的ななバードとジリジリ音のペッパーアダムスが良いバランスです。また、デビューして間もないハービー・ハンコックのピアノが新しい感覚で良いんですよ。

    曲も良いと思います。見つけたら「買い」ですよ。
    amazon.comで試聴出来ますよ。
    http://www.amazon.com/Out-This-World-Complete-Sessions/dp/B00009XG3N

  3. masahiro

    ミミパパさんこんばんは!

    「Out of this World」、早速試聴しました。

    バードの美音、アダムスのジリジリ、ハンコックのメロディ、それぞれですねえ!

    アダムスのBSの音色が好きなんですが、このアルバムを含め、なかなか店頭では見かけないです。

    バード、ハンコックは何枚か持っているので、久しぶりに聴いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。