台北松山空港のパブリックアート

台北松山空港の搭乗口のパブリックアート。
悪口言うわけじゃないけど、うーん、えーと…

うちの事務所にやらせてくれないかなあ。
こういうの、全くやったことないけど。


台北松山空港のパブリックアート」への2件のフィードバック

  1. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    これって、五大陸なんでしょうか。

    私は101近くのチェスの駒のオブジェ、
    けっこう気になっていました。

    ひとつ倒れているんですが、
    座るのも気が引けるし、
    立っている駒のほうも
    こんな人がたくさん行き来する場所に置かなくても…、みたいな。
     
    なぜここにあるのか、
    深い意味があったりするのでしょうか…。

  2. 三宅健司

    もみじ饅頭さん
    なるほど、五大陸だったんですか? でもわかんないですよね。わかったところで面白くないし。

    101近くののチェスのオブジェ、知ってますよ。何年か前始めてみたときは、あーあ、作ったばかりなのに倒れちゃって…て真剣に思いました。なんか台湾のパブリックアートって、もうちょっと頑張ってほしいっていうか、なくても良いじゃないの〜?って感じるものが多いですよね。って言いたい放題ですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。