このあいだ、アイルランド・フォークのことを

書きましたが、
〜〜〜ヴァン・モリソンとチーフタンズ競演のCD「アイリッシュ・ハートビート」の中の「ラグラン・ロード」という曲を聴いてそれに近いものを感じました。〜〜〜
●というメールを、いただきました。ありがとうございます。この曲聴いた事ある気がするのですが、想いだせません。CD持ってるかも、と思いさっき探したのですが、見つかりません。気のせいでした、週末買って聴いてみます。ヴァン・モリソン良いですよね、って本当はほとんど知りません。チーフタンズはCD少し持ってます。15年程前、東京でコンサートにも行きました。って前にも書いたな(←ジジイ)。
●皆さんも、『この曲は感動するで〜、ほんまやで〜』というのあれば、教えて下さい。
だれも共感しなさそうでも良いです。その方が面白いですよね。
●良く聴く曲と、凄く感動した曲って違いますよね。
良い曲と、感動する曲ってやっぱり違うんですよね、きっと。
●ワタシは、最近また、うっかりYouTube動画をいろいろ観てしまって、アレなんです。
えーと。それで、ぐぐぐっときたのは、アメリカのカントリーポップ系の女性3人組「ディクシー・チックス」の「Travelin’ Soldier」と言う曲です。ライブヴァージョンを観てたら、涙腺にきました、歌詞はどんな意味でしょう。まったくわかりません。反戦歌っぽいものでしょうか?そういえばっこの人たち以前、合衆国大統領 ジョージ・W・ブッシュに対する発言でもニュースになりました。
●この「Travelin’ Soldier」の収められてアルバム「HOME」。一般的日本人の嗜好にあうかどうかはわかりません。というのもいきなりバンジョーやフラットマンドリン、フィドル、ドブロなどの楽器を使った、アメリカの土臭い音楽満載ですから。アメリカでは大変な人気で、グラミー賞の常連なんですが、日本ではどうなんでしょうね。日本はアメリカのカントリー系の音楽を受け入れる土壌があまりないのかも知れませんね。
●まあとにかく機会があれば聴いてみて下さい。
アイリッシュも良いが、アメリカンもよいのです。(←コーヒーじゃないよー)
そして、それらは間違いなく、『繋がっている』音楽なのです。
●おっと、また長くなった。みんなにまた「長すぎー、しかもつまらん〜、興味無し〜、しかも何かエラソ〜、うんちくジジー」ていわれるなあ。
まあ良いか。そのとおりだよ〜〜
三宅健司

このあいだ、アイルランド・フォークのことを」への4件のフィードバック

  1. まるも

    ラストワルツ特別編のヴァン・モリソンのキャラヴァンは映像もいいし、聞いても良いです。
    感動しました。(#^.^#)

  2. 三宅健司

    まるもさんへ
    ラストワルツってThe Bandのラストワルツですよね。特別編って?映像って?…。そんなものが…?
    持って無いっす。
    良いっていわれると欲しくなります。買います。聴きたい、観たい、です。ありがとうございます。
    他にお薦めあったら教えて下さい。

  3. まるも

    こんばんわ
    特別編とDVDのパッケージには書かれていましたが、何で特別編なのか、私にも分かりません。そうそうザ、バンドのです。それから、DVDでは、old friends s&g が好きです。
    ガーファンクルの豊かな表情がいいですね。
    ガーファンクルの映像が好きで、アクロス・アメリカのDVDも購入しました。親子3人で歌っている所をみると、ステキだなー。と思います。では。

  4. 三宅健司

    さっきアマゾンで調べました。
    良さそうですね。観たくなりました。台湾になかったら、日本のアマゾンでいろいろまとめて買おうかなっと。
    サイモンとガーファンクルもネットで調べましたが、なにー!、2003〜2004年のライブだって!!!。この人達何才だ!ガーファンクル、声出るのか〜?凄いぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。