元宵節(ランタン祭り)

旧暦の元日から15日目が元宵節です。
台湾の(台北の)ランタン祭りなのですが、最近は年々趣味が悪くなっていると思うのですが、気のせいでしょうか?
今日15日、国父記念館の横を通ってCDショップに行ったのですが、
醜悪な光り物がずらりと並んでいる光景を見て気持ちが暗くなってしまいました。
それが面白いんだと言われれば、そうなのかも知れません。
こんな事を書くと、また偉そうだとか、台湾をバカにしてるとか言われそうですが、そういうことではなく、伝統行事を形骸化させて欲しくないとか……ランタン祭りがいつの間にか、ケバい電飾ネオン祭りに変わりゆく様を見たくないとか……..13年前は少なくとも、こんなんじゃなかったとか……
このへんで止めておきます。
抗議は無しでお願いします。
これは、ウチの部屋から撮っった夜景です。(15日夜)
k090216a.jpg
k090216b.jpg
こうやって写真に撮ると、まあきれいに見えるのですが。
miyake

元宵節(ランタン祭り)」への3件のフィードバック

  1. 真由美

    7年前、初めての台湾でランタン祭りを見学しました(@中正記念堂 今の名称は?)
    カルチャーショック?台湾人と日本人の感覚&美的センスの違い?を痛感しました。

  2. yamaguchi

    台北他都市で行われているランタン祭りは始まって10数年から数年ですし、何処の会場も未だ中途半端ですね。
    青森のねぶた祭りのような外国からも観光客が来るような祭りにしたいと始めたのですから、もっと知恵を絞ってレベルの高いイベントにしないと駄目ですね。
    伝統のあるランタン祭りである平渓の天燈は年々知名度が上がり大盛況、youtube等の影響もあり
    日本他海外からも天燈を上げてみたいと訪れる観光客も居ます。

  3. miyake

    真由美さん
    yamaguchiさん
    台湾の上っ面だけのイミテーション文化って、昔からのものでは無いはずです。もっと伝統的な精神を大事に…何てことは外国人だから言える事かもしれませんね。
    平渓の天燈のように伝統を守りつつ、他国にもアピールできるようなレベルの…っと、これも外国人だから言える事かも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。